エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 9 分で読めます)

元AKB大島優子に似ている妻が痴漢された後に計画的にレイプされて

2019-05-22 08:16:15

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

千葉県/シンさん(30代)からの投稿

私の寝取られ願望と言う性癖で、元AKBの大島優子に似て妻である恵を意図的に痴漢される様にに差し向けて、痴漢される恵の姿を見て興奮を覚えてから、また、恵をストーカーしている強面のガッチリなおじさんからのレイプ未遂の現場を目撃してから、恵のレイプされる乱れた姿も見たい願望が芽生えました。

嵯峨さん達から痴漢のターゲットにしている人妻をレイプする計画を聞かされて、どうしようもない衝撃と言うか快感を覚えて、今から人妻レイプ計画が実行されるのを目撃する事になりますが、その人妻が私の妻である恵なのが恐悦至極です

鎌田さんの家の押し入れに隠れて隙間から覗いている私の目には、三人のおじさん達と一緒に居る恵が見えていて、今から嵯峨さんに鎌田さんに阿賀さん達から、恵は間違い無く今からレイプされると考えるだけで身体の血が逆流するくらい興奮していました。

嵯峨さんが、恵の後ろから近付いて持っているバッグを取って下に置くと、恵の回りを回りながら恵を視姦しながら品定めしています。

嵯峨さん「あんた、指輪しているから人妻だろう❗奥さんをずっと狙っていてやっとヤレわ❗やっぱり、いい身体しているな❗俺達から痴漢されて気持ち良かっただろう❗俺のデカンを手コキして欲しくなっただろう❗」

「 - - - 」

嵯峨さんは、何も言わない恵の後ろに回ってワンピースの上からおっぱいを鷲掴みして触り始めめると、恵の声が漏れてきました。

「あっ、アンッ、いや、やめて下さい。」

嵯峨さん「奥さん、いい匂いがするわ❗ここまで着いて来て、今さらいやわ無いわ❗電車の中で俺のデカチンを触って欲しくて欲しくて着いて来たんだろう❗まあ、奥さんがいやがっても、俺達は奥さんを犯すけど❗それに、おっぱいを揉まれて感じているくせに、いや、いや、と言っているわりには抵抗しないでケツを俺のデカチンにすりつけてきているくせに、本当にドスケベな奥さんや❗」

嵯峨さんは、恵をレイプする事を宣言してワンピースの上からおっぱいを強く揉んでいて、鎌田さんはカメラをまわして阿賀さんはギラギラしながら、おっぱいを揉まれてエロい声を出している恵を視姦しています。

「アフ~ン、ち、違います。アンッ、そんなつもりで - - - アン、」

そして、阿賀さんが動き出してから、恵の前に行くとワンピースのボタンを外し始めて、ボタンを一気に全部外してしまうと、いやらしい黒いレース地の赤い薔薇の刺繍が入ってお揃いの下着が露出されました。

阿賀さん「しかし、AKBにいた大島優子に似ていて、エロい身体していて滅茶苦茶にエロい下着をつけているよな、こりゃ堪りませんな❗」

その露出されたブラジャーの上から嵯峨さんはおっぱいを指で撫で回すと、力強くブラジャーの上から鷲掴みして揉むと、恵のいやらしい声が聞こえてきました。

「あっ、アン、」

阿賀さんが、しゃがんで恵の太ももを触り始めていると、恵は自ら足を広げて阿賀さんが触りやすくしていて、阿賀さんの顔はパンティの前まで近付けると、舌を出してパンティと太ももの間を舐め始めて、手と舌て責めているのです。

鎌田さんは、カメラを露出された下着に近付けると、手を恵の背中に回してブラジャーのホックを外すと、ブラジャーがずれておっぱいが露出されると、至近距離から撮影しているのです。

ホックが外された黒いレース地の赤い薔薇が刺繍されているブラジャーは、恵の腕に引っ掛かって滅茶苦茶にエロい光景で、恵の綺麗なピンク色した乳首がチラチラと見えて、すでに立っている乳首が後押しをしているのです。

嵯峨さんの大きな手が、露出された恵のおっぱいを生揉みすると、恵のいやらしい声は大きくなっておっぱいを揉まれ度に快楽に堕ちている様に見えました。

阿賀さんは、太ももを触る手が黒いレース地の赤い薔薇が刺繍されたパンティにかかると、パンティを下ろし始めると、恵が自らから足を上げて片足からパンティが脱げて、恵はもう片足を上げましたが、阿賀さんはあえてパンティを脱がさないで、パンティは恵のふくらはぎに引っ掛かっている状態で、これまた滅茶苦茶にエロい光景なのです。

そして、阿賀さんは露になっている恵のマンコに舌を伸ばしてベロベロに激しく舐め始めると、恵のいやらしい声は徐々に大きくなって、今まで聞いた事も無い喘ぎ声が聞こえてきました。

「あぁぁん、あ⤴️、あ⤴️、あ⤴️、ダメ~ン、あっ、あっ、あっ、あぁぁぁ~~~⤴️⤴️⤴️ 」

嵯峨さんが、恵の空いた口に顔を近付けると舌を出して恵の口の中に侵入して行きましたが、恵は何の抵抗をしなくて、むしろ嵯峨さんの舌を受け入れて絡み合わせているのです。

恵を嵯峨さんはキスをしながらおっぱいを責めて、阿賀さんは両手で尻を撫で回しながらマンコを舌で舐め回して責めて、鍬田さんはカメラで撮影しながらおっぱいを揉んでいて、三人に責められた恵は、いつの間にか嵯峨さんと鎌田さんのチンポをズボンの上から触っていて、恵の声が一段上がると逝かされて感じで力尽きてしゃがみこみました。

嵯峨さんは、しゃがんでいる恵を見ながらズボンを脱ぎ始めると、阿賀さんもズボンを脱ぎ始めて、嵯峨さんのデカチンと阿賀さんのチンポが現れました。

改めて嵯峨さんのデカチンを見て思いましたが、50代のチンポとは思えないデカチンで天に向かってそそり立っていて、私のチンポと比べたら一回りと言うより十回りぐらい大きいデカチンで、阿賀さんのほうが若いのですが、嵯峨さんのデカチンに比べたら長さぐらいしか勝っていません。

嵯峨さんが、恵の顔にデカチンを近付けると、恵は目をそらさないでマジマジにガン見して、嵯峨さんが恵の手を掴んでデカチンを触らせると、何の抵抗無しに手コキを始めて、嵯峨さんが手を離しても手コキを続けて、阿賀さんも恵の手を掴んでチンポを触らせると自ら手コキをしてW手コキを始めたのです。

私としたら、清潔感漂う妻である恵が行為が、信じられない光景で、私を含めて二人しか男性経験がないのに、見ず知らずのおじさんのチンポをW手コキを恵を見て心臓がバクバクドキドキしていて、何とも言えない感覚が身体中に駆け巡って震えました。

恵の目の前には、嵯峨さんの天に向かってそそり立っているデカチンと長さだけ勝っている阿賀さんのチンポが、恵の手コキによってチンポからヨダレが出ているのをいやらしい目付きで恵は見ているのです。

私の中では、フェラの経験が無い恵がこの後にフェラをするのか興味津々で、恵がいくら拒否しても嵯峨さん達が許す事は間違い無くあり得ないので、観念して自らからフェラをするか、無理矢理か、どっちに転んでも恵は初フェラをする事に興奮して、今までとは明らかに違うチンポが勃起して勃発しそうになっている私がいました。

嵯峨さん「なあ奥さん、手コキはそろそろいいから、俺様のデカチンをしゃぶってくれよ❗」

阿賀さん「いいね🎵大島優子に滅茶苦茶似ている人妻にチンポを咥えてもらうのは最高😃⤴️⤴️ さあ、奥さん、まずは、嵯峨さんのデカチンを味見しろや❗マンコもこんなに濡らして早く俺らに犯されたいやろけど、まずは、俺らのチンポを気持ち良くしてもらうか❗奥さんもチンポを喰らえたいだろう❗」

「・・・」

予想通りで、恵はフェラをやろうとしませんが、実際のところはフェラをしたいかも?恵の理性が抵抗しているのか分かりませんが、一向にフェラをしない恵にイラついたのか阿賀さんがしゃがんで、恵の後ろからおっぱいを両手で鷲掴みして強く揉みました。

「アン、」

阿賀さん「奥さん、こんなに感じてスケベな声出して、早く嵯峨さんのデカチンを咥えれよ❗」

「アッ、わ、わたし、はぁ~、フ、フェラを一度もやった事がなくて、アン、やり方が分かりません。」

阿賀さん「ほうー、奥さんの口は処女か❗こりゃ堪りませんな❗こんなに大島優子に似ているのに、旦那もかわいそうやな❗嵯峨さんのデカチンがフェラデビューか❗奥さん、簡単や、ソフトクリームを舐める感じでチンポの先を舐めろや❗」

阿賀さんはそう言うと、おっぱいを揉んでいた手を離すと、恵の後頭を押して嵯峨さんのデカチンの目の前に持っていくと、鎌田さんがカメラを近付けました。

私は、遂に恵がフェラをする事に興奮して見守っていて、いよいよ恵がフェラをする事に複雑な気持ちで見ている自分が変態と思いながら寝取られ願望の性癖を味わっていました。

そして、恵は舌を出すと嵯峨さんのそそり立っているデカチンの先を一度ペロ◯と舐めると、続けてペロ◯ペロ◯と舐め始めました。  

遂に、恵が初フェラを私のチンポでは無くて、他人の男のチンポを舐めて、しかも私のチンポもより大きなデカチンを舐めているのです❗

嵯峨さん「奥さんの初フェラで、俺様のデカチンは喜んでいるわ❗なあ、奥さんもっと力強く舐めろや❗」

「はい、こんな感じで舐めればいいですか?」

嵯峨さん「あ、いいよ❗いいよ❗奥さん、うまいな❗そう、そう、いい感じだよ❗そろそろ、俺様のデカチンを咥えれよ❗」

「えっ、・・・ こんな大きなのは、・・・ 無理です。」

あのそそり立っているデカチンは、恵の小さな口には厳しい感じに、私も思いますが恵がチンポを舐めただけで嬉しいすぎるのに、恵がチンポを咥える姿まで見れるのは恐悦至極です。

嵯峨さん「なんや、口を大きく開ければ大丈夫だ❗まあ、旦那のチンポと比べたら俺様のデカチンの方がデカいと思うけど、とうや?」

「・・・ あまりにも主人のより大きくて・・・」

鎌田さん「そうだろ、俺も嵯峨さんよりデカいチンポを見た事も無いからな❗旦那のチンポより滅茶苦茶気持ちいいぞ❗奥さん、嵯峨さんのデカチンが病み付きなるぞ❗さあ、デカチンを咥えれよ❗綺麗に奥さんの初フェラを撮ってやるからな❗」

私は会話を聞きながら、まさか、恵は押し入れから私が隠れて覗いているとは夢にも思ってるし、嵯峨さん達も目の前の人妻が私の嫁とは知らないけど、恵の旦那のチンポがとか言われてちょっとムカつきましたが、確かに嵯峨さんのデカチンとは比べたら小さいです。

阿賀さん「奥さん、後ろがつかえているから、早く咥えれよ❗」

そして、恵は観念したか分かりませんが、口をかなり大きく開けて目をつぶって嵯峨さんのデカチンを咥えました。

嵯峨さん「奥さん、言った通りに咥える事が出来ただろう❗もっと力強く舌を使って口の中でも俺様のデカチンを舐めろや❗そう、そう、いい感じやで、奥さん本当に初めてのフェラか?滅茶苦茶気持ちいいぞ❗スゲーな❗滅茶苦茶舌を使って舐めてくるわ❗」

私は、恵のフェラをしている光景を何とも言えない感覚で覗きながら、本当に目の前で嵯峨さんのデカチンを咥えているのが恵なのかと疑いつつ興奮して覗きました。

恵は、仁王立ちした嵯峨さんのデカチンを首を一生懸命に動かしながらフェラをしていて、阿賀さんが恵を立たして四つん這いにすると、足を広げてお尻に顔埋めてお尻舐め回すとお尻の穴まで舐めるとマンコまで舐め回したら、恵はフェラをしながら身体をクネクネして感じている様に見えました。

鎌田さんは撮影しながら、片手で器用に恵のおっぱいを揉んでいて、しゃがんむと乳首を舐め始めて、恵を三人のおじさん達が群がっている姿はエロくて、しかも、嵯峨さん達は狙った獲物は着衣を着けたままでのレイプがポリシーみたいで、恵の着衣が乱れて見え隠れする白い肌からおっぱいや乳首にお尻にアンダーヘアが滅茶苦茶にエロくて最高の光景に興奮しているダメな夫である私がいました。

後は、恵が最後におじさん達にチンポを入れられる姿を見るだけで、私にはゴムを着けさせてのSEXだけしか許してくれない恵が、嵯峨さん達は多分ですが、いや、間違い無く生で恵を犯すのは想像出来ますが、恵は抵抗するのか?見ものと思っている私は、改めてダメな夫と自覚しました。

嵯峨さん「おい、阿賀よそろそろ変わってやるわ❗」

阿賀さん「そうですか、嵯峨さん、いい感じでマンコはずぶ濡れですよ❗嵯峨さんのデカチンがスムーズに入る様にしていますので、しっかりと犯してください❗」

四つん這いになっている恵の前後をスイッチした嵯峨さんと阿賀さんは、まずは前方で阿賀さんのチンポを恵は咥えると鎌田さんのチンポを手コキしながら交合にWフェラをしていて、嵯峨さんはバックから恵のマンコにデカチンを入れたのです。

「アッ、アン、ダメぇ~~、アン、生は、アン、ダメぇ~~、ゴムを着けて~~~ください。アン、」

嵯峨さん「ゴムなんか無いな❗なんや生の俺様のデカチンが欲しいだろう❗」

「ダメぇ~、生でした事無いの、あぁぁ~ン、ダ、ダ、ダメぇ~~~、アン、変、アン、」

阿賀さん「へぇ~、奥さん生チンポも初ですか❗しかも、初チンポが嵯峨さんのデカチンか❗奥さん、気持ちいいだろう❗」

「はぁ~、ちゅぱ、き、気持ち、アン、良くなんて、アッ、アンッ、あ、あ、あ、ダメぇ~~~、」

嵯峨さん「おい、凄いぞ❗この奥さんのマンコは滅茶苦茶締め付けてくるわ❗滅茶苦茶気持ちいいぞ❗」

歳のせいかは分かりませんが、嵯峨さんの腰使いはスローであまり激しくありませんが、デカチンなので恵は気持ち良さそうに喘ぎ声を出しています。

「アン、ダメぇ~~、もぅ、ゆるして~~~、ダメぇ~、あぁぁぁぁ~~~、こんなのダメぇ~~~」

嵯峨さん「奥さん、気持ちいいか❗奥さんのマンコは本当に締め付けてきて、こりゃ堪りませんな❗中出しして逝きそうや❗」

「ダメぇ~~~、中は、ダメぇ、」

鎌田さん「嵯峨さん、中出しはあかんわ❗後があるや、しかし、この奥さんのフェラも堪りませんな❗ヘルス嬢より気持ちいいわ❗アカン、俺も逝きそうや❗本当にアカン、口の中に出すわ❗逝くわ❗」

阿賀さん「二人共に勘弁してください。」

鎌田さん「悪いな、もう逝くわ❗あー気持ち良かった❗なあ、奥さん、俺の精子を飲むんや❗」

恵は鎌田さんから言われた通りに精子を飲み込みました❗

そして、嵯峨さんも逝く感じでバックからおっぱいを揉みながら、逝った感じでゆっくりデカチンを抜くと大量の精子が、恵のマンコから出てきたので、嵯峨さんも中出しをしていました。

阿賀さん「二人共に勘弁してくださいよ❗上も下も中出ししてから、奥さん綺麗してやるから、シャワーを浴びに行こうや❗」

阿賀さんは恵を連れて部屋を出て行き、嵯峨さんは満足したのかニヤニヤしながらタバコを吸って、鎌田さんも満足そうな顔でタバコを吸い始めました。

嵯峨さん「いやー、滅茶苦茶良かったわ❗鎌田さんよ、この後はしっかりと調教頼むわ❗」

鎌田さん「お任せ❗あの奥さんなら調教しがいあるわ❗」

嵯峨さん「よろしく頼むわ❗ヤバいな時間が無いから俺は出るわ❗後は頼むわ❗」

そして、嵯峨さんが出て行くとシーンとした空気が流れてると、浴室の方から喘ぎ声とバックで突かれているのかパンパンと音が聞こえてきました。

私が押し入れから出て来ると鎌田さんはびっくりした感じで、どうも私の存在を忘れていた様子でした。

まだまだ覗きたかったのですが、私も大事な会議があるの重い足を動かして部屋を出て行きました。

鎌田さんの話で、あの後に阿賀さんが浴室とベッドで一発ずつヤッテ、鎌田さんが夕方まで調教しながら二発ヤって、二人共に中出ししたそうです。

私は、会社が終わると急いで家に戻ると、恵はちょっとしてから戻って来ましたが、明らかに疲れはてていました。

まあ、疲れはてて当たり前で、今まで男性経験が二人だった恵が今日だけでいっぺんに三人も増えて、しかも3Pで初フェラに初生挿入まで経験して、鎌田さんから調教までされたのだから疲れはてて当たり前なのです❗

私は、恵に求めましたが、さすがに疲れはてていて、拒否されて期待していたフェラは持ち越しとなってしまいました。

後の話は次回投稿します。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]