エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 10 分で読めます)

○学生時代に友人とレズプレイと友人が兄からレイプされていた件

2019-01-29 11:42:41

この話のシリーズ一覧

1:冬の予備校の帰り道 建築現場の男達に悪戯されました。2:冬の工事現場で悪戯された後日談 おじさん二人に見つかり3:節分の思い出 叔父に母がレイプされるのを覗いた私4:ライブの帰りに声をかけられ友人と一緒にレイプされました。5:お父さん大好き、パパの部屋でオナニー6:大阪行きの高速バスで隣のお兄さんに悪戯されていっちゃった私7:卒業旅行 神戸のシティホテルで3人の男に輪姦されました。8:大学1年の時、冬の温泉地でコンパニオンのアルバイト。そこで友人と見たもの。9:小さい頃の体験でちょっとエッチな話を5つお話します。
10:○学生時代に友人とレズプレイと友人が兄からレイプされていた件(今見てる話
11:J○の私が○学生の子の筆下ろししてあげた話。夏休みの田舎でお隣のタケオ君とSEXしました。12:百合友とコスプレ、フェス会場の地下で男達にエッチなことされちゃいました。ダンまちコスの彼女と私 13:大学の先輩にローターを入れられて山手線、そのあと上野の映画館、みんなの見てる前でセックスさせられました。14:優しくてSEXに踏み切れない彼を逆レイプした時の話。15:涙と屈辱のクレーム対応。入社1年目の夏、営業先の零細企業の倉庫で巨漢の脂ぎったおじさんに酷く犯されました。16:【実体験】小●生から中●までの恥ずかしい体験を4つ告白します。17:友人のチカと一緒にお台場で男達に輪姦されました。不幸な生い立ちの友人が前職で肉便器にさせられていた事18:冬休みに遊びにきた長野の親戚の男の子を優しくちょっと意地悪に筆下ろししてあげました。19:リストラ、引きこもりの父親に中○生の頃から悪戯されレイプをされていた友人の話。現在職場の同僚20:真夏の館山の海の家で高◯生の私は親戚の優しいお兄さんとセックスしました。大好きなお兄ちゃんを一生懸命、誘惑したハプニングサマー。21:夏休みの水泳教室のバイトで小学校の男の子にSEXを教えてあげた私。その後に中◯生DQN4人の筆おろしまですることになった私。22:優等生は痴漢OK娘!高校時代4人のおじさん達に友達と一緒に痴漢されました。恥ずかしいアクメ体験。23:投稿サイトの彼と奇跡の出会い 渡月橋にて 彼と出会い一夜のSEX24:投稿サイトの彼とスーパームーンの下で奇跡の再会。彼のネット嫁からリアル嫁になれた幸せな私25:混浴ワニのいる温泉、12人の男達に輪姦された母と高◯生の私。埼玉県、伝説の温泉宿にて、飢えた男達の生贄の母と娘26:補修授業、おじいちゃん先生に優しくSEXを教えてもらいました。真夏の教室の思い出27:優等生は痴漢OK娘 誘い受けの痴漢掲示板 28:【お姉さんと高◯生】貧乏摩耶姉とお隣の男の子。冬の夜、アパートの階段でうずくまっていた隣の家の男の子を抱きしめてしまいました。

この話のカテゴリ

本文(1/1)

摩耶さんからの投稿

摩耶の友人にひまわりちゃんという子が中○時代にいました。水泳部の私とは正反対なほっそりとした病弱な子でした。1年ほど学校休んでいたので実際は私よりも1年年上になります。彼女の家は駅前の花屋さんで、隣に自宅兼倉庫があると言う作りです。彼女は家の中で遊ぶのが好きな子で、アウトドア派の私としては彼女と家の中で遊ぶのはとても新鮮でした。彼女はゲームや漫画をたくさん持っていて、中には十八禁のエッチなゲームもありました。前作でお話しましたが、ある日、私は彼女に十八禁のエッチゲームをやらされて、感じてしまい彼女の手で自分の性器を気持ちよくさせる手ほどきをされてしまいました。彼女はおとなしい印象とは違ってエッチなごっこをいっぱい知っていました。それが誰かから教わったものなのか、彼女が考えたものなのかは、その頃わかりませんでした。ともかく、彼女の家に遊びに行く時は、またエッチなことをされるかもしれない、と言う緊張感とどこかそれを期待する思いがあったかもしれません。中○時代ですから初めて覗いた性の深淵をもっと覗いてみたいと言う興味がありました。。

いつものように彼女の家に遊びに行きひまわりの部屋に入ります。スレンダーと言う言葉以上に細くて、いつも力無くに笑う彼女、元気なひまわりと言う名前に違和感がある感じです。でも、彼女のその独特の厭世的な雰囲気が元気の塊で子犬みたいな当時の私にはなかったのでとても魅力に感じていました。

鳥居みゆきさんをベースに目を細くしたような感じの顔です。ちょっとつり目で、真面目な顔すると少しかっこよく見えるそんな子でした。その日彼女は私にある提案をしました。今日は発掘をしに行こうよ、彼女に言われるままに、私は彼女の部屋のある二階のもう一つの部屋に連れて行かれました。扉を開けるとそこは男の子の部屋でした。ここ兄貴が部屋なんだ、ちょっと事情があって今はいないけど。いろいろ面白いものがこの部屋には眠っているんだ。

彼女が持っていたちょっとエッチな本とかゲームの出所がこのとき初めてわかりました。

ひまわりと2人で捜索開始です。ベッドの下を探ると女の子の裸の写真が載った雑誌。セーラー服を着た子が多いのだけれど、この子たちは子供なのに男の人に裸を見せているのだろうかと驚きました。

ひまわりは笑って、成人してるに決まってるじゃん、童顔の子とか、私みたいに発育不良の子集めているんだよ。とひまわりが教えてくれました。まやはエロい体してるから、その逆で行けるよ。と言うなり私の乳房を軽くなでました。でもそれだけで私の体がビクッってなっちゃうほどあの子のタッチはたくみでした。次にひまわりに勧められて本棚を見ます。ブックカバーのある本や表紙を裏返しにしている本、後ろに隠している本、それらがほとんどエッチな漫画でした。

兄貴ちょっとオタで変態入ってたんだ、でも優しいお兄ちゃんでさ、これこれ、摩耶読んでみてよ。渡されたのはレディースコミック。ダンディーな父に娘が寄り添っている表紙。彼女に渡されて私が1冊まるまる読まされました。寝転がって漫画を読む私の横に彼女も転がって一緒に見ます。摩耶好きだよね、こういうの、このあとこの子、お父さんに抱きしめられておまんこ触られちゃうんだよ。摩耶、パパ大好きっ子だもんね、ねぇパパが摩耶にこんなことしてきたらどうする?

耳元で囁きます。ひまわりの言う通り、確かに私はそのシーンで興奮して少しおまんこを濡らしちゃっていました。これさー2巻もあるんだよ。私が男役やるから、摩耶主人公の役ね。確かに私のパパ自慢は彼女に私のファザコンを教えてしまったようだ。彼女はそれを知って多分準備していたのです。2巻も隅々まで読まされました。

いきなりのハードな展開で、平和な街に内戦が始まり、レイプと殺戮の巷になります。その中をダンディーな父親に守られて逃げる娘、でも2人は民兵につかまってしまうのです。

彼女が私に演じるように言ったのはこんなシーンでした。戦場が舞台で複数の男達に父親が押さえつけられて銃とナイフを突きつけられている。そして男たちが娘にいう。俺たちの前で裸になったら許してやるぜ、そして娘は男たちのいやらしい視線にさらされながら泣きながら服を脱ぐ、。ほら摩耶これやってよ、娘役。ひまわりちゃんが言う。最初はおとなしい子だと思っていたけど、エッチになると全然強気になって私に命令してくる。彼女のごっこ遊びはいつの間にか私を彼女の世界に引きずりこんでしまう。

男の口ぶりを真似て、彼女なりに声色を使って命令してくる。彼女には逆らえない私、彼女の手で絶頂させられた日からそんな上下関係が生まれている。

言われたとおりに私は腹を脱ぎ捨てる。ごっこだからブラとパンティーはいいかなと思っていたら、全部脱ぎなよ、摩耶、もしほんとにパパ人質に取られたら脱がないつもり!!想像してごらんよパパが殺されそうになってるんだよ!

そんなことになったら私は自分の全てを投げ出して、パパを守るだろう犯されたって、殺されたって構わない。子供の私も馬鹿みたいに本気になって、彼女の前で裸になった。直立不動で後手に腕を組むように命じられる私、○学生の割には発育の良い胸、アンダーヘアは薄いほうだし、部活もあるので処理しまっている。 私のむき出しのおまんこに彼女の視線が突き刺さる。この年でこの胸信じらんない。何食べたらこんなになるの、あんたの部活姿、男子みんな見てるよ、絶対あんた、夜使われてるって、摩耶スジマンでかわいいよね、ちょっと広げて見せてよ!

彼女は私の裸を眺めながら、今度は漫画の男たちのセリフをなぞって恥ずかしい言葉を投げかけてくる。パパの前で素っ裸になって恥ずかしくないのかなあ、ほら俺たちによく見せろよ、こんないやらしい体してたら俺たちに触られても文句言えないよねなどと言いながら、立ったままで私のおっぱいを揉み始める。かける言葉が乱暴だが、触り方はやっぱり女の子、羽毛のように優しく私の乳首を撫でて、幼い蕾が自然と勃起するように仕向けてくる。そして私が乳首が勃起させると男のセリフを真似ていう。この女親父の前でおっぱい揉まれて乳首たててよー傑作だぜ!乳首吸ってやるからせいぜいかわいい声で泣いてくれよ、と言うなり、私の乳首に吸い付き私のつぼみは舌で優しく転がします。

そして私の目の前に漫画を突き出して主人公のセリフを言わせる。

パパはパパだけは助けて、私は皆さんのおもちゃになります。摩耶は皆さんの女になって皆さんの慰み者になりますから!

恥ずかしいセリフを言わされて、私は頭に血が昇ると同時に下半身に熱い疼きを感じた。虐げられて征服されるゾクゾク感。私の中にある始末の悪い感情がもうこの頃芽生えていたと思います。

ひまわりはノリノリで続けます、その頃には私も細面の彼女の顔が酷薄な美形の男の

顔に見え始めています。彼女に唇を奪われました。そして深く舌を絡められます。

最初のためらいがちな性的な接触とは打って変わって、最近の彼女は積極的です。

前回、彼女の前で絶頂させられた私はもう彼女のおもちゃになったと認識されたのでしょうか。まだ性的な刺激に未熟な私は、おっぱいを吸われただけで、膝から力が抜けかけています。そして私の花園は恥ずかしい位に愛液をたたえています。

彼女の指が私の股間にのびました。濡れそぼったおまんこ触らせて、触れるたびにビクビクとおまんこが痙攣し自分の意思とは関係なく腰を振り、膝から力が抜けていきます。すかさずひまわりがいいます。そこのベッドに寝ろそして俺の前で足を開け!私は言われた通り、ひまわりの家のお兄ちゃんのベッドに横たわり足を開きます。

ひまわりも自分の服を脱いで全裸になりました。スレンダーな体、かすかな胸の膨らみ、痩せた体。彼女の長い足の間にはうっすらとした茂みがあり少し盛り上がりぎみの丘が息づいていました。

そして彼女は私に命じました。俺のものをなめろ、跪いてなめろ!私の顔におまんこをしつけて、私は彼女にクンニを強要されました。彼女は私の髪をつかんで乱暴な男がフェラチオさせるような感じで腰をグラインドさせます。漫画の中では主人公がペニスをくわえさせられるシーンです。彼女の中から、次々と蜜が溢れててきます。彼女の匂い彼女の味です。あ、あぁ、もっと摩耶なめて、摩耶、まやぁ 彼女の口から彼女本来の喘ぎ声が漏れます。

私の頭を押さえつけて、ぐいぐいとおまんこに顔を擦り付けさせてきます。

そして、次に彼女は意外にも、引き出しの中から小さなディルドーのようなものを取り出し自分の中に挿入するようにいいました。○学生なのにこんなもん入れていいの私は一瞬ためらいを覚えました。私はもう経験済みだからいいんだよ!

そしてゆっくりと出し入れするように私に命じると、息を弾ませてあえぎ始めました。あ、くふ、まやの前で私、淫らに咥えこんで、ひまわりのエッチなとこ見て!摩耶、摩耶、ーいく、いくう、お兄ちゃんのものでひまわりは、いっちゃうのぉ

彼女は私の見ている前でいきました。彼女の細い腰がビクビクっと跳ねました。そして私と胸の間に顔を埋めてぎゅって抱きしめてきました。そして彼女がつぶやきます。摩耶ちゃんはさ、子犬みたいに無邪気で、そんないやらしい体して、水泳部の男たちに毎日のように頭の中でおかされているの気づいてないの。私の家にのこのこきたりなんかしてさ、私が男だったらとっくにセックスされてるよね。

そういうなり私の上に覆い被さり、キスをしながら、私のクリトリスや花びらをもて遊び始めました。おまんこの穴にも優しく浅く指を入れてきます。

そして囁きます。摩耶のバージン、誰が持ってくんだろうね。摩耶はその男になんて言って、自分を捧げるんだろうね。気をつけたほうがいいよ、お互い告白して幸せいっぱいでエッチするなんて誰もができることじゃないからね!まるでセックスの経験があるように言う彼女。

そんな言葉をききながらでも私の頭の中は、彼女はたくみ愛撫で紡ぎ出される快楽でいっぱいでした。そんな私の顔を見て、また彼女は漫画の中のセリフをいいます親父の前でおちんちんを入れられて喘ぐなんてやらしい子、摩耶のパパもおちんちんを勃起させて見てるよ、恥ずかしいとこ見せちゃいなよ!行っちゃいなよ。ひまわりに私の弱点を完全ににぎられたようです。

パパごめんなさい、ごめんなさいぃぃ いい、あん、や、、いや、くふ、ん。あーあー

イク、ひまわりちゃん私、きちゃう、きちゃう、だ、やめ、ああ、あ、あ、い!くぅ私は彼女の細い腕の中でいきました。彼女はほっそりとした手足を私の柔らかい体に絡めてぎゅっと抱きしめてくれました。彼女に抱きしめられながら、私の腰はまだ二度三度ピクピクっと震えて絶頂の余韻を味わっていました。

幼いメスの淫らな交わり、セックスを真似た幼い戯れ、カーテンの隙間から夕焼けの赤い光が覗いていました。かび臭い部屋の匂いと2人の女の匂いが部屋で混ざり合っていました。肌を許しあった2人を包む気怠い空気。

静かな家の中で、彼女の兄のベッドに2人で横たわりながら、私はひまわりに遠慮がちに聞きました。ひまわりちゃんさっき言っていたけど男の人知ってるの?セックスの経験あるの?ひまわりは少しためらいましたが、私に話してくれました。

彼女には6つ年上の兄がいました。妹思いの兄で、ちょっとオタクっぽいところがあったけど、ひまわりはお兄さんが大好きだったそうです。ただ大学の途中から友人関係の悩みから、学校に行かなくなってしまったそうです。1日家にいる兄に、ひまわりは付き添って遊んだそうです。気分が暗くなりがちな兄を励まして、一緒に秋葉原に行ったり、兄とコスプレ衣装を着て家でごっこ遊びをしたそうです。そのうち、兄にエッチなゲームを見せられるようになり、そこで初めてオナニーをさせられたそうです。初めての絶頂に震える彼女の小さな手をとってお兄さんは屹立した自分のものをしごかせだそうです。優しい兄の股間に生えた禍々しいものが、彼女の小さな手の中でビクビクと跳ね、生臭い匂いのする汚い体液を吐き出すのを見たときには、恐怖で腰が抜けたと言っていました。保健体育で知ってはいましたが、男の激しい性欲を目の当たりにするのは予想以上にショックだったのです。ましてや身近な兄に男を感じることになるとは。

これをお兄さんは相互オナニーといい、彼女に様々な性的な遊びを要求しました。プリ○○アのコスプレをした状態でクンニをされてイカされたり、兄の見ている前で自分からオナニーさせられたりしたそうです。未熟な性を毎日のように兄み開発された彼女。お店の切り盛りで帰りが遅くなる両親の目を盗んで、こうした行為を半年近く、続けられたそうです。2人の間には1つ約束がありました。相互オナニーなのだから、キスはしない、セックスはしない、と言う約束です。

しかし、こうした兄と妹の関係が一線を超える日がきました。

それは彼女の中学2年の夏、部屋のベッドの中で泣いている兄を励まそうと近寄った所をベットにひきづりこまれました。瞬く間にショートパンツとTシャツを脱がされ、兄の唇が男を知らない彼女の唇を奪いました。彼女の小さな抵抗の声もむなしく

唇を吸われ、舌を絡められ、ブラもパンティーもはぎとられて、裸にむかれて抱かれました。彼女の細い体に、自堕落な生活ですっかり脂肪を蓄えた兄の巨漢がのしかかります。膨らみきっていない乳房を強く吸われ、足を押し開かれおまんこを舐められて、悲しいことに半年間開発された彼女の体は反応してしまったそうです。兄は狂気を孕んだ目でいいました。

女はみんなそうだ、薄汚い売春婦だ、誰でもいいんだよな!ひま!お前もそうだろ!

大学でお兄さんを裏切った彼女と友人を 思い出したのでしょう。

ひまわりの目から涙が溢れます。大好きなお兄ちゃんのために尽くしてきた彼女、お兄ちゃんが元気になるならとエッチなイタズラにも耐えてきた彼女、兄会の密かな愛情、ひまわりの秘めた心の花は、他ならぬは兄の手でぐちゃぐちゃに踏みつけられました。

そんな彼女の涙に気づきもしないで、兄は彼女のすらりとした足を押し開き、細い腰腰を逃げられないように強く押さえつけて、ためらうことなくペニスを挿入しました。

ひま、お前もどうせ誰かにやらせるんだろう、俺でもいいよな、○学生のくせに自分から体開いてくるようないやらしい女だもんなお前、ひま、お兄ちゃんはお前を見損ったよ!お兄ちゃんにいたずらして欲しくて近づいてきたんだろう。なんとかいえよ! ひま!ひまちゃんの頰を兄の手がたたきます。

ひまわりのまだ男を知らない谷間に男の欲望が容赦なく侵入し、彼女の純潔の証を切り裂きました。痛いよーお兄ちゃん、やめてぇ、お兄ちゃん!彼女の悲痛な叫びが兄に届く事はありませんでした。獣のような目をしてひたすらペニスを幼い性器に打ち込む兄、兄の巨体に組み敷かれて人形のように犯されるひまわり。

ひまわりはうつろな目で兄の陵辱を受けつづけました。兄は彼女の幼い体の上で意地汚く腰を振り、大量の精液をまだ未熟な彼女の子宮の中にどくどくと吐き出しました。子宮の中に流し込まれる熱い液体の感触に彼女の目から一筋の涙が流れました。

お兄さんはその日、彼女の口にも射精し、最後は犬のように四つん這いにさせてもう一度子宮の中に精液を吐き出しだそうです。ひまー!ひまは俺のものだ、お前だけは俺の、俺のーーーー!ひまーーー!子宮の入り口を激しく兄の肉棒でノックされ、ふたたび兄の精液が彼女の中に射精されました。兄はそのまま彼女の上に倒れ込みました。種付けをする雄の獣のように、、、。

ひまわりちゃんと繋がったままで兄さんは長いこと号泣していたといいます。

翌日、もう自暴自棄になっていたのでしょう、兄はひまわりちゃんとの件を両親に告白、両親との間は険悪となり、お兄さんは当座の生活費を渡されて家を追い出されました。結果、ひまわり本人のとりなしもあり、東北にある遠縁の親戚の経営する会社に就職することになりました。

私はひまわりちゃんに聞きました。お兄ちゃんのこと恨んでる?

ひまわりは答えました。

あの日、私はあの時、ーたった一言でいいから

ひま、お兄ちゃんはひまが欲しいんだ!とか、ひまのこと愛してるって

言ってくれていたらひまはお兄ちゃんのものになってもよかったんだよ!

その一言がなかっただけでなんでこんな悲しいことになっちゃうんだろう。

普段あまり感情を表に表さない彼女の目から大粒の涙があふれ嗚咽が漏れました。

お兄ちゃん、会いたいよ、ひま、お兄ちゃんに会いたいよ、

ひまちゃんはまやの胸に顔を埋めて泣きました。

この日の出来事は、彼女と私の間をより近いものにしました。と同時に私は心の奥で直感的に感じていました。この子の心にはまだお兄ちゃんが住んでいる。それは兄としてではなく愛しい1人の男性として。摩耶は彼女の寂しさを紛らわすだけの存在かもしれない。あやふやな2人の関係それでもいいなぁと思いました。女同士の関係と言うものの不安、また摩耶みたいな子にもいつか王子様が来てくれると言う期待、そんなものがあったのかもしれません。彼女とは高校は別になりましたが、コスプレ友達として、今でもたまに合っています。お兄さんも両親の許しを得て今では東京に戻ってきているそうです。

多分お兄さんもひまちゃんのことが大好きだったのだと思います。だめな自分が許せなかった、もう、めちゃくちゃに壊したかった。だから1番大事にしていたひまちゃんにあんなことをしたのだと思います。そしてひまちゃんもお兄さんが大好きだったのだと思います。だって、お兄さんの部屋に何度も足を運んで、お兄さんの持ち物を探して、お兄さんのことを思い出していたのでしょうから、、。男の子ではなく女の子の私に手を出したのは多分、自分の愛する男の人がお兄さん1人と決めていたからではないでしょうか。

心優しい2人が今は幸せに暮らしていることを祈ります。最近知ったのですが、

ひまわりの花言葉は あなただけを見てる。だそうですね

ひまわりと言う名前は一途なあの子にぴったりの名前だったかもしれません。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]