エチケン

体験談メニュー

タイトル

驚きの展開への準備段階

2018-12-11 16:07:43

この話のシリーズ一覧

1:隣の席の学年一の美少女とやった2:彼女は学年一の美少女かつ性欲過多の女子
3:驚きの展開への準備段階(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

ある日、あかねが、放課後学校に残れるか?と聞いてきた。

そういう時は大概あかねとセックスするので珍しかった。

まぁ特に用事があるわけでもなかったので承諾した。

図書室で時間を潰し、誰も教室からいなくなった頃を見計らって、教室に戻る。

そこにはあかねと、ゆいかがいた。

ゆいかは学年三大美女の一人で、その中にはもちろんあかねも入っている。

背が高めだがそこまで胸があるわけでは無い。顔は可愛い系のあかねとは違ってクールな感じだ。

ゆいか「ねぇ、かずまってあかねとやったんでしょ?」

そうそうに聞いてくる。

「う、まぁ、したね」

あかね「ごめん、かずま、ゆいかに喋っちゃった」

「まぁいいけど、ゆいかの用事は何なんだ?」

ゆいか「あかねからね、その話聞いてからちょっとだけ私が広めちゃったの、しかもかずまのアレがおっきいってことも含めて。だから私たちとやってほしいの」

僕はエッ、っとなった。

正直やること自体は別にいい、というかゆいかとはやってみたかった。

ただこの場でいいと言ったらあかねがどうなるかは何となく想像できる。

そんな僕の思いを汲み取ったのか、

あかね「私のことは気にしないでいいよ。ていうか私に対する戒めにもなると思うからやっておいてもらいたいな」

そう言われた。そうなれば回答は一つ

「うん、じゃあいいよ」

ゆいか「やったあ!じゃあ今度の3時間授業の放課後に私の家来て」

「了解」

続く

すいません、時間的都合で本番の話はまた今度にさせてもらいます。何しろ長くなりそうなので。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]