エチケン
体験談や小説を投稿される方の特典

体験談メニュー

注目のPR

タイトル(約 3 分で読了)

めちゃくちゃ可愛い後輩が最低な奴にヤられていた

投稿:2019-03-30 23:55:12
更新:2019-03-30 23:55:12

この話のカテゴリ

本文

名無しさん

僕が高3の時、1年生女子でもトップクラスの可愛さの子が入部してきた。

モデルのような美人系ではなく、どちらかというとアイドル系の可愛い子で、ノーメイクでも視線を奪われるくらい整っていた。

見た目だけでなく、性格も良くて人気の子だったので、同じ部というだけで周囲からも羨ましがられた。

実際に、僕だけでなく他の男子部員全員が彼女のことを好きになっていたが、残念ながら彼女には付き合っている相手がいた。

中学3年の時に出来た同級生の彼氏で、サッカー部の強豪校に進学したと聞いていた。

実物を見たことはなかったが、かなりのイケメンだと噂だった。

そんな彼女が、2年女子にある相談をしているのを盗み聞きしてしまった。

それは、聞いてしまったことを絶対に知られてはいけないような内容だった。

「彼氏の先輩に脅されて、どうにもできなくて関係させられてしまったんです」

彼女の言葉は、あまりにも衝撃的だった。

彼女の彼氏が所属するサッカー部は、実力主義と年功序列の両方が都合よく入り乱れているらしい。

そして、その序列の上位にいる彼の先輩が、彼女を秘密で呼び出したのだそうだ。

そこで、準レギュラーメンバーの選定の話をされたそうだ。

だが、その理由が別のところにあることは明確だった。

実権を握っていて、顧問への影響力もあるその先輩に逆らえば、彼氏の準レギュラー入りは絶望的だ。

当然それは、レギュラー入りの道を断たれることでもあり、3年間日の目を見ることがないことを確定させてしまう。

それを即座に理解できるほど彼女は賢く、その上で彼氏を守るために自分の身を捧げるほどに愚かだった。

「初めてはもう彼としてましたし、必死にお願いしてゴムは着けてもらえたので、それだけが救いでした・・・」

彼女は、そう言って泣いていた。

その時、どんな助言がされたのかわからないが、結果として彼女はその後も3回以上呼び出しを受けたらしい。

そして、そのたびに学校のトイレで先輩に強制的に奉仕させられていたらしい。

なぜ僕がそれを知っているかというと、その犯人が自慢しているのを聞いてしまったからだ。

それは、彼女の話を聞いてしまってからかなり経った高校卒業後だった。

その時、カラオケの男子トイレの個室で休憩していた僕は、あとから入ってきた男子グループの言葉に耳を疑った。

「おかげで結構な数の女子とヤれたけど、一番良かったのはコイツだった」

「え、お前マジで? めっちゃくちゃ可愛いぞ」

「こんな子とお前が? 嘘だろ?」

自慢していた男子が見せたのは、そのお気に入りの子の顔写真だけではなかった。

写真の子はあの子と同じ「茉莉」という名前のようで、彼らは茉莉ちゃん茉莉ちゃんと盛り上がっていたが、僕は気が気ではなかった。

彼らの会話から、その子の豊かな胸も丸いお尻も、そして下半身さえも共有されていた。

当然、下着で隠してなどいない状態で、中には挿入されている状態のものもあったようだ。

「俺も茉莉ちゃんの高1マンコにブチ込めてたらなぁ~!」

そう誰かが言ったおかげで、僕の疑いは確信に変わった。

他にも、彼らが写真で笑っていたピンクのチェックにサクランボ柄の下着というのも、覚えがあった。

僕の目撃した数少ない茉莉のチラ見えなので、あの柄を忘れることなどなかった。

「ヤりたければ好きにヤれよ。どうせ俺の中古品だけどな!」

そう言って、そいつは気持ち悪く笑っていた。

それは、僕が中学時代に3年間耐え続けた気持ち悪い笑い声だった。

口だけのくせに暴力的、他人を見下して常にいじめの先頭に立っていた安藤。

僕が、嫌いという言葉で表しきれないくらい3年間我慢し続けたあの安藤こそが、茉莉を脅して犯していた張本人だったのだ。

はらわたが煮えくり返るという感覚を初めて体験し、僕はそのまま中学の同窓会の2次会を切り上げて帰ってしまった。

ちなみに、安藤の次に嫌いだった浜口もあの場で茉莉の恥ずかしい写真を見て、さらにはデータで貰っていた。

彼らの口ぶりから、そこで見せられた写真はすべて生挿入ばかりだったようだ。

彼女は、初回の呼び出しで、頼み込んでゴムを着けてもらったと相談時に言っていた。

しかし、安藤が1回目と言って出した写真でもゴムは着けられていなかった。

これは、どちらかが嘘をついているということだ。

ちなみに、その1回目と言われている写真の続きを見て浜口は、驚いてこう言っていた。

「え? 血出てるけど処女!?」

-終わり-
作者にメッセージを書く

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


読者評価が一定数を超えた投稿者には特典があります!

※詳しくはこちら

通報フォーム

理由[必須]