【現在22,366話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 18 分で読了)

1人旅で知り合った男性と肉体関係に陥った挙句にマサシさんの秘密を知り別れる事になった(1/2ページ目)

投稿:2018-12-24 23:28:34

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文(1/2ページ目)

AYA(千葉県/30代)
最初の話

【評価高め】公園で子供たちと遊んでいたら、障がい者らしき中年男性がチラチラこちらを見ていた

私(綾香)は夫と子供(3歳)の3人で町営住宅に暮らす31歳の専業主婦です。先日、学生時代の友人が子供を連れ遊びに来たので、一緒に近所にある自然公園に遊びに行く事にしました。私の住む田舎町には町営の大きな自然公園があり、山を利用した遊歩道や子供達が遊ぶ遊具が多く設置され、一日中楽しめる…

前回の話

マサシさんとの同棲生活が始まりマンネリと化した性行為も日が経つにつれマサシさんの異常な性癖が現れ始めました。

夜間の野外露出や公園の小川で子供達が見つめる前での性行為…そんな異常な行為に興奮を覚えたマサシさんは、性行為中に

公園に連れて行こうとしたり、寝室のカーテンを開け公園から見える様な状況で性行為を求めて来る様になったんです。

そんな時、マサシさんのお父さんに友人の息子(タカシ君)の面倒を見て欲しいと頼まれ、私はタカシ君と1日一緒に過ごす事に

なったんですが、人見知りで癇癪を起すと手におえないタカシ君に手を妬いていた私は彼の求めを全て受け入れる約束をしてしました。

性欲大盛なタカシ君にマサシさんのバックを見つけられ大人の玩具を手に私はタカシ君の性処理玩具と化したんです。

そしてマサシさんのお父さんに連れられて来たタカシ君の友人2人と共に、公園の展望台で淫らな行為を繰返す事に…。

息子(マサシさん)の幸せを考える親であるお父さんが、何故息子以外の障○者の面倒(性処理)をお願いするのか?疑問を感じると共に

新たな刺激に快感を感じる自分が怖く感じていたんです。

タカシ君の面倒を見た日から、マサシさんは実家で過ごす時間が増え私は1人淋しい夜を過ごす事が多くなっていました。

マサシさんに聞いても ”お・お母さんが・い・家で御飯食べたらって…” と言うものの正直なマサシさんは何かを隠している感じがしたんです。

そんな私達の様子を見ていたお父さんが近づいて来て、マサシさんとの間に入って来ました。

 「綾香さん、マサシが実家で食事をするのは、当たり前じゃないか!」

 「そうですけど…毎日私の所で過ごしていたのに急に来なくなったから」

 「まぁ、マサシも家が恋しくなったんだろう!それともマサシが居ないと綾香さん、何か困るのかい?」

 「そんな事は…ただ…」

その後、お父さんの目もありマサシさんに色々と聞く事も出来ないまま、帰りの車で話をしようと考えていたんですが、夕方お父さんはマサシさんを

連れ車で出て行ってしまい、店を閉めると1人で帰宅する事になったんです。

自宅に戻った私は1人夕食の準備を始め、静まりかえる室内で淋しく夕食を食べながらマサシさんの存在の大きさに気づかされたんです。

洗い物を済ませ居間のソファーでTVを見ながら過ごす私は、いつも隣で身体に触れて来るマサシさんを思い出し火照る身体と陰部の疼きに

1人オナニーに深けていました。

以前ならオナニーで満足を得ていた私でしたが、毎夜マサシさんの肉棒と玩具に責められた身体は自らの指先で満足を得る事など出来る筈も無く

欲求不満に陥っていたんです。

”明日はマサシさんは来てくれる…” そんな思いとは裏腹に出社して来たのはお父さん1人でした。

 「お父さん…マサシさんは…」

 「今日は体調が悪いと言うから、休ませたんだ」

 「大丈夫なんですか…風邪でも引いたんじゃ」

 「心配する程じゃないよ…さぁ仕事を始めようか」

平日と言う事もあり、不動産屋を訪れる客の姿は少なく事務所奥でマサシさんのお父さんにお茶を出し暇な時間を過ごしていました。

 「綾香さんと2人で仕事をするのも久しぶりだなぁ」

 「そ・そうですね」

マサシさんのお父さんから放たれる厭らしい視線に気づいた私は、場を誤魔化す様に物件整理を始め机と棚の行き来を始めながらも

お父さんの視線に身体の火照りと疼きを感じていたんです。

 「綾香さん…マサシとご無沙汰で淋しいんじゃ…」

 「お父さん何を言ってるんですか…そんな訳ないわ」

 「そうかぁ…欲求不満って顔に見えたから…綾香さんに失礼な事を…」

 「良いんです…気にしないで下さい」

ニヤニヤと笑みを浮かべ私に視線を送るお父さんは、マサシさんに毎夜抱かれていた事を知っていて、急にマサシさんが来なくなった事で

私が欲求不満に陥り、火照りと疼きに襲われている事を読み取っている様でした。

翌日も翌々日もマサシさんは体調不良を理由に店に現れる事はなく、私は狭い事務所でお父さんの厭らしい視線を浴び、疼く身体は欲求不満に

毎夜オナニーに深ける日々を過ごしていたんです。

週末の夜、夕食と入浴を済ませた私はマサシさんの事が気になり、暗い公園の細道を歩きマサシさんの自宅に向かいました。

居間の明りが見え玄関からお邪魔しようと思った矢先、聞き覚えの無い女性の声が聞え、私は咄嗟に居間のカーテンの隙間から部屋の中を

覗いて見る事にしたんです。

コタツを囲んで両親とマサシさんの姿を確認すると同時に、マサシさんの隣には見た事がない中年女性が座っていました。

”えっ…誰?” 激しい動揺に身体が小刻みに震え、頭の中で必死に ”彼女は勧誘か営業で来ているんだわ” と自分に言い聞かせていたんです。

しかし、両親と彼女の会話は営業や勧誘と言った内容ではなく日常会話で盛り上がっていて、マサシさんも彼女の身体に寄り添い深い関係に

ある事は明確でした。

裏切りや怒りと言った感情はなく1人きりになった孤独感に涙が溢れ、覚束ない足取りで公園へと向かうと休憩所の椅子に座り、マサシさんとの

出会いを思い出していたんです。

 『マサシさんと会って3年かぁ…色々あったなぁ…彼の厭らしい目付きにうぶな私は感じちゃって…』

 『マサシさんだけのつもりだったのに…彼の友人・夫の友人・マサシさんのお父さんや見知らぬ男性達…何人に抱かれたんだろう』

 『その結果、離婚…夫に女が出来ても文句の一つも言える立場じゃないわね…』

 『ハァ~、また1人になっちゃった…』

 『アァ~、こんな状況なのに…身体が…アソコが疼いてしまう私って…』

 『マサシさんが悪いのよ…私の身体をこんなにしてしまって…』

マサシさんとの性行為を思い出す内に陰部の疼きは激しさを増し、自らの指を這わせると厭らしい汁で下着に染みが出来ていました。

公園の椅子でM字開脚に陰部を露わにする私は、自宅では味わう事の出来ない興奮に酔い知れ愛汁は椅子を汚す程、溢れていたんです。

 『ハァ~こんな場所で、陰部を曝け出すなんて…誰かが来たら、全て見られてしまうわ…』

 『マサシさんが悪いのよ…私を放って置いて、他に女を作るなんて…』

 『もうどうなっても良いわ…誰でも構わないわ…私の身体を好きに使って下さい…何でも受け入れます…』

興奮高める私は冷静な判断を失い、今いる状況に酔い知れ火照りと疼きを感じる身体を慰めるしかなかったんです。

1人オナニーでこんなに興奮した事はなく、私は深みへと落ちて行きました。

翌日もマサシさんは店に顔を出す事はなく、私は事務所でお父さんに昨夜の事を問い詰めました。

一瞬困惑な表情を浮かべたマサシさんのお父さんでしたが、開き直った様子で ”綾香さんが見たとおりだ” と言い営業先に出て行ったんです。

内心 ”あれは違うんだ” 私が勘違いしていただけだと思いたかったんですが、お父さんの言葉に全てが本当で全てを忘れる時間が欲しいと思い

マサシさんのお父さんが戻ると、暫く休みを貰う事にしました。

 「綾香さん!休みは良いが、休んでどうする?」

 「1人旅で気持ちの整理をします」

 「1人旅って言っても、今から予約を取れる宿は無いだろう」

 「そうですが…」

 「俺が知っている温泉宿なら…今からでも大丈夫だろう!」

 「でも…」

 「小さな温泉宿だけど、良い所だから、きっと綾香さんも気に入ってくれると思うよ」

 「それなら…」

急な思い付きで1人旅と言ったものの宿の予約など取れる確信もなく、宛もなかった私はお父さんの言葉に救われたんです。

直ぐに電話を掛けてくれたお父さんのお蔭で、車で45分の山間の温泉宿に予約を取る事が出来ました。

 「お父さんすいません、会社を休むだけでも迷惑なのに、宿まで準備して頂いて…」

 「謝るのはこっちだから…マサシの事で悩ませて…」

 「本当の事を教えて貰えないんですか?」

 「そうだな!1人旅から戻ったら全て話そう…温泉でゆっくりして来ると良い」

翌日、私は会社を休んでお父さんに教えて貰った温泉宿へと車を走らせました。

昭和を感じる寂れた温泉郷で、予約を入れた宿は県道から少し川沿いに降りた木造3階建ての古びた宿で、部屋の真下には川が流れていたんです。

車を停めフロントに向かうと初老男性が出迎えてくれたんですが、平日と言う事もあり他の客の姿もなく静まり返っていました。

 「予約をしていた藤岡(私の旧姓)です」

 「○○さん(マサシさんのお父さん)から電話を貰っていたよ…遠い所、疲れたでしょう」

 「いいえ…自然に囲まれた良い所ですね」

 「○○さんにはいつもお世話になっているんですよ」

 「そうなんですか?」

 「団体客(障○者)を連れて何度も使ってくれたり、不動産関係の仕事でも何度も来ていただいて…」

 「そうでしたか…」

 「今日も○○さんの知り合いが泊まる予定なんですよ」

何だか気になりながらも私は3階の角部屋に案内され、夕食までの時間をゆっくりと過ごす事にしました。

浴衣に着替え館内を散策しながら地下1階の露天風呂に向かった私は、硫黄の匂いが漂う温泉で疲れた身体を休ませていたんです。

 『1人旅かぁ…考えてみれば初めての経験だわ』

 『それにしても従業員の姿も見えなかったけど…人件費削減?経営不振って感じだし…』

温泉に浸かり疲れた身体を癒していると脱衣場の方から物音が聞こえ、他の女性客が入って来たんだと思っていました。

やがて湯煙の中、露天風呂に入って来たのは30前後の小太りな男性で、私は湯船の中に身を沈め胸を手で覆い隠したんです。

 「ちょ・ちょっと何なんですか!」

 「お・お風呂に…」

 「こっちは女風呂ですよ…大声出しますよ」

 「うぅぅぅぅ…お・怒らないで…ぼ・僕分からなくて…」

 「えっ…」

見覚えのある口調と仕草…彼はマサシさんと同じ障○者だと直感し、私は声を荒げた事を謝りました。

 「大きな声を出して御免なさい…驚かせてしまったわね」

 「うぅぅぅぅん…ま・間違えた・ぼ・僕が悪いから…」

 「1人で来たの?連れの人は?」

 「さ・先に入ってろって言われたから…ひ・ひとり…」

 「そうなんだ!」

私の声が優しくなった事に安心したのか?彼の表情も幾分柔らかくなると同時に目を合わせてくれる様になり、やがて彼の視線は

湯の中に透けて見える私の裸体へと向けられている様に感じました。

”やだわ…彼、何処見てるのかしら” そんな事を考えながらも茫然と立ち尽す彼の裸体が目に飛び込んで来て、思わず彼の下腹部に

目を移すと皮を被った肉棒がムクムクと大きくなり始めたんです。

”私の裸を見て興奮しているの?彼もマサシさん達と同じで女性の裸に興味を持っているんだわ” 私の裸体を夢中で見つめる彼の視線は

益々厭らしさを増し、駄目だと思いながらも彼の視線に私の身体は火照りと疼きを覚え興奮を高めてしまったんです。

欲求不満に陥っていた私は茫然と立ち尽す彼の前で、胸から手を離し足場の石に座り直すと半身浴状態で生乳を露わにさせました。

女性の胸を初めて見ると言わんばかりに彼の目は大きく見開き、胸に釘付けとなっていたんです。

 「そんなに見ないで…恥ずかしいじゃない…」

 「ご・ごめんなさい…」

 「謝らなくて良いのよ…おっぱい初めて見たの?」

 「うぅぅぅぅん」

 「そうなんだ!もっと見たいの?」

 「うぅぅぅぅん…み・見せてくれるの?」

 「誰にも言っちゃダメよ…約束出来る?」

 「うぅぅぅぅん」

マサシさんに裏切られた感情から自暴自棄になっていたのかも知れません。私は湯船から出ると彼の前で四つん這いになりお尻から

陰部まで彼の目の前で全てを露わにさせていました。

 「見たかったんでしょ!好きなだけ見て良いのよ」

 「うぅぅぅぅん…み・見て・い・いいの?」

 「ハァハァ…見るだけで満足なの?触ってもいいのよ…」

 「うぅぅぅぅん…ぬ・ヌルヌルしてるよ…ど・どうして?」

 「女性は気持ちいいとヌルヌルがいっぱい出るのよ…もっと気持ち良くして…」

 「うぅぅぅぅん…お・おチンチン…い・いたいよぉ…」

 「こんなに硬くなって…射精した事ある?」

 「しゃ・しゃせいって何?」

 「おチンチンから白い液出た事ないの?」

 「うぅぅぅぅ…あ・あるけど…だ・駄目だって」

 「我慢していたのね!可愛そうに…」

障○を持つ見知らぬ男性相手に私は自らの欲求不満を解消しようと考えてしまっていたんです。

冷静な判断を失った私は彼の肉棒に手を伸ばし掴んだ瞬間、脱衣場から彼を呼ぶ声が聞えました。

 「リョウスケ・リョウスケいるのか?」

 「お・お兄ちゃんだ…い・いるよ…」

 「お前!こっちは女湯だぞ…間違ったのか?」

入り口の扉が開くと浴衣姿の中年男性が入って来て、湯気が漂う中で立ち尽す彼を見つけると ”探したよ…女湯に入るなんて” と言いながら

湯船に浸かる私に気づいたんです。

 「あっ…すいません…直ぐに出て行きますから…」

慌てた様子で彼の手を取ると男性は直ぐに露天風呂から出て行きました。

 『私ったら…何考えているの?家族に見られる所だったわ』

 『彼…さっきの事、お兄さんに話さないわよね?』

顔の火照りを感じながら私は温泉から出ると着替えを済ませ、部屋に戻ると夕食の準備が終えるのを待つ事にしました。

1時間程が経つと部屋の電話が鳴り、食事の準備が出来たと連絡があったので、私は1階の広間へと向かったんです。

20畳程の広間には御膳が準備され、他のお客さんの物と思われる御膳も確認出来ました。

一足先に食事を始めると女将さんと思われる年配の女性が現れ、食事の説明をしながらお酌をしてくれ、世間話に盛り上がっていると

浴室で会った障○者の彼と一緒にお兄さんが現れたんです。

自らが招いた事とは言え、障○者の彼に陰部を曝した事を振り帰ると顔の火照りが湧き上がり、彼らを直視する事が出来い中、女将さんは

彼らの元に移動すると食事の説明を始めていました。

食事を早く済ませ部屋に戻ろうと思っていると、向かいに座るお兄さんに声を掛けられたんです。

 「先程は、本当にすいませんでした…弟が失礼な事をしませんでしたか?」

 「何もありません…気にしないで下さい」

 「それは良かった…弟は発育障害を持っていて見た目は大人なんですが、頭は小◯生と変わらないんです」

 「何となく察していました…大変ですね」

 「まぁ…色々と大変な事ばかりですよ…」

 「そうですよね!分かります」

 「あなたの身近にも居るんですか?」

 「えぇ~知り合いに…」

他人事とは思えない彼の苦労話を聞いている内に、気を利かせた女将さんが私の御膳を彼らの脇に移動してくれ、女将さんも一緒に

お酒を飲み始めたんです。

高齢出産で生まれた弟(リョウスケさん30歳)は、生まれて間もなく障○を持っている事を言われ、両親(70代後半)はリョウスケさんを育てるのに苦労した様で

休みを利用してお兄さん(良一さん41歳)が旅行に連れて来たと語っていました。

やがて食事を終えた私達は女将さんと別れ広間を出ると部屋に向かう為、階段へと向かったんです。

 「この後、何か予定でもありますか?もし良ければ、私達の部屋で少し飲みませんか?」

 「予定なんて…1人淋しくTVを見ながら寝るだけです…少しだけ飲もうかなぁ…」

良一さん達も私と同じ3階の部屋で、部屋に入ると冷蔵庫から焼酎と氷を取り出しグラスに注いでくれました。

ニコニコと笑みを浮かべ私に興味深々と言ったリョウスケさんは、ジュースを飲みながら厭らしい視線で私を見つめていたんです。

そんな弟の姿を見つめながら良一さんは ”リョウスケがいなければ…” と弟が原因で結婚前提で付き合っていた彼女と別れた事を話し

年老いた両親と弟の面倒を見る為に、自らが犠牲となっていると語り始めました。

 「こんな弟を見たら誰だって一緒に暮らそうと思わないよな…それに年老いた両親の面倒を見てくれる女性なんて…」

 「そんな事、無いわ…きっと良一さんの気持ちを分かってくれる人が現れるわ」

良一さんの苦労話に同情していた私は、彼に勧められる酒を口にいい感じに酔っていて、良一さんも随分酔っぱらった様子でした。

 「俺の話を親身に聞いてくれて嬉しいよ…綾香さんみたいな人が1人身だなんて信じられないよ…」

 「バツイチなんです…色々あってね」

 「色々ねぇ…浮気とか?綾香さん程の女性なら男に困る事も無いだろうしなぁ」

 「そんな事は…」

 「ハッキリ”違う”って言わない所を見ると、人に知られたくない秘密がありそうですね」

 「人に言えない秘密だなんて…な・無いわ」

 「そうですよね…綾香さんみたいな清楚な女性が隠れて障○者相手に裸を見せつける何て…」

 「えっ…見ていたんですか?…あれは…ち・違うのよ…」

 「綾香さん欲求不満なんだろう…リョウスケに見せた様に俺にも見せてくれよ…」

 「欲求不満だ何て…酷いわ…良一さん初めから、それが目的だったんですね」

 「違う…綾香さんゴメン…弟と両親の面倒で自分の時間が無くって…欲求不満が溜まっているのは俺何だ」

酔いと興奮に思わず口走ってしまったと言わんばかりに、良一さんは私に土下座をして謝ると俯き加減に落ち込んでしまったんです。

そんな良一さんの姿を目に私の母性本能が擽られたのは事実ですが、マサシさんに裏切られた私は淋しさから逃げる様に誰かに寄り添いたい・

誰かに頼りにされたいと思う私は彼の助けを…そう考えていました。

その隣で良一さんの心境など知る由も無いリョウスケさんはニコニコと笑みを浮かべ、私の身体に厭らしい視線を送っていたんです。

 「良一さん…落ち込まないで…」

 「落ち込むなって言われても…何を希望に生きて行けばいいんだよ」

 「そんな悲しい目で見ないで…私、どうしたらいいの?」

 「少しだけ…見せて欲しい」

 「見たら元気になるの?落ち込まない?」

 「綾香さん…すまない、またこんなお願いを…」

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(12件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。