エチケン

体験談メニュー

タイトル

プチ円女の処女C3を追い込んで犯した話。

2019-01-05 03:01:02

この話のカテゴリ

本文(1/1)

東京都/処女キラーさん(30代)からの投稿

円現場を動画で抑えてそれをネタにタダマン出来ないかと思い、夏休みで学生が多くなる時に実行した。

円待ち合わせスポットで有名なとこで何日か張り込みしたがなかなかうまくいかず…。

若い子とオッサンが待ち合わせしてホテル街に歩いて行くところ撮れるもスマホだと小さくて判別出来ず。

やっぱ無理かなと諦めようとしたが、最後にビデオカメラをカモフラージュしてトライした。

その日は朝から張り込み。

1時間程すると若い子が一人スマホ弄りながら誰かを待っている様子。

その子の近くに寄り、確認するとめちゃくちゃ可愛くて、かなり若い子だった。でも胸は結構なボリュームでキャミソールから覗く谷間がエロかった。この子が円待ちであることを願いつつしばらく待っていると、オッサンが寄ってきた。心臓がバクバクした。

オッサンが少女に「ゆりちゃん?」と聞くと「あ、はい、ひとしさんですか?」と答えるのを確認。

ビデオもしっかり動作してる。

「写メより全然可愛いね、ほんとに大丈夫?、挿れるのなしでキスフェラで2でいい?」と周り気にせずしゃべり出すオッサン。

ゆりは戸惑いながらも小声で「はい、それ以上は絶対なしで、30分ですよね?」と返答。「大丈夫、処女さんだしね。」と被せるオッサン。

二人はその場で少し会話すると歩き出した。ちなみにその会話でゆりはC3と判明。直ぐに尾行を開始した。

プチならホテルじゃなくてネカフェとかもあるので心の中でホテル行けと願いながらつけた。

しばらく歩くとホテル街に突入。

ホテルに入いる雰囲気を感じたんで二人を追い抜く感じで正面からカメラを向けてホテルに入る現場を抑えた。

二人がホテルに入ってからすぐさま動画確認すると見事に撮れてる。

しかもうっすらだが円条件の会話も入ってる。

後はその場で出てくるのを待った。今頃あの子がオッサンのちんぽしゃぶってるのかと思うとそれだけで勃起した。

40分ぐらいすると二人が出てきた。目が合って少し不審に思われたが気にせず少し離れて二人をつけた。

オッサンと別れるのを確認するとゆりに直ぐに声をかけた。

「すいません、さっきオッサンとホテルから出てくるの見たんですが円だよね?」

ゆりは明らかに動揺するも「違います。」と無視して歩きだしそうになったんで「待ち合わせしてホテル入るとこも見たし、動画も撮ったよ」と追い込むと「え?どういう事ですか?嘘言わないで下さい。」と少し震えた感じで答えてきた。

ゆりに動画確認させるために少し人混み離れてビデオ見せた。

完全に震えながらも気丈に「何がしたいんですか?」と睨んできた。

「オッサンと同じ事僕にもして。じゃないとSNSで拡散するよ。」みたいにさらに追い込んだ。この間の交渉は結構長かったが最終的にキスフェラ、クンニ(指NG)で成立。まぁそんなの関係なく犯すつもりだったが笑

ホテルに入ると荷物チェック。連絡しないようにスマホは取り上げ。制服持ってたんで着るように指示。

ゆりがシャワー浴びてる間に行為を盗撮しようとビデオをセット。

シャワー終えて制服着て出てくる姿に俺のテンションはMAX。

ゆりをベットに抱き寄せてべろちゅー。大量の涎をゆりの口に流し込むと、明らかに嫌そうな顔して背けて抵抗。

唇の周りをベロベロと舐めまくったりしてると小声で「気持ち悪い」と一言。

その反応に逆にゾクゾク。

そのままパンツづりおろし割れ目をはぁはぁ言いながら舐めまわし「処女まんこはやっぱ美味しいよ。舐められるのも初めて?」と聞くも「気持ち悪い」

の一言。そんな状況でも身体は反応するようで、まんこから少し塩ぽい味がしだした。

仁王立ちになりビンビンに勃起したちんぽをしゃぶらせた。

この日のためにオナ禁を3週間程してたのもあるが、ゆりのフェラは処女と思えないほどの気持ち良さだった。

ゆりのあたまを抑えイラマもした。喉奥にちんぽ突き立てるとゆりはむせ返り涎を垂らしながらはぁはぁ言っていた。

何度もイラマするとゆりは「もう出来ません、苦しい、嫌です」と抵抗しだした。「じゃあクンニだな」と言うと「もうやめて欲しいです、正直気持ち悪いです」とはっきり拒否。

「逝かせるまでの約束だよね?破るのかよ」と少し凄んだがゆりは俯いて無言。そろそろ頃合いかなと思い、バックから持参してた手錠を出してゆりを拘束。「何するんですか!やめて下さい!」と抵抗するも少女の力はひ弱であっさり拘束完了。

そのまま正常位の体勢でちんぽを割れ目に押し当てて「処女貫通してあげるね」と言うとゆりはこれまでにないほどの力で抵抗しだした。

ゆりの頬をおもいっきりビンタして「お前が約束守らねーから犯すんだよ」と凄むと「いやーやめて、お願い、フェラしますから」と叫びだした。

「もっとお願いしろよ」と罵倒するとゆりは吹っ切れた様子で「おじさんのおちんちん舐めさせて下さい!」と連呼。「ちんぽ好きなのか?」と聞くと「はい、好きです、舐めたいです!」と懇願。

「じゃあ挿れてやるよ!」と一言いって一気に生ちんぽ挿入した。

「うぅぐぐ、痛いーーー、いたっ」とゆりが叫んだ。

処女まんこはマジできつかった。「痛いやめて」と叫ぶゆりを無視して一心不乱にピストンし続けた。

「ゆりの処女まんこに生挿入は最高に気持ちいな」「めちゃくちゃ締まるぞ」と言葉責めすると「痛い抜いて」と叫び続けるゆり。

制服のブラウスのボタンを外しブラをずらすと綺麗な乳首とボリュームのあるおっぱい。おっぱいしゃぶりながら犯しつづけると射精感が襲ってきた。

「逝きそうだから中に出してやるな」と囁くとゆりは「いや中はやめて下さい、ほんとお願いします」と泣き出した。

「外にお願いします!」と懇願。

「中にするわ、処女に中だししてみたいし」と拒否。

「いやーーーーーやめてーー」と言うゆりの叫びを無視して溜まった精子をまんこの中に一気に放出。ビクビクって聞こえるぐらい大量に出た。

ゆりは「あー、や、ぃや、や」と号泣。

精子出し切ってちんぽ引き抜くと、ゆりのまんこからは血と混じった俺の精子が垂れてた。

「処女貫通で中だしされるとこ記念に撮ってあげたからね」と言いながら隠してあったビデオを見せると「え、え」と言いながら状況を理解し更に号泣し、嗚咽状態。

ゆりのスマホを指紋で解除させ本名、学校名、友達とか色々調べた。

変な気を起こさないように。

まだ俺の性欲はおさまらない。「俺が飽きるまで犯してやるわ」と耳元で囁くとゆりは完全に諦めたのか無反応。

そこからは休憩しながら夜まで犯した。

2発目は顔にぶっかけたが、さっき射精したとは思えないほどの量が出て自分でもビビった。

後半はゆりは放心状態で無抵抗。バック、騎乗位と色々な形でゆりの身体を堪能した。

たまに「あ、あ」と反応はしたが心ここにあらずといった感じ。

トイレもいかせず犯しつづけたんでゆりは途中でおもらしもした。

あの時ほど欲望のままに犯しつづけた事はなかった。

今でもその時の動画見てオナニーするのが堪らない。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ