エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読めます)

まじめな彼女が飲み会の後 見知らぬ男達にお持ち帰りされて…

2019-01-13 11:42:27

この話のシリーズ一覧

1:まじめな彼女が飲み会の後 見知らぬ男達にお持ち帰りされて…(今見てる話
2:ヤリチンに狙われた 真面目な彼女がついに…(続き)

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

今の彼女とは大学の入学時から付き合って現在で3年目となる

名前は里織といって女優の桜田ひよ○に似た ちょっと清楚で大人しそうなタイプ

最近は俺も向こうも就活でいそがしく会う事も少なかったがある時 大学の友人から

「お前の彼女 先週男と3対3で合コンみたいなことしてたけど 大丈夫なのか?」

と聞いてきた

里織に限ってそんなことするわけが無いと思ったが先週確かに友達と久しぶりに会うと言ってたし 普通夜に帰ってくる時は 「ただいま」のラインが入るのだがその夜は無かったので少し気にはなっていた

でその話を聞いた数日後、里織にあった時 思い切って尋ねてみた

こちらとしては 人違い や 授業の仲間達と合流した などの答えを期待していたが 彼女は話を聞くや否やうつむいて黙り しばらくして

「…ごめんなさい…」という最悪の答えが返ってきた

何がどう ごめなさいなのか

絶対 責めないし怒らないという条件のもと里織に恐る恐る その時の話を聞いてみた

その夜確かに友人2人と居酒屋で会い 就活の情報交換やらをして飲んでいたらしいんだがそこへ 知らない男3人が彼女らの話を聞いて近づいてきたという

里織は少し戸惑ったがその3人は1つ上ですでに大手に内定も貰っており しかもイケメン

で彼女の友達2人が食いついて一緒に飲み始めたという

最初は参考になるアドバイスなどしてくれていたが途中からは下ネタやボディタッチなどが増え里織以外の者はかなりテンションが上がって飲んでいたという

すると男達が「自分達は一軒家をシェアしてて 広いからウチで飲み直そう」と自宅に誘ってきたらしい

当然里織はここで帰るといったが 女友達も 「とりあえず一杯だけでも飲んでいきなよ」と強引に引き止め彼女も 強く言われると断れないタイプだから 本当にすぐ帰るつもりで男の家へ行ってしまったとのこと

するとやはり直ぐには帰れず次第に1対1に分かれて そんな空気になっていき女友達2人は露骨にキスなどをし始めそれぞれ部屋へ消えていったという

残された里織と男(Aとする)は自分達もと肩に手を回され近づかれたが彼女は「自分には彼氏がいるから」と拒否はしたものの 離しては貰えず どんどん押し倒され危機を感じたという

それでも抵抗し続けているとAは「わかった、じゃあ 一緒にお風呂に入ろう。体を洗ってくれたら もうそれで我慢する」と妥協を示してきた

「まさか…里織はOKしたの?」と聞くと

「このままじゃ 力づくで されちゃうと思って… すごく恥ずかしかったけど……ごめんなさい…」と その男と風呂へ入ることを同意したという

行為としては里織はタオルを巻いていて Aは当然全裸

そして言われるままボディーソープで体を洗わされた

里織はそれをやり終えて許してもらって帰ったと俺に説明した

でも男の俺からしてもそれで終わるとは到底思えず「正直に全部言って。里織の悩みやくるしみは俺も一緒に共有するから」などと説得しそのあとのことを聞き出した

もうなんかこの時は 俺自身 変な興奮に目覚めちゃってたんだと今になると思う

すると里織はしばら無言でうつむいていたけど「…男の人が…その…出さないともう おさまらないって言って、手で…擦るように言われたの」

「手で出してあげたのか?」

「ううん…それでも全然出なくて次に口でするように言われた…」

里織は俺が初めての男で付き合ってからも1年くらいは手を繋ぐ程度の関係でHもようやく最近するようになったほどだから口でなんて未経験のはずだった

「で…したの?」

「…とにかく早く終わりたかったから…

でもやっぱり全然ダメで…」

「何分くらい 咥えた?」

「多分 10分くらい…かな」

10分も知らない男のチンコを里織の口に…

そう思うと怒りと同時に胸に込み上げる謎のドキドキ感が襲ってきた

「そのあとは?」

「…やっぱり どうしてもしたいって言ってきてお風呂場で押し倒され、上に覆い被さられて…私もすごく抵抗して足を必死で閉じてたんだけど…」

「まさか…そこでヤラれたのか!?」

「ううん…入れられそうになったけどずっと抵抗してたの…そしたらむこうが お尻の穴に入れさせてって 言って…。私もビックリして黙っちゃってたら男の人がボディソープを自分のアソコと私の…お尻に塗ってきて…」

「そ…それで?」

「もちろん イヤだったけど、ゴムも無いしアソコに入れられるよりかは ましかなって少し迷ったところに押し込んできて…」

まじめで 大人しい里織がアナルセックスをさせらたのか!?

俺は興奮と嫉妬で苦しくなった

「入れられたのか…?」

「うん…ごめんね…。すごく苦しく痛かったけど 向こうは必死で腰を動かしてて…。とにかく出してくれたら終わるんだって思って 必死で我慢したの…」

ここで気になるのはフィニッシュだ…

俺は恐る恐る里織に尋ねてみた

「それで…最後はどうなったの?」

「……ずっと後ろから羽交い締めみたいに抱きつかれたまま …五分くらい腰を動かされてて…

それでもまだ アソコに入れたい、みたいなこと言ってたから、もしいま抜かれてアソコに入れて中に出されたらって思うとすごく怖くなって…」

確かに生のままだしいつマ○コに入れられ中出しされるかわからない状態だ

里織の心配もわかる…

「じゃあ…最後は…」

「うん…このまま中に出していいから… 抜かないでって……私から言ったの…」

「男は…出したのか?里織の中に…?」

「うん…」

「どれくらい?」

「?…どれくらいって?」

「たくさん出されたのか?」

「…よくわかんないけど、ずっと…お腹の中でびくびく動いてたから…多分たくさん出てたと思う…」

俺の知らないところで里織の腹の中に見知らぬ男の精液を注がれていたのか

「それで抜いて終わったんだろ?」

さすがにそれで終わったと思い聞いてみると

「そのあと …体を洗ってる時に男の人のアレがまだずっと大っきいままで…その人が最後に口でしてくれっていうから…」

里織はもうこれで終われると思い口に含んだという

「そしたら さっき口でした時は 出なかったのに今度は 1分もしないうちに出てきて…」

「口の中に出されたのか?」

「うん…もちろんすぐに吐き出したけど…その…2回目なのに物凄い量で…じゃあ1回目にお尻に出されたのはもっといっぱいだったのかと思ったら気持ち悪くなった…」

と里織もひどく落ち込んでるようなのでそれ以上は聞かなかった

自分の大切な彼女がそのへんの男の性処理に使われたと思うと、とてつもなく腹立たしいが一方で変な興奮も感じる次第だった

俺が初めに聞いたのはここまでだったがこのあと やはりヤリ損ねたと感じたAが再び里織に近づいてきた話は ツライけどまたの機会に書きます…

-終わり-

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]