エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

ロ◯ロ◯ムチムチ超ミニスカJ◯

2019-07-03 02:23:30

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿

ダンス部のYさんもHさんと同じく処女だったが、この人はまた種類が違った。

Yさんはロ◯顔中のロ◯顔である。

赤ちゃんみたいな、まん丸い顔に、まん丸い目、カラコンもしてないのに黒目が大きくて目がキラキラしていた。

髪はサラっサラのストレートだった。

ダンス部だったのだが、部活をやっている子は部則などであまりスカートを短くしないのだが、Yさんは異常に短くしていた。

近くの幼稚園にダンス部の子が園児と一緒にダンスを踊りに行くイベントがあったのだが

「ねぇ何でおねーちゃんだけパンツ見えそうなスカートはいてるの?」と幼稚園児の子に質問責めに合うくらいだ。

Hさんと違い決して脚が長い方ではなかったが、身長が低いYさんは肌が真っ白スベスベで脚も真っ白スベスベでムニムニの質感だった。

超ミニスカにしてるのにYさんは処女だった。

Yさんの彼氏と知り合いで、その彼氏曰く

「ヤロうとしたが頑なに拒まれた」そうだ。

Hさんとは逆のパターンだ。

頑なにセックスを拒むのに超ミニスカを履くというよくわからないタイプだった。

しかしこの子はパンツ見せたがりではもあった。

階段では一応スカートは抑えるのだが、ガッチリガードせず、申し訳程度に指一本とかで抑えるので、余裕でチラチラとムチムチのお尻が見えている。

休み時間もしょっちゅう机にもたれかかって立ちバックの体制になりお尻をフリフリしていた。

先生にスカートの事で「おいY!スカート短いぞ!」と追いかけられると小さい声で「ねぇエッチぃ」と顔を赤らめお尻を抑えたながらお尻をなぜかフリフリして逃げていた。

それなのに処女と言う特殊な性癖の持ち主だった。

この子もかなりスカート丈への執着が異常で、卒業式の時に他の超ミニスカのKさんやHさんでさえ式の時はスカートを諦めて降ろしたのだが、卒業証書授与の時、舞台の袖からYさんが出てきた時、Yさんはいつもの超ミニスカだった。

会場が一瞬ザワついた。

あれだけ卒業式の予行から切ったスカート履いてきたら没収すると脅されたいたのに、切ったスカートを卒業式の当日に履いてきたのだ。

決してスカート丈以外は悪い子ではなかったので温情で式にはそのまま出席できたのだ。

しかもその時点でもまだ処女である。

なのに卒業証書授与で、思いっきり礼をしてピンクのパンツを見せつけて、お尻をフリフリした。

また会場がザワついた。

叫び出す男子もいた。

脚がエロくてたまらかった。

1人だけ超ミニスカで式に出て、卒業生退場の時、得意げにスカートの裾を両手で持ちポーズして両親のデジカメにピースしていた。式が終わると皆んなスカートを上げ始めて、ブツブツYさんに文句を言っていた。「あれなら私も切ったスカート履いてくればよかった」とか、「長いスカートの映像残るのイヤだ」っとYさんを羨んでいた。

-終わり-

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]