エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

タクシーで会社の方に乳首を痛いほど攻撃された

2019-05-20 22:07:39

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

東京都/カコさん(10代)からの投稿

続きです

私は会社の賃貸補助を受けているため家は職場近くなのでタクシーで30分しないくらいでしたが、タクシーの中でも副所長は身体を触ってくる嫌がっても、くまさんのような体格で押さえつけられ逃げれない。

居酒屋で下着は奪わられているためノーブラノーパン。

ついでに洋服は痩せているため肩幅で合わせると胸がDカップなので胸のあたりがちょっとパツンパツンになってしまうが、ワンサイズ大きいサイズだとブカブカになる。

なので胸はそんなに大きくないですが結果的に目立ってしまう。

そんな服のためブラしてないと服の上から乳首はすぐわかる

副所長はちくびをひたすら攻撃、運転手さんに気づかれないように声が出ないように耐えるのでいっぱいいっぱい

それなのに

「乳首ずーっとぴんぴんだぞ!若い子は感じやすくておじさん疲れちゃうよ!(笑)」

と運転手に聞こえる声で言う

運転手さん苦笑い

最初は優しく乳首を触っていたが、だんだん強く引っ張り

「あぁっ…」と私は声を出してしまい

「運転手さん声漏れちゃってすいませんね!まだ若いから許してやって!お前おまんこヌルヌルなんだろ!シート汚したら身体で運転手さんに払わないとなぁ(笑)しょうがない私がお仕置きしてやる!」

さらに強く引っ張る

「うっ…いたっ…」

「コレは痛いのか?」さらに引っ張る

「やめてくださぃ…ぁあぁあっ…いっ…」半端ない痛みと何故かアソコが暑くなるような感じでどんどん濡れてくるし息が止まりそう

両方の乳首を引っ張り始め

「ぁああ…はぁはぁっ」

「あれ?もしかして乳首だけでイッちゃったかな?(笑)」

私は恥ずかしくて前が見れず、

ふと横を見たらタクシーは 、家の近くまで来ていたので

「止めてください!降ります!」私はタクシーを降りひたすら走って家まで帰りました。

怖くて逃げるしかできない。

仕事もやっと慣れてきて辞めたくないし続けたい、それなのになんでこんなことが続くんだろう。

嫌なのに感じてしまいイッてしまった自分にも後悔。。。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]