月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 4 分で読了)

『真面目な妻が念願の寝取られを私の知り合いの理容師とラインから落ちていく~第2章~最終章』

投稿:2019-02-02 10:06:56

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

リセット
置き換え

本文

0,|男性視点|中出し|寝取られ|告白|射精|69(シックスナイン)|言葉責め|口移し|デート|店員
前回の話

Kさんも服を脱ぎ、全裸になるとすでにあそこは勃起で大きく固くなっていた。

 Kさんと妻はいつものように舌を絡め合いながら濃厚なキスを始めた。

 Kさんが自分の口に中に溜めた唾液を、妻の口の中に上から垂らし、妻が口の中で受け止め、そしてお互いに舌を絡め合っていた。

「美味しい?」

「えいじさん、美味しいです」

「もっと欲しい?」

「もっと欲しいです」

 Kは再び唾液を妻の口の中に入れて、舌を絡めだしました。

「今度はみゆきさんの唾液を飲みたい」

「はい。わかりました」

 今度は妻がKさんの上になり、妻がKさんの口の中で唾液を垂らした」

「みゆきさんの唾液、美味しいよ」

「嬉しい」

 妻はKさんの乳首を舐めはじめた。

「みゆきさん、気持ちいいよ。もっとたくさん舐めて」

「わかりました」

 そう言うと、妻の舌は徐々にKさんの下半身へ向かっていった。

 勃起したKさんのちんぽを口の中にほおばり、上下に動かしていた。

「みゆきさん、上手です。とても気持ちいいです」

「えいじさんがそう思ってくれて嬉しいです」

「ちんぽの周りも舐めてもらえますか?」

「こうですか?」

「はい。そして唾液を垂らしながら舐めてもらえますか?」

 妻は唾液をちんぽに垂らし、舌で舐めまわしていた。

「もっといやらしく音をたてて」

「わかりました」

 そう言うと、びちゃびちゃと音を立てながら舐めはじめました。

「あー気持ちいいです。みゆきさん、上手ですよ。旦那さんにもしてあげているんですか?」

「主人にはしません」

「してあげればいいじゃないですか?」

「レスなので、しません」

「今度してあげてください。そして、どういう風にしてあげたか教えてください」

「そんなこと言えません」

「みゆきさんが旦那さんとどういう風にしているのか聞きたいです」

「恥ずかしいです」

「今度、聞かせてください」

「わかりました」

「みゆきさんこっちにきて」

「はい」

「今度は僕がみゆきさんの身体を舐めさせてください」

 そう言いながら、妻の乳首を舐めはじめました。

 そして、妻の乳首に唾液を垂らして、音を立てながら、舐めはじめました。

「えいじさん、感じるぅ・・・」

「気持ちいいですか?乳首が固くなっていますよ」

「えいじさん、あん・・・気持ちいい・・・」

 Kさんは、妻の股を広げて、パンストの上から妻のまんこを撫ではじめました。

「パンストの上からもみゆきさんのまんこが濡れているのがわかりますよ」

「だって、感じるんですもん」

 Kさんは、パンストの上から、妻のまんこの中に少しだけ、指を入れた。

「あーん・・感じる・・えいじさん・・・あんあん・・・」

「もっと感じてください」

 Kはパンストの上から、今度は妻のまんこを舐めはじめました。

「みゆきさんのまんこの汁美味しいです」

「嬉しい・・・あー感じるぅ・・・・」

「僕のもしゃぶってください」

 そういって、Kさんは妻の顔にまたがり69の体位になっていた。

「どうですか?ぼくのちんぽ?」

「固くて大きいです」

「美味しいですか?」

「美味しいです」

「旦那さんのとどっちが美味しいですか?」

「えいじさんのが美味しいです」

「今度ちゃんと旦那さんのもしゃぶってあげてください」

「はい。わかりました」

「今度、旦那さんにも僕たちのセックスを見せてあげましょうか?」

「えっ?」

「みゆきさんが僕に抱かれて、感じている姿を・・・」

「嫌です。絶対にダメです。それに主人にばれたら大変なことになります」

「そうですか?普段旦那さんにしてるように今ラインしてみて下さい」

「今は主人の話はしないでください」

「そういう困っているみゆきさんの顔を見るのも好きです」

「そんな意地悪言わないでください」

「その方がみゆきさんももっと感じるかもしれませんよ」

「そんなことありません。今十分感じています」

 Kさんは、パンストを手で破り、直に妻のまんこを舐めはじめました。

 妻は、絶頂を迎えようとしていた。

「気持ちいい・・・」

「旦那さんにみゆきさんのいやらしい声聞かせましょうか?」

「いやーーダメ・・・あーん、感じるぅ」

「みゆきさんのいやらしい声を旦那さんが聞いたらどう思うでしょうね?」

「いやーん。恥ずかしい・・・」

「聞かせてみてもいいですか?」

「あんあんあん・・・今度・・・今日はいや」

「わかりました。じゃ~今度聞いてもらいましょう」

「旦那さんにみゆきさんのいやらしい声を聞いてもらているみゆきさんの姿を想像すると僕も感じてきました」

「逝きそうです・・・あーあーあー」

「まだ、逝かせません。我慢してください」

「我慢できません・・・逝きそう・・・あーあーあーん・・・」

 Kさんは、妻のまんこを舐めるのを辞めて、固くて太いちんぽを妻のまんこの中に入れた。

「あーん、えいじさん、気持ちいいです」

「みゆきさんのまんこの中、あったかくて気持ちいいですよ」

「あーん、えいじさん・・・」

「みゆきさん、僕も気持ちいいです」

「あーん、気持ちいい・・・」

「どこに入ってるんですか?」

「恥ずかしい・・・」

「じゃ~抜きますよ・・・」

「抜かないで」

「どこに何が入っているか言ってください」

「えいじさんの・・・ちんぽが・・・まんこの中に入って気持ちいいです」

「嬉しいです・・逝きそうになってきました」

「中に出してください」

「えっ大丈夫ですか?」

「大丈夫です。中に出してほしい・・・」

「わかりました。みゆきさんの中に出しますね」

「あーーん、逝きそう・・・えいじさんも逝って・・・」

「僕も逝きそうです・・・みゆきさん、出しますよ・・・」

「出して・・・えいじさんの出して・・・」

 そして、妻の中にKさんの精子が飲み込まれていきました。

 Kさんのちんぽが妻のまんこの中に入ったまま、

「みゆきさん、気持ちよかったです」

「私もすごく気持ちが良かったです・・・」

「中に出しましたが、大丈夫ですか?」

「もう生理がないので、大丈夫なんです」

「そうでしたか・・。すごく気持ちが良かったですよ。舐めて綺麗にしてもらってもいいですか?」

「はい」

 そういうと、妻はKさんのちんぽをしゃぶったり、吸ったりして綺麗にしました。

 Kさんからのラインの内容はこのような感じでした。

 すっかり、妻はKさんのことが好きになってきているようでした。

 私は嫉妬よりも、嬉しさと興奮の方が正直ありました。

これから、私は妻とKさんとのセックスを見ることができるのか?

 期待とドキドキ感が隠せません

この話の続き
-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:9
いいね
投票数:10
文章が上手
投票数:9
続編希望
投票数:13
お気に入り登録
投票数:15
名作
投票数:2

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:58ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 2回
  • 15回
  • 69回
  • 1,227回
  • 5,827回
  • 13,300位
  • 12,941位
  • 13,305位
  • 14,339位
  • 16,445位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 2Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 12,677位
  • -位
※19278記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(2件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]