エチケン

体験談メニュー

タイトル

家に保健室の先生が来た

2019-06-04 22:54:34

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

しようさん(30代)からの投稿

親の実家に帰省してから戻り

親はいつものように仕事に行くのを見送り、家の掃除をしてたら、僕に性行為の事を教えてくれた学校の保健室の先生が来ました

僕が不登校である事を気にしてたようで2ヵ月ぶりの再会でした、話してたら親が海外出張に出発する日に空港に向かう途中で僕が5年生の頃の担任の先生を見かけて、飛行機の出発が遅れたので空港から学校に電話で話して不登校の理由を話してたようです

それで保健室の先生は僕が不登校でも立派にやってるか様子を見に来てました

保健室の先生が帰った後にお姉ちゃんAの家に行きました、玄関でお互いに抱き締めあって、部屋で裸になりお姉ちゃんAのおっぱいを吸って、お姉ちゃんAはフェラチオをして、ベッドに入って

僕 「お姉ちゃん達に会えない間寂しかった」

お姉ちゃんA 「私もよ」

と夕方まで過ごして家に帰りました、次の日の朝も僕が朝食を作って、親が仕事に行ったら家事を済ませて、またお姉ちゃんAの家に行きました、お姉ちゃんAの部屋にはお姉ちゃんBとCとDが全裸でいて

僕が裸になると先にお姉ちゃん達が1人ずつフェラチオをして、その後にお姉ちゃん達のおっぱいを吸って、お昼にみんなでファミレスで食事をして、カラオケに行って夕方スーパーで買い物をしてお姉ちゃん達と別れて1人で家に帰りました

家の前に保健室の先生がいました、家に入り話をしながら夕食を作りました、しかし親から電話で帰りが遅くなると言われて、しばらく保健室の先生と二人っきりになりました

でも先生は学校に来いとは言いませんでした、僕は先生に

僕 「先生、何か目的でもあるの」

先生 「どうして」

僕 「だって昨日と今日と続けて来たから」

先生 「どうしてるか気になったの」

他にも色々と話して、僕は先生の手を股間に置いて

僕 「先生の目的は僕のココでしょ、アソコ濡れてる?」

先生 「大人をからかうんじゃないの」

その後に部屋に行って二人で服を脱いで、先生がちんちんを咥えてフェラチオをして仰向けになり、先生の足を開いてちんちんを挿入して正常位でSEXをしました

相変わらず精通も陰毛もない僕に先生は満足して服を着て帰りました

それから3日後の土曜日に担任の先生が昼過ぎに家にきました、僕はお姉ちゃんAの家に行っていませんでしたが、親は仕事が休みで家にいたのでこんな話をしてました

担任 「S君の様子を見に来たんですよ、あと3週間近くで夏休みに入るので1日だけでも学校に来て欲しくて」

親 「私もSには学校に行ってほしいです、でも無理に行かせて追い詰めるような事にもなるとかわいそうですから」

担任 「確かにそうですが、来年からは中学校に通う事になるので、そろそろ復学した方が良いのでは」

親 「失礼ですが、先生はSに厳しく叱ったそうですね、事故で入院してた時の事等、色々おっしゃったみたいですが、不登校の原因は先生にあるのではありませんか?」

担任 「まあ、私にも原因はあります」

親 「小学校最後の夏休みが不登校で向かえるは残念です」

その頃僕はお姉ちゃんAの家で、お姉ちゃん達にフェラチオをしてもらって、おっぱいを吸って、5人で海に行く計画をしてました、担任の先生と親との話し合いは夕方前に家に帰って知りました。

-終わり-

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ