エチケン

体験談メニュー

タイトル

小学校〜高校〜社会人になるまで義理のお母さんを

2019-06-06 14:50:49

この話のカテゴリ

本文(1/3)

人妻さんからの投稿

続き

この3日間で、ボクはお母さんを、奴隷にしてやる、

ボクの言いなりに、なんでもしてくれる、

変態なお母さんにしてやる。

全裸で食事をする、お母さんを見ながら勃起しているボク

寝る前にあと1発しないと(笑)

続き

食事を終わると、お母さんは、

寝室からタオルケットを持ってきて、

ソファベットに、横になり寝ようとしました

興奮冷めやらぬボクは、

横になるお母さんの顔にチンチンをつきだすと、口でして!!

「えっ??お願い約束したじゃん、お昼まで、寝かせてょ」

じやーお母さんくわえてるだけでいいから、

ボク自分で動くから、それならいいやろ〜

「お母さんは、仕方なく口を開けてくれました」

ボクは口の中に入れると腰を動かし、

お母さんの口をマンコのように使って遊びました

「おぇー、ゲホゲホ、おぇー」

そんなに奥に入れたら吐くよお母さん。

ゴメン、

今度は浅く早く動くと、一気に射精していまい、

「ゲホゲホ、むせ返るお母さん」

お願い 出す時は 出るっていって、

器官に入りそうになった、

お母さんはボクの精子を飲み込むと

じゃおやすみなさ〜「寝てしまいました」

15分ほどして、お母さんを見てみると、

疲れきって爆睡しています。

ボクはタオルケットを少しずつ剥ぎ取り

写真撮影をしました、全裸のお母さんの体を数えきれない位撮影しました

唇にボクのチンチンを乗せて撮影したり

お母さんのアソコに指を突き刺して撮影したり、

お母さんのアソコを舐めてる様な撮影したり、

沢山撮影して

ボクもお母さんの横に入って 乳首に吸い付き、そのまま寝ました、

気づくと、お昼は とっくに過ぎて、夕方近くになってました

お母さんの姿がありません?

慌てて探すと、シャワーを浴びてました

ボクも一緒に入ると、

恥ずかしそうな顔した お母さんが居ました

「お母さんが真面目な顔して

ホントに約束してね、

約束守ってね、絶対人には話ないでね。

お母さんも約束守るから、お父さん帰るまで、貴方との約束守るから 約束だけは守ってね」

ボクは、もちろん絶対に人には話さないから約束守るからと、約束しました。

「そんな約束守る気も無いのに」

またお風呂場でお母さんにフェラしてもらい、SEXして中に出して、遊びました。

こんな3日間も、あっという間に終わり、

お父さんも帰ってきて、普通の生活が始まろうとしてました。

何回射精しても、治まらないのに、

約束なんで我慢出来るんかもなく。

ボクは お母さんに、撮影した写真を見せながら

お父さんの居ない時なら、イタズラしてもいいよね、

またフェラしてくれるよね、SEXするよね

と言うと。

「いつこんな写真撮ったの?ズルい、約束は?」

えっ?写真撮らないなんて、そんな約束はしてなかったよね、ほら沢山撮影してるよ、

ほら、次々見せると!

「お母さんは、言葉を失い、諦めたのか?頷きました」

やった〜

これで、お父さんが居ない帰るまでの

約3時間は、毎日SEX出来ると!確信しました。

高◯生の間は、とにかく学校が終わるとソッコーで帰って、

毎日、朝家を出る前に、色んな約束を、お母さんとして、

インターホン押して、玄関開けると

「下着姿のお母さんが、待っててくれたり、ノーパン、ノーブラのお母さんが待っててくれたり」

もちろん玄関で、チンチン出して、直ぐにフェラしてもらい、秒速でお母さんに精子を飲ませたり、玄関でSEXしたり。

家の中所場所構わず好き放題遊んでました

ボクが高校3年になる頃には、

もう〜お母さんは、ボクとのSEXで、何回も行く、変態な言葉を言うように、大きな声を出すようになって、

ボクの女になって、言いなりになってました。

お父さんが帰ってきても、目を盗み、お風呂に入ってる10〜20分で、キッチンでSEXをしたり、精子を飲ませたり、

居ても、居なくても関係なく、好き放題遊ぶようになってました。

お母さんは、いつしか?ボクの知らない所で

ピルを飲むようになってました。

高校3年の夏休みになり、

仲のいい友達が数人家に遊びに来ることになり「家に呼びました」

もちろんボクは、お母さんに

「下着は一切着けるな、膝上の短いスカート、薄いキャミかタンクトップ1枚で、

ノーブラが、わかりやすい服装して、

ワザとお尻見えるような格好してね」

もちろん、お母さんは、約束はキチンと守ってくれます

友達が来る前に、ノーパンなのか?ノーブラなのかチェクして、

薄いタンクトップに生々しくうつる乳首を、チェクして、前に屈むと胸元が開いて、胸を通り越してお腹まで丸見え。

膝を付いたら、しっかりノーパン見えるかチェクして、お尻を向けて屈んだら

生のお尻が、アソコが見えるようにチェクして、

お母さんと、打ち合わせを済ませてました。

「待にまった友達も、来ました、

実はすでに、友達に、お母さんと関係を持ってる、SEXしてる話をして

その証拠に写真も見せていました

それを知ってる友達が3人来るんです」

ボクはお母さんを自慢したくて仕方なくて、

全てを知ってる友達は、

数日前から、この日を楽しみに来るんです。

友達が、来るまでボクは、お母さんに、フェラをさせたり、

スカートを、めくりあげチンチンを入れたりと、繰り返して遊んで待ってました。

友達が、来るまでに口に2回、マンコに、1回射精しました。

シャワー浴びると言う、お母さんを

引き止めて、

そのまま待たせてました

拭いても拭いても出てくるから、洗いたいと言うお母さん

そこにピンポン、

約束したとおり、計画通りにしてね

お母さん!。「ハイわかってるよ」

ボクは友達を迎えに出ました

「ニヤニヤする友達に、ボクは睨みつけて、普通にしてろ、先に気づかれたらアウトだからな」

ボクは友達とも計画を立ててました。

友達に、酎ハイ、ワイン、マッコリを買ってくるようになってて、

お母さんの酎ハイは、アルコール9%と

安いワインのアルコール18%です。

ボク達の酎ハイは、アルコール3%の物です

これなら、お母さんを酔わせて、その流れから、お母さんの体を友達に見せる、

お母さんの上手なフェラを友達にも、味あわせてやる、そして、大人の女のマンコの気持ちよさを体験させてやる、3人でお母さんを回して遊ぶ計画でした。

部屋に入れると、ソワソワする友達を横目に、

「キッチンに行き、

お母さんのスカートの中に手を入れると

すでにヌルヌルになってました」

お母さんヌルヌルだけど、見られるの興奮してるの??

「やめてスカートにシミが付くから」

「お母さん ちゃんと約束どおり、エロく友達に見せないとダメだからね

もしも友達2人に見えてなかったら、

約束破ったバツとして、お母さんの全裸を見せることになるからね」

ワザと見えるように無防備に出して、

何回も見せてね

そう約束すると、お母さんは、先に部屋に行きました

ベットに、寄りかかり座る友達に、

お母さんは、ガラステーブルに、深く前屈みになり、ノーブラの 生の胸を見せています。

「友達の目が大きくなり、2人ともニマニマしながら指先でサインを」

ボクは後ろから、友達に見えないように、

お母さんのスカートの中に手を入れて、マンコの穴の中に指を突き刺してツンツンしながら 普通に友達と話して

ボクは

お母さんーーー

テーブル汚れてるから拭いてくれる

「ほんとだ汚れてるね〜、ゴメンコップ持つまててくれる」

その間お母さんは、テーブルに手を付き、深く屈んだままで

「ボクはお母さんの穴の中で指を右に曲げては、お母さん右側も拭いて、

指を左に曲げては、こっちも拭いてょ」

ボクはお母さんの穴の中から指先で指示を出して

そしてボクはお母さんのスカートのファスナーをワザと1番下まで下げたり

友達は、顔を合わせてはニマニマして、

テーブルを拭く お母さんの胸を指さしたり

おつまみやコップを出し終わると

ボクは、あっお母さんベットのシーツを直してよ、グシャグシャだから

「左右によける友達」

お母さんは、ベットに片足付くと、お尻を突き出して、四つん這いになり、ベットの奥から、直してます

「友達二人は、後ろからお母さんのスカートの中を覗き込み、ノーパンのアソコをまじかに見ています」

ボクはワザとお母さんのお尻に手をつくと、

枕をとるフリして

お母さんのスカートをたくしあげて、短くして、

お尻の半分位が丸見えに見えるくらい

お母さんのアソコが丸見えに見えるように

短くしました「横目で睨むお母さん」

友達二人は、お母さんアソコの匂いを嗅ぐような仕草をして、

お母さん生のマンコ20〜30センチの距離で

ガン見していました。

ボクはお母さんの脚の間に足を入れて

お尻に手を着いて

ワザとお母さんの脚を開かせるように、足で開きました

綺麗に直してねと言うと

ボクは、テーブルに座ると

四つん這いになり、脚を開いてお尻を突き出してる、お母さんのアソコは、

マンコは、ヌルヌル、ビラビラが光って

パックリ開いて、

穴のまわりのピンク色が見えてました。

友達二人も、ニマニマ、ニコニコしながら、

指をくわえて濡らして、穴に入れる仕草をしてみたり

もちろんお母さんも、友達二人に

自分のマンコを まじかに見られてるのはわかってるはずです

ボクは友達に買ってきたの出して出して

お母さん友達の間に座ってよ

「お母さんにはアルコール9%の酎ハイをついで、ボクらはアルコールの弱い酎ハイで、乾杯〜」

キットお母さんは緊張してるのか?

ゴクゴク酎ハイを飲み干し、

友達にコップにオカワリをついでもらい。

30分もすぎた頃、お母さんの笑顔や笑い声が大きくなり、

無意識なのか?ワザとなのか?脚も大きく崩して、スカートはめくれ上がり

お母さんのノーパンのマンコが目の前に

むき出しに丸見えになってます。

もーそろそろいいかなと

友達に合図を送ると

お母さんさっきから、見えてるんですけど

お母さんパンツはいてないんだ

マンコ丸見え、お母さんもっと開いて見せてよ

お母さんは、ボクを見るとニコニコしながら

無言で、脚を開いて友達にマンコを見せてくれました。

友達二人は、お母さんの太ももに手をかけると

押し開くように、お母さんの太もも開いていきます

「ボクは お母さんもっと良く見えるようにしてよ、」

恥ずかし〜んだけど、見たいの??仕方ないな〜

誰にも言っちゃダメだからね約束してね、

そう言うとベットの上に座り、仰向けに寝転ぶお母さんは

友達2人に太ももを開かれて、

肛門まで丸見えに、脚を開いて、ボクの枕を顔にかぶせて寝ています。

ボクはお母さんに

「お母さん友達二人に見せて触らせていいよね〜」

お母さん なんか?酔ったかも〜グルグル回る〜

お母さん ゴメン寝ちゃうかも〜

お母さん寝てていよ、ボクら3人で、お母さんのマンコ遊ぶからさ。

お母さんは、太ももをブルブルピクピク震わせながら、寝た振りをしています。

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!