エチケン

体験談メニュー

タイトル

真面目そうなメガネ司書 続編その1

2019-03-11 01:51:46

この話のシリーズ一覧

1:真面目そうなメガネ司書 続編その1(今見てる話
2:地味なメガネ司書さんのエロ下着 続編その二3:地味なメガネ司書さんのエロ下着 続編その三

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

かなり、間が空いてしまいましたが、

真面目なメガネ司書である翠さんの続編です。

需要があれば良いのですけど、、、。

翠さんがアパートから引っ越されてから、

数年たって、僕も社会人になり、

それなりに過ごしていました。

五年以上前の出来事なのに、僕は毎晩のように、

翠さんをオカズにしてオナニーをしていました。

そんな、ある日の帰宅中、

僕の住んでいる最寄り駅で、偶然にも翠さんに再開したのです。

僕は、堪らず声を掛けていました。

翠さんは、少し驚いた様子でしたが、

僕を思い出したのか、相変わらずの小さな声で、

「あっ、、、お久しぶりです、。」

僕は、挨拶もソコソコに、一気にまくし立て、

翠さんを食事に誘っていました。

その剣幕に押されたのか、翠さんは、「はい、」と了承してくれたので、駅前のファミレスで食事をする事に。

席に着いて、改めて翠さんを観察すると、

昔と変わらず、真面目そうなメガネで地味な女性でした。そして、その身体からは酸っぱい体臭が漂ってきた。

30代後半になっている翠さんは、殆ど無表情で、僕の前に座っている。

僕は、先ず翠さんの近況を聞き出していた。

翠さんは、2年前に離婚して現在は1人暮らしをしている事、仕事も少し離れた地域の図書館で司書に復帰している事などを。

食事が終わり、店を出た後、

久しぶりに会った翠さんに、僕は興奮が治らず、

かなり強引に、ホテルに誘っていました。

駅前のラブホテルに入り、数年ぶりに翠さんと、セックスをしました。

痩せ型の細身の身体、化粧気の無い地味なメガネ顔、手入れの甘い黒髪、酸っぱ臭い体臭と口臭。

翠さんは、昔と変わっていなかったのです。

茶色のハイソックスだけは履かせたままにして、夢中で、キスして、匂いを嗅いで、身体中舐め廻し。

翠さんの臭マンコに3回射精してから。

僕は、翠さんに改めて告白して、

付き合って貰える事になりました。

それから、翠さんとセックスしている最中に。

2年間の結婚生活の事や、翠さんの性遍歴を洗いざらい聞き出したのです。

今回は、その話を中心に書きます。

需要が有れば良いのですけど、、。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]