エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

絶倫義父の巨根でないとダメな体に3

2019-05-29 22:53:24

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

ゆみさん(30代)からの投稿

先週突然お義父さんの家へ行くことに。

お義母さんが風邪をひいてダウン、かずや(夫)から夕食等を作ってきて欲しいというものでした。

実家に着くと、お父さんが「ゆみさんすまないね」とニヤニヤ。お義母さんは「ほんとごめんね、かずやは大丈夫」

「大丈夫、ご飯作ってきたので、それよりお義母さんは休んでいて」と言いわたしは夕食を作りました。

3人で食べるとお義母さんは薬を飲み寝室で直ぐに休みました。

すると

お義父さんが「ゆみさん久しぶり」と言って直ぐに抱き着いて来ました。

「お義母さんに聞こえますよ」

「大丈夫薬飲んだし起きやしないよ」

「それより、母さんがこんなだから、もう3日のしてなくて」

お義父さんは私の手を引っ張って、2階へ。

いつも私たち夫婦が来ると寝ている部屋、ベッドに倒されると、少しは抵抗しましたが、正直私もお義父さんのものが欲しくてたまりません。

キスしながらお義父さんが私の胸を触っている時に私も、お義父さんのものをパンツからだし触っていました。

相変わらず、凄い大きなチンポ、大きな亀頭です。そして50代とは思えない勃起力。

お義父さんは私のマンコに手を

「ゆみさん、もうぐちょぐちょじゃないか」

「いやお義父さん」

「でもマンコは正直だよ、もうこんなに」

指を入れられグリグリされると、あっけなく私は逝ってしまいました。

「ゆみさんわしももう我慢できないよ」

そう言って挿入。

お義父さんの巨根が、何回入れられても凄い圧迫感、本当に硬くて大きなチンポです。

「あーゆみさんのマンコは本当に気持ちがいい名器だ」

「母さんと3日していないから、出ちゃいそうだよ」

そう言いながら腰を動かします。

「本当に今日は無理だ逝くよ」

「中はだめ、外に出して下さい」

「あー逝く」

そう言ってお義父さんは私のおなかに出しました。

凄い量の精子です。かずやは1ヶ月溜めていてもこんな量は出ません。本当に中出しされたら妊娠しちゃうかも。

そんなことを思っていると、直ぐにお義父さんは挿入してきます。

「あっお義父さん」

「いいだろ、わしゃ全然ものたらないよ、ゆみさんもまだ逝かせていないし」

またピストンしてきます。少しして

「やっぱり3日も出していないとおかしいな、また逝っちゃいそうだよ」

「ゆみさんまた逝っちゃいそうだよ」

「私も逝きそうです」

「じゃ一緒に逝こう」

「お義父さん中はだめですよ」

「わかったから」

そう言って激しくされ私は逝ってしまいました。直後お義父さんも発射。またも大量精子が。

すぐさま3回目挿入

さすがに少し余裕がでてきたのか、お義父さんの凄い腰振りが、もうこうなったら、私は逝かされ続けます。

それでも3回目の射精後は、私の方がフェラをしてお義父さんにまたがりました。

硬いままのチンポ、本当に凄いです。

騎乗位でも私は数回逝きました。そしてお義父さんの乳首を舐めながら高速ピストン

「あーゆみさん気持ちがいい、逝きそうだ」

最後はチンポを抜きフェラで射精、お義父さんの精子を飲んでいました。

夫のすら飲んだことはありません。

もうお義父さんとのHが気持ちよすぎて怖いくらいです。

今はお義母さんも元気になりました。

お義母さんが元気になったということは、またお義母さんと・・・

お義父さんの巨根を想像してオナニーしています。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]