エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 1 分で読めます)

気づけば親戚のおばさんが性の対象に

2019-01-13 20:33:44

この話のシリーズ一覧

1:気づけば親戚のおばさんが性の対象に(今見てる話
2:親戚のおばさんの下着でオナニー3:女性の下着を使ったオナニーに目覚めた俺は、遂に母の下着に手を出した

この話のカテゴリ

本文(1/1)

山形県/カカオさん(20代)からの投稿

小6の時の話。ウチの家はいわゆる本家でお盆の時期は墓参りのために色んな親戚が我が家を訪れていた。

その日は県外に住む恵子おばさん一家が泊りがけでやって来ていた。

夕飯後、翌日は部活の朝練が控えていた俺はすぐに入浴し部屋で少しくつろいだ後、歯を磨いて早く寝ようと洗面所に向かった。

何も考えずに洗面所の引き戸を開けた所、そこには今まさに浴室に入ろうとしていた恵子おばさんがいた。

俺は「あっごめんなさい!」と謝るとおばさんは「あぁ○○君ね~ビックリした~どうしたの?」といつもの調子で返事を返してきた。

当然一糸まとわぬ姿のおばさんだったが、俺の事をまだまだ子供だと思っていたのか、特に身体を隠す事も無く俺と向き合って話していた。

少しドギマギしながら「ちょっと歯を磨きに……」と言うと「そうなの?じゃあほら、どうぞ~」と言いながら浴室へ入り洗面所のスペースを空けた。

その後、俺はいつも通りに歯を磨き部屋に戻り、布団に入ったが、俺の頭の中は先程見たおばさんの裸でいっぱいだった。

おばさんは母と同年代だったはずだが、痩せ型で胸も小さい母と比べておばさんはいわゆるムッチリ体型で胸も大きかった。

既にオナニーは覚えていたが、その頃のオカズといえば同じクラスの女の子だった俺にとって、女性として十分に成熟したおばさんの身体は俺の中の本能?のようなものを激しく刺激した。

気づくと今までで一番と言っていいほどガチガチに勃起していたチンコを寝転んだままシゴくと、ものの数十秒で射精してしまった。

射精が終わった頃には今までただの大勢いる親戚の一人でしかなかったおばさんが性欲の対象に変わっていた。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]