エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読めます)

時計の針は戻らない

2019-06-03 17:34:31

この話のシリーズ一覧

1:隣のおじさんと2:もう後戻りは出来ません3:堕ちていく私4:まさか自分がこんなにみっともない女とは5:はい。私はどんな男の人にも醜穴を提供する女です。6:精子受け女としての勤め、そして。7:女は所詮、男の人の射精用の穴人形
8:時計の針は戻らない(今見てる話
9:ダメ...。10:私は◯藤純子、全ての男の人の性欲処理女です。11:レイプ。それは究極のプレイ。12:盗撮、後、13:私が、肉便器になるまで。序。14:私が肉便器になるまで。破。15:私が肉便器になるまで。急。16:気付かないフリ。17:凌辱、絶頂、女としての悦び18:私の存在価値って、19:お願い、誰でもいいから...。20:懇願、無視された後で、21:また一人、22:どんどん覚醒していく私。23:止まらない私。24:主人を裏切る事も悦びの1つ。25:火が点いてしまった「おチンポを求める」女としての性は、26:スーパーで...、私も安売りです。27:痛みも快感に...。28:本当の強姦。今までみたいに感じることなんてなかったです...。29:振り払えた悪夢、芽生えた新境地。30:これこそ全身使っての性欲処理。31:性欲処理女としての悦び。32:ホームレスとの交わり。余韻に最高のセックス、33:10年ぶりの再会。友達と、憧れの人と...、34:友人のご主人と。35:主人が、まさかの...。 36:主人は完全に骨抜きに...。37:私、◯藤純子は偽テンガです。38:冷めない興奮、更に一歩踏み出した新境地。39:やっぱり主人は寝取られた、私は?、40:録画された記録は...。41:とうとう主人の友人にも...。42:甘く考えていた代償。43:これこそ本当の性欲処理の道具です。44:レイプ願望...。そんなモノは、この日で消えて無くなりました。45:私は感じてない、これが本当の強姦。46:悔しいけど、あの男に支配されてしまった。47:あの男の恐怖の支配は続きます。48:見も心も、あの男に捧げてしまいました。49:あの男が居なくても支配は続く。50:今日は火曜日、性奴隷の日です。51:あの男を拒否出来る時間が短くなって...。52:今思えば、現在の私は当然ですよね。53:懇願、継続された後に...。54:レズ...、深みにはまった後に55:私の懇願は無視されて、どんどん受けた凌辱。56:底なしのレズ×底なしの性欲57:キモ男達に、SNSで狩られた私。58:狩られた獲物と狩った男達。59:やはり騒ぎ出した性欲処理女としての性。60:射精していただく時の感覚が最高です。61:性欲処理女としての務め62:焦らされて、焦らされて...。

この話のカテゴリ

本文(1/1)

兵庫県/純子さん(30代)からの投稿

女は所詮、男の人の性欲処理をさせて頂く為だけの生き物であると隣の部屋のHさんに教え込まれ、それを想像して、主人の隣でオナニーして、翌日からの調教を楽しみに就寝した、神戸の◯藤純子です。

主人は早朝から出張に行きました。

Hさんから、今日はどんな凌辱を受けるのか楽しみで、子宮が疼いているのが分かりました。

Hさんから、今からこちらに来られると連絡があり、玄関で待ちました。

Hさんがドアを開けて入って来られました。

「おはようござ...、」

挨拶の途中で、言葉を遮られました。

「うるさい。四つん這いになって、寝室まで行けっ!。」

言われる通りに四つん這いになりました。

「おいおいおいおい、もうその薄い黄緑色のパンティーの精子受け穴の所が染みになってるやんけ。」

凌辱のお言葉が、私の体に突き刺さります。

「凄いっ、言葉だけでイッてしまいそう...、」

と、思った時に、お尻を思いっ切り蹴られました。

四つん這いの姿勢が崩れて、私はうつ伏せになりました。

「ほら、早く四つん這いに戻れ!」

言う通りにお尻を突き出したら、パンティーを膝の少し上くらいまで下げられました。

「フッ、もうこの醜い穴は、お前の体から滲み出たマンコ汁でベトベトやんけ、パンティーもドロドロやぞ。」

私は罵声を浴びれられながら、四つん這いで寝室に向かいます。

昨日みたいに、何度もスリッパで、突き出したお尻を叩かれました。

剥き出しのオマンコにも、皮から剥き出しになっているクリトリスにも、容赦なくスリッパが当たります。

お尻の肉の部分に当たる時と、醜穴周辺に当たる時では、全然音が違います。

「パァーンパァーン、グジュッ、ブジュッ、パァーンパァーン」

寝室の手前で、また蹴り飛ばされました。

そして、崩れた私の頭は踏みつけられました。

「痛い、痛い、痛いです、痛...、」

言葉の途中で、顔を踏みつけられました。

私の顔を踏みながら、Hさんは問い掛けてきます。

「確認する、お前は何だ?。」

「はい、Hさんの性欲処理女です。」

「違うだろ、もっと正確に表現しろや。」

「はいぃぃぃぃぃっ、私、人妻の◯藤純子は、主人以外の男の人の精子受け女です。」

そして、髪の毛を掴まれて、立ち上がらされ、ベッドに突き飛ばされました。

膝くらいまで降ろされてあるパンティーはそのままで、オマンコが上を向くように、足首を掴まれて押されました。

そして、Hさんがズボンを脱いでいくのを見ていました。

おチンポが出てくるのを、淫汁で糸を引いているであろう醜穴を剥き出しにして待ちました。

パンティーが、両脚を繋いでいるので、前日みたいに、パックリ開けません。

私は、出来るだけ精子受け穴を上に向けて、膝を抱えるようなポーズになり、お尻の両サイドから指で醜くいビラビラを開いて、Hさんのおチンポを待ちました。

前戯は一切なしです。

否、Hさんはこう考えていたんでしょう。

私みたいな精子穴女には、お尻を叩いたり、蹴飛ばしたり、その際についでに醜穴も叩いたり蹴ったりしたから十分だと。

頭や顔を踏んだから、それで十分だと。

確かに、それで十分でした。

子宮から溢れ出たヨダレのような粘液が、オマンコの内壁から分泌した淫液と混ざり合いながら、おチンポをお迎えする為に、オマンコ全体をヌルヌルにし、余った分が、醜穴から溢れ出していました。

準備が出来たHさんは、作業のように私のその醜穴におチンポを当てました。

「お前、ほんまにイカレた女やな、何やコレ?、醜い穴を、ヒクヒクどころか、パクパクさせやがって。」

「???」

私は何もしていません。

「ん?、コレ、勝手になってるんか?、醜穴とビラビラが、当たってる俺のチンポを迎え入れようとして、パクパクしてるやんけ。」

「初めて見たわこんなん。」

「お前の喉と食道は昨日、マンコ代わりしてたけど、今日は、マンコがフェラしてるやんけ。」

Hさんは、それを楽しむように、おチンポを私の醜い穴周辺に押し当てた状態で何もせずに、スマホで動画を撮りました。

私には、どんな動画になっているのか分かりません。

Hさんは、暫く動画を撮影していました。

撮影を止めて、私にそれを見せました。

醜くパックリと開いた赤貝に似た醜穴がハッキリ写っていました。

そこに、Hさんがおチンポを当てて、暫く放置していたら、私のビラビラがグニョグニョ動いて、エッチさんのおチンポに絡み付いているんです。

そして、醜穴は、早く入れて欲しそうに、パクパク開いたり閉じたりしているんです。

ビックリしました。

私って、本当におチンポが好きなんだ。

見せ終わると、Hさんはスマホを置き、それと同時に、何も言わずに、いきなりおチンポを、淫穴から一気に奥まで押し込んできました。

「グチュッ」

と一瞬だけ淫音がして、Hさんのおチンポが、奥に当たりました。

「あんっ、痛っっっ」

前日まで、10回もおチンポが入ってないオマンコです。

しかも、以前に使ったのはいつだったかな?というくらい前のオマンコです。

前日に、いくら、Hさんの立派なおチンポで、中を掻き回して貰って、少し拡張して貰ったと言っても、1日だけです。

一晩で、元の状態に戻っていたのに、一気に差し込まれたもんですから、鈍い痛みが全身を駆け抜けました。

そんなのはHさんには関係ありません。

「出勤せんとアカンから、時間ないねん。」

そう言って、おチンポが動く度に走る私の痛みなんか関係なしに、荒々しく腰を打ち付けてこられます。

「グチュッグチュッ、あんっ痛いっ、痛いっ、痛いですっ、あんっ、嫌っ、痛いっ、グチュっ、ブチュッ」

「お願いします、もうちょっと優しくして下さい。」

Hさんは、優しくどころか、もっと激しくおチンポで掻き回しました。

すると、段々、痛みが快感に変わってくるんです。

その境目が凄く気持ち良かった。

恐らく、私は、本当に道具として使われているのをオマンコで感じ、そして、実際の痛みと、痛みで感じ難くなっている僅かな快感が合わさって、狂ってしまったんでしょう。

痛みが残っているのに...、

「痛いっ、痛いっ、ダメっ、止めてっ、おかしいっ、おかしくなってきちゃった、あぁっ、あぁっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ、イクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっっ」

全身を痙攣させて激しくイッてしまいました。

Hさんも、私に射精する事だけを考えて、益々激しく腰を打ち付けてきてくれます。

「パァーンパァーンパァーンパァーンパァーンパァーンパァーン」

主人がさっきまで寝ていた寝室に響き渡ります。

そして、ぷくぅっとHさんのおチンポが膨れてきたのを子宮で感じ、私はまた快感に身を委ねイッちゃいました。

そしてHさんは、おチンポを抜いて、私の顔に近付け、顔に向かって、凄い勢いで射精しました。

そして、グッタリしている私にお構い無しで、口におチンポをねじ込んできて、舌や喉の奥でお掃除するみたいに、私の口の中で精子を拭き取り、そして、私の服で、おチンポに付いた私の唾液を拭き取って、ズボンを履いて仕事に出掛けられました。

私は暫く、ぐったりしていました。

直ぐ横に置かれた鏡に目をやってみると、顔にはベットリと精子が。

スカートは捲れ上がっていて、ズラされたパンティーは、ちょうど膝くらいの所で、両脚に残ったまま止まっています。

下腹部と陰毛が見えています。

ブラウスは、ボタンが外される事もなくそのままの状態です。

「私って、本当に物としてしか扱って貰えないんだ、それも、Hさんが射精する為の道具。」

今回、Hさんが必要としていたのは、おチンポを擦り付ける為の道具だけ。

私で言うなら、濡れていて柔らかい粘膜を持ち合わせている、口と、オマンコだけ。

その証拠に、おっぱいは必要がないから、ブラウスのボタンも外してくれていません。

オマンコも、おチンポを入れる為だけに必要でしたので、スカートも脱がさず、パンティーも、醜濡穴が露出する程度だけズラされている状態。

そして、本来、射精する場所であるオマンコにも出して貰えず、顔に射精された私。

まだ危険日でしたけど、凄く興奮していましたので、また、子宮に射精して貰えると期待していたのに...。

でも、鏡に映るそんな私の姿を見ていたら、また、体が熱くなってきていました。

また、オナニーを始めてしまいそうになったので、我慢してシャワーを浴びて、ピルを処方して貰いに産婦人科へ行きました。

途中で、今日から1週間、主人が出張なのと、今はピルを処方して貰いに産婦人科に向かってる事をLINEで伝えました。

そしたら、「この1週間、気が狂う程、お前の心と体をいたぶってやるから楽しみにしとけよ。」

という内容と、

「ピルか、なにもかも言わなくても、よー分かってるな。」

と返信が来ました。

そして、「今日は、20時頃に帰るから、玄関の鍵を開けて、四つん這いになって、ケツを突き出して待っとけ!、20時前に俺が帰ったとしても、もし、鍵が開いてなかったら分かってるな。」

とも来ました。

その内容に、武者震いがしてしまいました。

私は、この1週間で、どうなってしまうのだろうと。

色々想像していたら、また、醜穴が濡れてくるのが分かりました。

夜迄待てない...。

この話の続き

ダメ...。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]