エチケン

体験談メニュー

タイトル

浮浪雲現代版(創作話)

2019-03-17 01:10:01

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

浮浪雲さんからの投稿

釣りと酒と女が好きで、良いどれながら呑気に何も考えないでお気楽な野郎の話を一席

空をホワ~ンと流れる雲になぞらえて、この男『雲』と呼びます。

いつもの様に釣竿を片手に近所の細い河っぺりで酒を片手に糸を垂れております。

するって~と向こう岸に年の頃ならば三十路前、胸と尻の大きな妙齢の美女が棹先を見ています。

しゃがみこんで見ている為太ももは露に、奥にはパンティに覆われた花園も垣間見えます。

元来が女好きな『雲』ですから『お嬢さん名前は』の問いに、

『自らことの姓名は、父は元京の産にして、姓は安藤、名は慶三、字を五光。母は千代女(ちよじょ)と申せしが、わが母三十三歳の折、ある夜丹頂の鶴を夢見て妾(わらわ)を孕めるが故、垂乳根の胎内を出でしときは鶴女(つるじょ)。鶴女と申せしが、それは幼名、成長の後これを改め、清女(きよじょ)と申し侍るなり』と答えます。

おっといけない。これでは江戸落語の『垂乳根』になってしまいます。てな訳で、このご婦人を清女といたしましょう。

『清女さん釣りが好きなら一緒に如何です?』と雲の旦那『はい、ならば傍らに』と隣に寄り添います。

のべ棹に餌をつけホイッと投げ入れるとする事もなく、目先は清女の太ももに。

あれよあれよと言う間に雲の旦那の太竿が硬く勃起して来るのを見て、清女さん『あら!此方にも立派な竿が』と手にしてゆっくり擦り付けます。雲の旦那も清女の太ももをまさぐりその手は軈て花園に!

『おや!ここに水溜まりがあるではないか?』

『どれ太竿を入れてみよう』と雲の旦那

『その太竿で私を釣って下さいな』と清女さん。

河に置き去りの棹先からピクピクと引きが有るのですが、魚をつるのではなく、鯉(恋)を釣ったと言う馬鹿馬鹿しい一席

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]