エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

中学時代の思い出

2019-07-07 15:51:08

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

現在アラサー、妻・子持ちの父親なんだけど、中・高時代の同級生が忘れられない。

俺はゲイではなくて、性欲の対象って女性でしかないのだけど

その友人だけは別、今でも、これからもきっと忘れられないんだろうと思う。

うちは中高エスカレーターの私立だったんだけど、そいつ、Wとは中1の時に同じクラスで知り合った。

当時から俺はゴリゴリの体育会系で、逆にWはいつも本なんか読んでる感じの、チビで美少年的な

大人しい奴で、最初は話す機会もなかった。

最初のきっかけは、ハッキリ覚えてる。

俺が部活の持久走(校舎の外周ぐるぐる回らされるの)抜けて、中庭のベンチでサボってた時だった。

普段、話したこともないWが

「何してんのー?」って、ニコニコしながら声かけてきたのは覚えてる。

その後…30分くらい喋ってたのは間違いないんだけど、何話してたかは覚えてない

そろそろ戻るかなー、俺が外の様子伺ってる隙に、後ろに回ったWが

いきなり俺のジャージを下ろしたイタズラに、その時の内容全部ふっとんだから。

「何するんだよ!?」て、慌てて直す俺に

「べつにー」って、ニヤニヤ笑ってるWの顔は、今でもはっきり思い出せる

嫁には悪いけど、あんなに可愛いと思った笑顔は…どんな美人女優でも敵わないと思う。

この時をきっかけに、俺はWにちょっかいかけられ遊ばれるような、そんな友人関係が始まった。

他の連中が見てる前では仕掛けてこないんだけど、2人だけになると、いつもWの方から仕掛けてきて…

ジャージ下ろしから始まったイタズラは、俺の方から反撃でWのズボンを下ろしてやったのを機会に

どんどんエスカレートしていった。

最初は、ズボンを下ろすだけだったイタズラが、プロレスごっこのような感じの勝負になり…

いつもWからの急所攻撃に、俺がギブアップ。

当時の俺は、どうしても恥ずかしくてWの股間をタッチすることもできなくて

力では圧倒できるんだけど、俺のチンポを容赦なく触ってくるWの攻撃を、時間内ガードしきったら

俺の勝ち、逃げきれずにチンポを掴まれたら俺の負け、そんな勝負になってた。

まだ性の知識もあやふやだった俺は、Wに負ける瞬間の興奮、快感の正体は分かってなかったけれど

Wの方は、今思うとS的な…意地悪する快感、屈服させる興奮に目覚めてたのだと思う。

執拗に「降参する?」「ごめんなさいは?」なんて感じで

俺が『降参』する事に、とにかく拘ってたから。

チンポを掴まれてしまっては、降参せざるを得ないのは当然なのだけど

即座にギブアップをしていた一番の理由は、興奮を悟られるのが恥ずかしいという思いがあったから

Wの手の中で、勃起をする事だけは避けたい、恥ずかしすぎる…という理由。

でも、それが通用したのも最初のうちだけで…

俺が必至な理由を察したWが、降参を許すわけもなく、毎回しっかりと勃起させられて

カチカチになったチンポを握られながら「〇〇、恥ずかしいなー」ってニヤニヤ笑いのWの顔

それを思い出しながら…

「降参、降参しますー」って、毎晩オナニーしまくり

それでも足りずに、放課後のトイレでもしごきまくってた

これが、中学時代の思い出。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]