エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

友人と夜にエッチなお散歩をしてそのまま公園で

2019-07-04 01:39:22

この話のシリーズ一覧

1:成人映画館で知らないおじさま達に種付けされちゃいました
2:友人と夜にエッチなお散歩をしてそのまま公園で(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

九埜さん(20代)の投稿

九埜です、思いの外映画館での体験談が好評のようなので先日の野外露出,青姦の思い出も投稿させていただきます。

一週間ほど前の梅雨にしては少し暑かった日の夜、私は高校の友人(私が高校時代に遊んでもらっていた男子生徒の一人、仮にAとします)とAの家でお酒を飲んでました。Aは私の性欲の強さを知っていてその日も体目当てでAの家に呼び出されていました。

Aに「今日はどんなプレイがしたい?」と聞くと「九埜ってさ、外でシタことある?」と返され「まあ人気の無いところでなら」と答えたところ、「なら今から外に行こうぜ」と言われ流れで外ですることに。

「せっかくだしお前エッチな格好してお散歩させてやるよ」と笑いながら言うA、宣言通り私はサイズのあってない大きめのノンスリーブの白いシャツに超ローライズのショートパンツといった薄着姿(当然のようにノーブラノーパン)でお散歩させられることになりました。しかもそれだけじゃつまらないとAにローターをあそこに一つ、クリトリスに一つ付けられお尻にも犬の尻尾を模した飾り付きのアナルパールまで着けさせられ挙げ句に両腕を後ろで拘束されました。

目的地は近くのまあまあ大きい公園(Aの家から歩いて15分ほど、夜でも犬の散歩やらなんやらで人通りが多少ある)、Aに弱のまま私を焦らし続けるローターのスイッチをリードのように握られ言われるがままAの前を歩かされました。3分位歩いたところで前方からご老人がやってくるのが見えるとAは「九埜、ここでしゃぶってくれよ」とズボンのジッパーを下ろし既に大きくなっていたそれを私の前にさらけ出しました、道端で知らないご老人の前で友人にご奉仕する、そんな誘惑にあらがえる訳もなく私はAの前にがに股でしゃがみおちんぽを喉奥まで咥え込みました。頭を押さえて支えられながら前後に動かし舌,口腔,喉の全てでAの怒張を受け入れ気持ちよくなってもらうべくご奉仕しました。ご老人はそんな私を見て不気味に思ったのか動く度に見えていたであろう私の胸を睨み付けたあとそそくさと立ち去っていきました。そのままご奉仕を続けているとAが「あー、そろそろ出すぞ」と私の頭をぐっと腰に押さえ付け勢いよく一発目の射精を私の喉奥に流し入れてきました。流しこまれる精液を全て受け入れ飲み込むとAは「どうだった?」と聞いてきたので「かなり興奮した」と答えると「ならお前もここで一回イッてみせてくれよ」といきなりローターを最強にして更にアナルパールを掴み激しく出し入れしてきました。突然の刺激に耐えられす私は声を上げながら絶頂させられてしまいました、しかも三ヶ所を同時に責められているので一回イッてもそのまましばらくはイカされ続けてしまい焦ったAにハンカチで口を押さえられる事態に。少し経ち落ち着いたところでAを軽く睨むと「そんな怖い顔しないでくれって、お前も気持ちよかっただろ?住宅街だってのに大きな声で喘いじゃう位には」なんて軽口を言われましたが実際めちゃくちゃに気持ちよかったのも事実なので何も言えずそのままお散歩を続行することに。

それからは人が通る度に胸を露出させられたり通った人に胸を揉まれたりフェラさせられたりなんてことを繰り返して片道15分で済むはずが30分程で公園に到着、入り口から道なりに少し入ったところの横の茂みのところでいよいよセックスをすることに。

灯りで照らされる道が見える位置にAが持ってきたシートを敷き、その上にうつぶせに転がされる私、腰を持ち上げてショートパンツを脱がされローターを回収するや否やAがいきなりの挿入、待ち望んでいたおちんぽで軽く絶頂しかけそのままAにされるがまま蹂躙されました。まるでオナホ相手にオナニーしているかのようなこちらのことなどまるで考えていない乱暴なピストンに私のあそこはなす術なく陥落、中の気持ちよい所をえぐられ子宮を押し潰されてすぐに絶頂、締め付けがましたことによりAもより力強いピストンをしてきてああ、このままだと壊されてしまうなんて思いながらイキ続けさせられました。何分そうやって獣のように繋がっていたのかはわかりませんが長い長い交わりもAが私の腰を思い切り押さえ付け子宮口と鈴口を触れ合わせ子宮に直に精液を叩きつけて来たことで終わりを迎えました。当の私は半分うつろになりながらも子宮を満たされる感覚で並々ならぬ幸福を感じたのはよく覚えています。

時計を見るとかなり夜も遅くなっていて帰りも行きと同様にして帰ったのですがほとんど誰ともすれ違わず、Aの命令で電柱に犬がおしっこする体勢で手マンをされ潮を吹かされました。

これで今回の体験談はおしまいです。たくさん見ていただいて参考にするなりオカズにするなりしていただければ幸いです。

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]