エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 2 分で読了)

コンビニのトイレで金髪美女とヤった話

投稿:2019-05-18 10:30:20
更新:2019-05-18 10:30:20

この話のシリーズ一覧

本文

名無しさん
前回の話

それはシャロンと出会って数日後のことだった。

俺は昼ごはんを買いに近くのセ○ンへ向かっていた、すると前から見覚えのある顔が来たなと思うとそれはシャロンだった

「シャロンちゃん久しぶり!」

「!?、俺さん…?なんで?」

「ちょっとコンビニ行こうかなって、シャロンちゃんこそなんでいるの?」

「映画を見に…」

「どういう映画??」

「そ、それは…」

シャロンが戸惑っていたので問い詰めるとなんとシャロンはポルノ映画を観に行く予定だったのだ!

「顔赤いけど、どうかしたの?」

「い、いえ、なんでもないです」

「恥ずかしいとか?笑」

「ち、違います!」

シャロンをよく見てみると下半身をムズムズさせていた。そしてこうして街中で会う姿を見るとあの時とのギャップや裏での淫らな姿を想像してしまい興奮してきてしまった。

そして俺はシャロンの耳元で

「もしかして触ってきたの…?」

と囁くとシャロンは小さく頷いた。

この時の顔がそれはもう可愛くて近くのコンビニのトイレに2人でバレないように忍び込んだ。

トイレのドアを閉めた瞬間、俺は彼女の唇を奪った。彼女も呼応するように俺に抱きつき狭い室内で抱き合った。

「ずっと、忘れられなかった…俺さんとのエッチ…」

「俺もだよ…んっ。ちゅ…」

店員や客にバレないように出来るだけ音を立てないように気をつけながら絡み合った、狭い密室の中に響くのはお互いの卑猥な吐息と服が擦れる音。

唇を重ねがら俺は手を彼女のおっぱいに這わせ揉みしだいた…、久しぶりの感触に俺は自我を保てそうになかった。

無我夢中で俺は彼女のおっぱいに食いついた。

シャロンは必死に喘ぎ声を抑えたが口から漏れる音は前よりも格段にエロい声だった。

俺は彼女の股間に太ももを擦り付けた、すると彼女の体はビクンビクンと震えた。

太ももに伝わる熱い熱気と潤った秘部の感触…

俺は耐えきれず彼女を壁に押し付け足を上げさせ服の上から強引に俺のモノを挿れた。

俺は快感に飲まれながらも声を必死に堪え動きもコンパクトにして腰を振った。

彼女の漏れ出る声を抑えるように俺は唇を重ね舌を絡ませた。

俺は彼女の中が徐々にキツくなり唸る様に耐えきれなくなって外に出そうとしたがシャロンは俺を必死に抱きしめた。俺はこれを中出しOKのサインだと認識し、彼女の中に俺の精液をぶちまけた。彼女もそれと同時に体を震わせ仰け反った。

唇を離すとそこには唾液の糸が。

ハァハァという吐息が密室に響く。

その後も欲望が枯れるまで交わりそこを出た時には西日が差していた。

-終わり-
作者にメッセージを書く
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:17
いいね
投票数:17
続編希望
投票数:55
お気に入り
投票数:12
名作
投票数:0
読みやすい
投票数:6
この記事の解析グラフを見る
合計:107ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 4回
  • 49回
  • 258回
  • 3,758回
  • 15,222回
  • 10,670位
  • 7,318位
  • 6,572位
  • 7,265位
  • 7,183位
※17751記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]