エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

パチンコ屋の出逢い…そして

2019-07-11 07:54:40

この話のシリーズ一覧

1:ユーチューブで見たパチンコに行っていい事が2:パチンコ屋での出逢い
3:パチンコ屋の出逢い…そして(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

東京都/亜矢子さん(40代)の投稿
前回の話

パチンコ屋での出逢い

なんて返信したいいのかしら、頭が回りません。明日にも逢いたいなんて返信したら軽い女に思われるかも、着ていく服はどうしよう、今度はこの前みたいにはいかないわ、きっとセックスを要求されるわ。ただ身体は熱くなるのが自分でも分かります。 夕方になってやっと返信しました。 「遅くなってすみません。金曜日の…

シャワー一緒に浴びようか」   

何か恋人どうしのようかも………

💗彼が初めに服を脱いで全裸に、既に男性自身は立ち上がっています。目の前に見せられてドキドキがとまりません。その男の前で脱ぐなんで…恥ずかしいわ

ブラウスを脱ぎスカートを下ろしました。エロなテンションが高まり彼と密着したい、温もり感じてみたい激しい欲求で下着姿のままで彼に抱きついてしまいました。男性自身はお腹辺りに接触しています。

「ネェーいい?」右手で男性自身を握り甘えました。

「いいよ」

私は膝をつき彼のお尻に手を回し引き締まった若い筋肉を味わいました。目の前には力強く上を向く男性自身が…ためらいなく唇を被せました。男の匂いが口の中を包み官能を揺すります。

「欲しかった?」私は男性自身を頬張り頷きました。

「こんなエロい服装なんだから…会った時から早くやりたかったよ、紅い唇がたまんないなぁ」

私の女性として部分を褒めてくれて、嬉しくなりました。

立ち鏡に私の姿が…黒いストッキングと透けて見えるショーツ、ベージュのキャミソールで若い男の男性自身を頬張る紅い唇。

私を立ち上がらせてキャミソール、ストッキングを彼が取ります。そしてブラとショーツも、全裸で私達は抱き合い唇を合わせました。

快い昂りが全身を包みます。どうなってもいいこの感覚が長く続いて欲しい……

そのままバスルームへ、恋人どうしのようにシャワーを浴びました。言葉も交わしリラックスすることが出来ました。

バスローブを羽織りベッドに座り冷たいビールを喉に流し…彼が優しく肩を抱いてきてそのままベッドに仰向けに寝かされ彼が首筋に唇を這わせて来ました。彼の唇は私の全身を動き廻ります、弱くそして強く、嫌らしい舌も同じように私の官能を探ります。

首筋から肩甲骨、脇の下、唇は身体の左右の側面も行き来します。そして感じる所を通り過ぎ太もも、膝の裏、太ももの内側、脚の指まで舐め回されます。

私は目を閉じてそれを楽しんでました。くすぐったさが気持ちよさに変わっていきます。

うつ伏せにされ今度はうなじから背中へ舌が這い回ります。背中からお尻の頂点までをSの字や8の字を描くように舌と唇が動きます。身体全体に鳥肌が立ち官能が揺さぶられ続きます。

舌が背中から下がってきてお尻の割れ目に到着…

(もう早く、そのまま下がってオマンコを舐めあげて)そんな期待を見透かすように舌は途中から太ももの方に移ってしまいます。やっと舌がお尻の穴を過ぎて感じる箇所に触れました。潤みをはもう溢れて滴り落ちています。

四つん這いにされて彼は背中からオマンコまで真っ直ぐに舌を何度も往き来させます。

火がついている私の身体はその行為に激しく反応して身体が震えるほどの絶頂を迎えました。

こんな経験は初めてです。

四つん這いでお尻を高く上げさせられて、彼はそれを見ています。恥ずかしい格好にされてお尻の穴まで見られてると思うとゾクゾク感が泊まりません。そして胸を揉みながらオマンコを嫌らしく舐めてくれます。指が乳首を探ると堪らず声がでてしまいます。彼の舌はお尻の穴にも侵入して来ます。

(止めてそんなとこと思うのですが、経験したことない感覚に浸ってしまいます)

「アッッ┄オッパイ触られと又逝っちゃう」

身体全体に鳥肌が立ち、下半身が小刻みに震えてしまいます。

(肉体的にも情緒的にも女としてこんな素晴らしい時を味わえるなんて!もう最高の気持ちです。今まで私はなんだっのかしら)

そして、彼の男性自身が私のお尻に触れるのがわかります。お尻の割れ目からオマンコまで男性自身を擦り付けてきます。

(早く入れて!ネェー早く……意地悪なんだから…)

振り返り目で訴えました。

「待ちきれないようだね、浮気人妻は!他人チンポ入れて大丈夫なの?」

彼が言葉でも私を煽り焦らします。

「お願い早く入れて」私は今まで言ったこともない嫌らしい言葉を無意識で発してしまいました。

(頭の中は彼の言った人妻という言葉に反応してしまい、私は人妻なの┄これは不倫行為なのに┄後ろめたい感情がさらに官能を燃えさせます)

彼のモノが私の入口に宛がられ、そして入ってきました。

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]