エチケン

体験談・小説メニュー

タイトル(約 10 分で読了)

混浴ワニのいる温泉、12人の男達に輪姦された母と高◯生の私。埼玉県、伝説の温泉宿にて、飢えた男達の生贄の母と娘

投稿:2019-02-22 21:12:35
更新:2019-02-22 21:12:35

この話のシリーズ一覧

本文

神奈川県/摩耶さん(20代)
前回の話

私とお母さんはワニのいる温泉で忘れることの出来ない恐ろしい体験をしました。ワニとは動物のワニではなく、混浴温泉で女性を待ち構えるいやらしいおじさん達の事です。今では都市伝説となったその埼玉の温泉に当時の私たちは知らずに足を踏み入れてしまったのです。

それは私が高校2年生の頃ですから、ママは30代後半だったと思います。当時私たちは埼玉の団地に住んでいました。ママはその年自動車免許を取り、中古の軽自動車を買いました。ご存知ない方もいると思いますが埼玉はとても大きな県です。私たちの住んでいる地域とその温泉とは沿線が全く正反対で、私たちはその温泉にまつわる地元の噂など全く知りませんでした。吉見百穴と言う有名な観光地が近くにあり、私と母は買ったばかりの中古車で普段行かない埼玉の南西方面をドライブしたのです。産直の直売所や、平和記念資料館などを見て、最後の仕上げに偶然通りかかったその温泉に入りました。その温泉は私たちが行った翌年にはもう閉店したそうです。開店当初から立て替えた形跡のない建物はあちこちがほころび、もはや設備の古さは隠しようがない状況でした。さすがボロさにためらいはありましたが、温泉と言う文字の魔力と知らない土地と言う好奇心が背中を押してしまいました。

中に入ると待合室には思いの他、おじさん達が多くいました。そのおじさんたちが女子の更衣室に消えていく私たちは熱のこもった眼差しでジロジロと見ていたのが気持ち悪くかったのを覚えています。それもそのはずです。彼らは獲物を値踏みしていたのです。ここは男女混浴の浴室があり露出マニアのカップルや女性に対するわいせつ事件など何かと噂の多い温泉である事は今回の件の後になって知りました。

更衣室で私たちは着替えました。水泳部で鍛えてきた私の体は中◯生後半から急速に胸回りが育ち、育ちすぎた位の場合は私にとってむしろトラウマになっていました。なぜなら断るごとに男子生徒の視線を浴びるからです。まだ子供の心に大人の体、この危険な取り合わせが当時私は何度となく危機に追い込むことになりました。隣では母がてきぱきと服を脱いでいます。コミュ力が高く万事において器用な母、私は極度のファザコンですから、母はライバルだと思っていました。その私が白旗を揚げあげるほど、当時30代後半であった母の女体は強く大人の色気を放っていました。丸みを帯びた大きなお尻、そして惚れ惚れとするような腰のくびれ、淡い茂みの奥にはうっすらと口を開いた大人の女性器が見えます。そして親子の血は争えない大きなおっぱい。そこに、小指の先ほどのえんじ色の乳首が小さく頭を出しています。以前告白しましたが、私は母のある秘密を知っています。夫以外の男、パパの弟とお母さんは寝たことがあるのです。その時の生々しい性交の様子は今でも覚えています。とにかく母は男を惹きつける花のある女でした。

2人は並んで女湯に入りました。古い温泉施設の常で女性の風呂場は大変小さいものです。しかし湯船の奥に私は扉を見つけました。その扉にはジャングル風呂と看板がかかっています。なんだ露天風呂があるんだ私は早合点してそのジャングル風呂の扉を開けて中に入りました。しかしそこにはとんでもない光景が広がっていました。風呂場には12人ほどのおじさんたちがいたのです。あるものは湯船につかりあるものは縁石に腰かけて、素っ裸であたかも私たちを待ち構えていたかのようでした。想像してみて下さい。高校2年生で10人をこえる男の裸に囲まれた気分を私はもうパニック状態です。しかしそんなのお構いなしにおじさん達が私の肩をつかんで浴槽へと連れて行きます。「風呂場ではタオル巻きは禁止だよ」とバスタオルは脱がされて、私は裸にされました。アルビノの入っている私は少し人より白い肌しています。男たちのいやらしい視線が私の白い肌、膨らんだ胸に集まります。私は何とか胸とおまんこだけは自分の手で隠しました。しかし私を取り巻く男たちの密度がどんどん高まっていきます。「いやーーーーこわいよーーーー、やめてーーー来ないで、来ないでぇ」お湯の中で四方八方から手を伸ばされて私は体をまさぐられました。太ももを撫でられ、おっぱいを揉まれ、お尻を触られ、おまんこを指で突かれ、後はいつ男たちに組み敷かれるのか?まさに危険な状態です。お風呂はちょうどドーナツ型をしており、中央に丸い畳2畳ほどのスペースがあります。私は男の手を払いのけて、そのスペースに上がりました。男たちは入江のワニのようにお風呂の中を取り囲んで360度私の体を見てきます。もはや手で隠しようがない私は顔を伏せて小さく丸まって男の視線をかわしています。私の目からは恐怖と悲しさで涙があふれました。

その時です扉開く音と同時に母が風呂場に入ってきました。女盛りの母の姿に男たちはおおっとどよめきます。そして一気に私のいる風呂の中央までやってきて私を抱きしめてくれました。しかし母がやってきたものの私たちは完全に取り囲まれた状態です。「いい大人がこんな事して恥ずかしくないんですか!」男達はニヤニヤと笑うばかり、男たちの視線が完全に私から母へと移っています。

取り巻きの後ろの方から「親子丼!」と言う声が上がり、男たちは大爆笑しました。12人の男たちの股間は性的興奮でまがまがしくいきり立っています。またどこからか「親子丼!」「雛から行く親から行くか?」だんだん危険なふいんきが高まってきます。母はこの状況を冷静に判断したのでしょう。中洲の上にすっくと立ち上がり、男たちにいいました。「私が残りますから、どうか娘を見逃してくれませんか?」「奥さんそれがどういう意味かわかっているね?」年嵩の男がゴクリと生唾を飲み込んでいいました。当時高校2年生だった私にもそれは母が男たちの慰み者になるということ、レイプを受け入れると言う意味だとわかりました。「お母さんお願いだからやめて!」その言葉をはねのけるように母は重ねていいました。「私が犠牲になりますから、私はどうなっても構いません。どうか娘を逃してください」そして私に女湯に戻るように言いました。男達も囲みを解いて私を通してくれました。「娘さんは見逃したんだから早く脱げよ」男に言われて、母が巻いていたバスタオルを取りました。その姿はギリシャ彫刻が覆いを解くようでした。丸みを帯びた大きなお尻、惚れ惚れとするような腰のくびれ、淡い茂みの奥にはうっすらと口を開いた大人の女性器が見えます。そして見事に実ったおっぱい。そこに、小指の先ほどのえんじ色の乳首が小さく頭を出しています。さっきからの私の時とは比べ物にならない雄叫びのような男たちの叫び、まさに降臨した女神を崇めるかのように、中洲に立つ母に手を差し伸べる男たち。と見えたのももつかの間、極上の媚肉を与えられたワニたちは我先にと私の母に群がりました。浅黒い男たちの裸の加減に母の白い肌が見え隠れします。母は唇を奪われ両方の店にペニスを握らされ、豊かな乳首は2人の男にシェアされ吸われています。そして運の良い男は母の花園に顔を埋め密を味わうかのようにクンニしています。また左右の男が母の美しい足を大きく押し開き太ももや美しい足先を堪能しています。そして母の丸い尻肉は男達に強くもまれ、その奥にある秘めた穴にも、男の卑劣な指が入ろうとしています。「ひぃ、や、あ、い、ああ、ぃぃやめてぇ、あん」母のか細い喘ぎ声が聞こえます。

私はあまりの光景にショックを受けて、腰から下の子からガクガクと抜けました。不思議と下腹部のあたりにうずくような感覚もありました。あまりに強烈な男たちの欲望を目の当たりにしたせいです。私はやっと女風呂にたどり着きました。そして懸命に耳を塞ぎましたしかし扉の隙間からは男たちに蹂躙される母の姿がまざまざと見えました。

母の胸を2人の男たちが執拗に吸い、乳首を転がします。 熟れた母の体は自分の意思とは関係なく乳首を勃起させます。「最近旦那さんに可愛がってもらってないのかなあ、すぐに乳首を立てて、感度いいね、奥さん!」母の股の間からクンニをしながら男がいいます。「奥さん子供1人産んだとは思えないきれいなおまんこしてるね。しかも愛液の味、ねっとりして最高だよ、どんどん、溢れてくるけど、最近セックスご無沙汰だったんじゃないの?」母は羞恥にに顔を歪ませます。「あなた、ごめんなさい、ごめんなさい」「なんてエッチな尻してるんだよこのオバハン!こうされたくて、風呂にきたんじゃないのか?」「あぅ、くぅぅ、あん、そんな、ことない、あひぃ」母はヴァギナの中だけでなくアナルの中にも指をいれられています。母の細い手にペニスを握らせていた両サイドの男が射精が近づいたのか腰を犬のようにふるわせています。そしてキスをしていた男払いのけて、母の唇に直接、精液を射精しました。時間差をおいてもう1人の男もあたかも射精をする場所は口とおまんこ以外ないと言わんばかりに母の唇に汚らしいおちんちんをねじ込んで、精液を射精しました。「うぷぅ、やめ、そんあ、臭い、あああ、精液でて うぶぅぅぅぅ」次々と男の精液を飲まされ強い雄の匂いをかかされたはだんだんと目つきがトロんとしてきます。母の中のメスが揺り動かされているのです。

私は呆然と男たちによってたかって貪られる母の裸身を見つめていました。無力なメスを力ずくで押さえつけて性欲を満たそうとする男の卑しさ。それとは対照的に我が身を犠牲にして子供を守り、男たちを発情させる女の奥深さ、ふと気がつくと私の後には2人のおじさんがいました。「君がいい子にしていたらママを帰してあげるからね」私はお風呂の床にペタンと座った状態で片方のおじさんにおまんこいじられ、もう1人のおじさんにおっぱいをさわられました。「摩耶がいい子にしていたらお母さんを帰してくれますか?」おじさんはうんと首を縦に振ると微笑んで私の体を触りました。2人のおじさんの愛撫はロストバージンの相手だった彼氏とは比較にならない位巧みでした。2人に同時に触れると雲の上を浮かんでいるようです。私の未熟な声は熟練したおじさんたちの手でいいように弄ばれたのです。「君可愛い顔してエッチなおっぱいしてるね、男の人に触ってもらったことある?」「ああ、やん、いやぁ、乳首立っちゃうぅぅ」「君、可愛いスジマンしてるね、おじさんがパックリ開いて中を味わってあげるね?」そう言うとおじさんは私に濃厚なクンニをしてきました。「そこダメ、いや、恥ずかしい、みないでぇ、あああ、いいゃぁ、みないでぇぇ!」

中洲の上の母が男たちのクンニと愛撫に耐えかねてついに陥落しました。体をクッと反らせて、硬直したかと思うと、猫のように丸まって痙攣しました。「いいぃ、イク、あなたごめんなさい、いくぅ、いぐぅ、いぐぅーーーーーーーーーーーー!」母の成熟した男まんこから愛液が吹き出します。その姿を見て男たちが3人ぐらいがたまらず射精し、母の体を精液でベチョベチョに汚しました。その姿を見て私はぼんやりと思いました。親子って、イキ方まで似ている。そして私も、2人のおじさんにおまんことおっぱいを優しく可愛がられて、幼い未熟な性はなすすべもなく陥落しました。「いいよう、おまんことおっぱい気持ちいいよぅ!おじさん達にさわられて、気持ちぃぃ、あん、いっちゃう、いやなのに、イクゥッ!いくぅぅくーーーーーーー!」

私はアクメを迎えて腰がガクガクと震えました。それを見届けたおじさんはいきり立つおちんちんを一気に私のおまんこにつき入れました。お膝の上に乗せられたお人形のように私は犯されました。そして私はお尻を向けさせられ、まだ、経験だったアナルをローションを塗った手でほぐされて、結局おちんちんを入れられました。大きなおじさん2人にサンドイッチにされて私の小さな体は今にも波に砕けそうな小さな小舟のように翻弄されました。「あん、いやぁ、そんな所におちんちんいやぁ、セックスはいやだよーやめて、あーあーいやーやん、やめてぇ やめてぇぇ、あああぁ」そして私は体の内側から耐え難い疼きがこみ上げて今まで経験したことのないくらいの大きなアクメに飲み込まれました!「いやぁーーーーイグゥゥ、イク、イク、いっちゃうぅぅぅん、あああん」私は小さな雌犬のように腰を振って絶叫しました。そして下腹のあたりがキューーーーと閉まるような感触がして、私は何とも言えないけだるさに包まれました。私はその日、人生初めての大きな絶頂を経験したのです。

そして温泉の中洲では母は第二段階の陵辱を受けていました。1人の男が母の唇にメス奴隷のようにペニスを加えさせ、母美しい顔の上で腰を振っています。左右の乳首は常に両側に控えた男たちにもまれ刺激を与えられています。そして下半身も両足首を左右の男に押さえつけられ、淫らなワイ字開脚をした状態で男たちのペニスをおまんこに入れています。ちょうど男達は順番を待つように挿入中の男の後ろに並んでいます。顔で1人、両腕両足を抑えるものが4人、母に跨りいやらしく腰を振る者が1人、残り6人が犯される母をニヤニヤと眺めながら順番待ちをしているのです。ひとりめの男が何度か激しく腰を打ち付けると「こいつのマンコ!!まじやべぇ!」と獣のような叫びを上げてドピュドピュと射精しました。そして次の男に促されて余韻を楽しむ間もなくひな壇から降ろされます。次の男が同じように正常位で母のおまんこにおちんちんを挿入します。「いやぁ!また、生でいやぁあ、もうちんちん許してぇぇぇ」次の男がロボットのように激しく腰を振って、敢え無くドピュゥゥっと射精しました。「オバハンのマンコ、 半端ねぇ精気全部!持ってかれるわ」

そしてその次に太めのおじさんが変わります。おじさんは腰を巧みにグラインドさせて、今まで以上に母を喘がせます。「やん、いい、気持ちいい、このおちんぽ気持ちいい、私、落ちちゃうぅぅ イグゥーーーー」「奥さん可愛いですよ!あなたは最高だ!」と言って男は母のおまんこにぴったりとおちんちんをくっつけてどぷぅっと射精しました。

次に列に押し出されてきたのは大学生くらいののお兄さん、お兄さんは母の股の間で何度か挿入を図りますが焦って入れることができないようです。見かねた母が手を添えておまんこに導いてあげました。男は母をぎゅっと抱きしめてぴったり肌を合わせた状態で射精しました。「お姉さんこんなことしてごめんなさいごめんなさい!」男の子は謝りながら母のおまんこにピュッピュツと射精しました。そして次の男がまた母の足の間ではずむように腰を振ります。筋肉質のスポーツマンな体型の男です。「どうだ俺のちんぽ、俺のちんぽいいだろう!いいだろう?」ダイナミックな体位での挿入、淡路スポットを激しく擦られてイキまくります。「やぁぁぁん、私、壊れる、芳江、おちんぽに負けちゃう!、このおちんぽ気持ちいい、イグゥ、イグゥイグゥーーーーあんもうダメ、これ以上は、また来ちゃう!イグゥイグゥーーーーイグゥーーーーいぎぃぃ!かはッアグーアーグァーーーーーイグゥーーーー!」母は動物のようなうなり声をあげて、自分から足を男の腰に絡めて男の精液を射精されました。

そして最後に6番目の男です。どうやらこの集団を仕切っているのはこのおじさんのようです。おじさんはおもむろにお母さんのおまんこにおちんちんを入れました。それと同時に11人にいいます。「さぁこれで引き上げだ!この奥さんを極楽に送ってやるぞ」男は巧みな腰使いで母のおまんこを犯します。残り11人の男たちもそれぞれのペニスをしごきながら、母の口や、黒髪、手のひら、足の裏、わきのした、くびれた腰、尻の肉、あらゆるところにペニスを擦りつけます。激しい攻めの連続でアクメを繰り返した母はもう気が狂ったように叫びます。「おちんぽ、おひんぽ、おひんほ、わたし、まんこ おひんほにしはひされちゃうぅぅ、よひえ、皆しゃまのおんなになりまふぅぅ、だひてぇ、せいえぃき、イグゥーーーーイグゥーーーーだひてぇ」母の長く美しい足の間でいやらしい腰の律動を繰り返していた男はひときわ鋭く母のおまんこに腰を落ち着けると一気に射精しました。ドピュゥゥドピュゥゥドピュゥゥ、何度も腰を振り射精を繰り返しているようです。大量の精液が打ち込まれているのがわかります。「あんたは最高の母親で最低の淫乱おまんこ女だ!」男は宣言するように叫びました。するとその他11人の男たちが一斉に母の裸体に向かって精液を浴びせかけました。

ドピュドピュゥゥ、ドベ、どぷう、ピュ、ピュ、ブシュゥ、トピュぅ、ドピュゥゥドピュゥ、どプゥ、ビュビューーーー!母の横たわる小さな中洲に白い精液の雨が降ります。そして無防備に足を開いて大の字に横たわる母、おまんこからは大量の精液が溢れ出しています。空に向けられた母のうつろな目、白い祭壇に横たわる母は聖女の亡骸ように見えました。母は飢えたワニたちにいなばの白兎のように白い裸身を投げ与え、その肉を食い荒らさせる事で私を陵辱の嵐から救ったのです。

行為の終わった男達は私の母を4人がかりで丁重にに抱え上げ、復活の泉につけるかのように温泉にその身をを浸しました。そして男たちは献身的に母の体を洗いました。母のうつろな目に精気が戻り、意識を取り戻したようです。そして男達は母を恭しく抱き起こし、その美しい裸身にバスタオルを撒きました。私は泣きながら母に抱きつきました。私の体もその前に2人のおじさんたちが歌ってくれていました。私が犯されたことを話すと母が悲しむので、母には、私はあの後、は何もされなかったと話してあります。そして男たちは、湿布のような素早さで温泉から帰っていきました。

後には私たち親子2人が残されました。「この事はお父さんには絶対内緒よ」お母さんは言いました。私も小さく頷きました。そして母は何事もなかったかのように車を運転して家に帰りました。しかし家に着くと同時に、「初めての運転でものすごく疲れちゃったから今日は先に寝るね」と珍しく自室にこもって眠りました。後で心配になって夜中私は母の寝室の扉に耳をあてて中の様子を伺いました。母の部屋からは小さなすすり泣きがいつまでもいつまでも続いていました。

この話の続き
-終わり-

話の感想(9件)

話の感想を投稿する

内容[必須:現在0文字]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯攻撃的な内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


長くなる雑談は雑談掲示板でお願いします。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

内容は創作だと思って楽しんでください。

みんなの目に触れるコメント新着一覧に掲載しますか?

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


通報フォーム

理由[必須]