エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 14 分で読了)

息子の誕生日に家族全員でお風呂にはいって発情してしまいました。(1/2ページ目)

2018-12-03 22:22:57

この話のカテゴリ

本文(1/2ページ目)

名無しさんの投稿

僕は今年38になるごく普通のサラリーマンです。

20歳のときに出来ちゃった結婚をしてなかなか生活は大変でしたが今は幸せな家庭を築けています。

家族構成は僕、嫁のアキ、息子のタク18歳、娘のマコ16歳の4人家族です。

アキ「楽しみね~タクの誕生日。タクももう18歳か」

キッチンで料理を作りながらしゃべっています。アキとは高校で知り合い、二年生の時の文化祭で一緒の劇をやりそこで仲良くなって付き合いました。

アキは見た目的には38歳にはみえず、20代後半にもみられることも。高校の時から可愛くて人気があり、噂のFカップも男子の眼を釘づけにしていました。

実際はGカップで、結婚して子供を産むとHカップに成長しました。

性的にも積極的で初体験はアキからのアプローチで、今でも週に二回はお誘いがあるほど。

ちなみに得意技は自慢のおっぱいをつかったパイズリで毎回隠語まじりで翻弄されています。

マコ「ねえ、私の誕生日も豪勢にしてよね」

アキ「はいはいわかってますよ」

マコはソファーに寝そべってテレビを見ながら言っています。

マコは学生時代のアキにそっくりでわが娘ながらアイドル顔負けなんじゃないかと思うほどです。

スタイルも抜群で特に巨大なおっぱいはちゃんと受け継がれています。

普段家ではTシャツにノーブラなのでかがむと谷間が丸見えなのです。

今もテーブルの上にあるリモコンをとろうとして谷間が見えてしまいました。

マコ「あ~、パパはまたみたでしょ~」

マコは手で隠していますがニコニコとしています。

アキ「あらら、パパはおばさんのおっぱいよりも女子◯生のおっぱいのほうがいいんだ。もう揉ませてあげない」

マコ「ママだめだって。パパすっごいおっぱい星人なんだから」

「お、おいあんまりいじめるなよ」

アキとマコはきゃはははと笑いながら見てきます。

マコはアキに似て性はおっぴろげで、中三のときに初体験を迎えたときはニコニコと報告してきました。

息子のタクは僕に似てすこし奥手な感じです。ラグビーをしているので体つきは筋肉質でがっちりしています。

今日はタクの18歳の誕生日で本人は嫌がっていますがアキが強引に誕生日会を開くことになりました。

タクが部活から帰って来て早速パーティーが始まりました。

タク「もう、本当にやんなくていいって言ったのに」

アキ「だめだめ。大事な息子の誕生日なんだからね。はいじゃあタクの18歳を祝いましてかんぱ~い」

僕・マコ「かんぱ~い」

タクも嫌々そうに乾杯をしていましたが、口元はすこし笑っていました。

アキが用意した料理は豪勢で家族4人仲良く団らんが続いていました。

アキ「パパ、ケーキ食べるからお皿運ぶの手伝って」

タク「え~、ケーキとか別にいいよ」

アキ「ケーキは儀式なの。無視しちゃだめだめ」

僕はアキについっていってキッチンに入りました。

お皿を棚からだしていると、アキが耳元に寄って来て。

アキ「ねえ、このあとお風呂入ろうよ」

アキからのお風呂のお誘いは頻繁にあり、お互い体を洗いながら一発抜いてもらうのが恒例になっていました。

しかし、一緒に入るのは子供たちが塾や部活で遅くなる日だけだったので不思議に思いました。

「無理だろ。二人いるんだし」

アキ「バカ、二人っきりじゃなくて。全員で入るの」

「全員?そりゃもっと無理だろ」

アキ「無理じゃなくて入るの。あなたも見たいでしょ?マコの成長したおっぱい」

「べ、べつに・・・」

アキ「この間一緒にスパ行ったけど、ちょっとビックリするくらいナイスバディーだったわ。あれじゃ男の子は放っておかないわよねえ」

思わず唾を飲みこんでしまいます。マコも言っていたように僕は極度のおっぱい星人なので気にならないと言えば大嘘になってしまいます。

アキ「私もタクの成長したチンコ見て見たいもん。小◯生のころが最後だからねえ。あの時から想像するとかなり立派なものだと思うのよ。あなたの血を引いてればなおさらね」

僕は昔からアソコのサイズはなかなかで友達にもいじられているほどでした。

タクとはアキと同じく小学校以来お風呂には入っていないのでサイズに関してはわかりません。

アキ「とにかくお風呂に入るのは決定。あなたは心配しなくていいから」

と背中を叩いて戻って行きました。

僕は心配になりながらもリビングに戻りました。

ケーキを食べながら雑談をしているとアキは突然手を上げて。

アキ「は~い、ここでママから一つ提案がありま~す」

マコ「お~なになに?」

アキ「今から家族みんなでお風呂に入りたいと思いま~す」

タク「はあ?」

マコ「さんせ~い。裸の付き合い、裸の付き合い~」

アキの作戦とはマコを仲間に引き入れていることみたいです。

タク「ちょっと待てってば」

マコ「いいじゃん家族なんだしさ。お兄ちゃんだって気になるでしょ?マコとママのは・だ・か」

タク「んなわけ・・・」

アキ「ふふふ、ママは知っておるぞ。タクのベットの下にエッチなDVDしかもパイズリ特集のやつがあることを!」

タクは顔が真っ赤になっています。親子そろってパイズリ好きとは血は争えません。

マコ「へ~お兄ちゃんもおっぱい星人なんだ。でもかわいそう、今の彼女おっぱいちっちゃそうだもんね」

タク「あいつのこと馬鹿にすんな。別に胸で付き合ってるわけじゃねえし」

アキ「やだ、男前発言。ママキュンキュンしちゃう~」

タク「もう!いい加減に・・・」

マコ「そんなに嫌がるってことはお兄ちゃんもしかして皮かぶりとか?」

タク「全然違う!」

アキ「じゃあずる剥けなんだ。見て見たいな~。じゃあママとマコは先にはいってるから」

マコ「パパ待ってるからね~」

と言ってアキとマコはリビングを出て行きました。

残った僕とタクは沈黙のまま数分が経ってしまいました。

タク「・・・どうすんだよ」

「タクはどうしたいんだ?」

タク「どうしたいって・・・ふつうに考えて恥ずかしいだろ。家族だろうがさ」

「まあ・・・僕とママは普通に入ってるからな」

タク「それも結構変わってるぜ。友達の親でいないらしいし」

「仲が良くて悪いことはないだろ。それでどうすんだ?」

タク「・・・」

「まあ、ここはお母さんの提案に乗って見るのもいいんじゃないか?18年間育ててくれたお礼としてさ」

タクは大きく溜息をつくと席を立ちあがりました。

僕とタクは脱衣所に入って行くとカゴにはアキとマコの脱いだ服がありました。

自然とブラジャーに目が行き、一つはHカップのアキのもの。もう一つのタグにはGと書かれていました。

タクもブラジャーを見て目を丸くしていました。

マコ「やだ、本当にお母さんのおっぱいおっきいよねえ。うわ、柔らか!」

アキ「もう張りは全然ねえ。マコのほうこそもっとおっきくなってるじゃない。相当彼氏に揉まれてるんじゃないの?」

マコ「まあね。彼めっちゃ絶倫だから。正直ヘトヘト」

お風呂場から声が聞こえてきて思わず聞き入ってしまいました。

タクを見ると真っ赤になっていて股間が膨らんでいました。タクは僕の視線に気づいてさっと後ろを向き。

タク「と、父さん先にいけよ」

「わ、わかった」

僕はさっと服を脱いで一応タオルで股間を隠してお風呂場へと入って行きました。

入って行くと、アキとマコは湯船に入ってマコがアキの胸を後ろから揉んでいました。

アキ「お~キタキタ」

マコ「ねえねえ、ママのおっぱい柔らかすぎ!こんなおっぱい20年以上揉みまくりなんてパパ最高に幸せ者じゃん」

アキ「てか、なにタオルで隠してんの?ダサいからさっさととりなよ」

と言ってアキは強引にタオルを取ってしまいました。

マコ「うわ!パパおっきい!」

娘に自分のあれをおっきいと言われるのは嬉しいというかなんというか。

アキ「へへへ、スゴイでしょ。有名だったんだよ。○○高校野球部史上一番の巨根だって」

「マ、ママだってすごい有名だったんだぞ。爆乳マネージャーがいるって他校からも見に来た人たくさんいるし」

アキ「そうそう。デカチンデカパイカップルなんて呼ばれてね」

マコ「ママもデカチンに惚れたんだ?」

アキ「もちろん」

「え?マジで?」

アキ「んなわけないじゃん。パパの優しくて包容力のあるところがすきだったんだよ~だ」

マコ「いいなあ、ラブラブで。それにしてもパパのホントにおっきいわ。触っていい?」

いいと言う前にマコはつんつんと亀頭をつついてきました。

マコ「うわ~、なんか大人のチンポって感じ。浅黒いのが使い込んでるって感じだよね」

「ま、マコは何人くらいとその・・・」

普段だったら絶対に聞けないことですがこの雰囲気だったらと思って聞いてみました。

マコ「私?そうだな、えっと・・・4人かな」

「そ、そんなにか・・・」

アキ「ショック受けないの。現代の女子◯生なら普通でしょ?私だってパパと付き合い前に二人知ってたもん」

アキの初体験は中三の時で、僕と付き合う前に高校でも一人と付き合っていたのは聞いていました。

アキ「それでパパのは4人のなかでも・・・」

マコ「だんとつおっきい!めっちゃそそられるんですけど~」

アキ「じゃあ、今度はマコが見せてあげる番なんじゃない?」

マコ「わかった~」

そう言って立ちあがるとマコの全身が見えました。

くびれのある腰回りに、やや濃い目の陰毛。そして一際目をひくおっぱいは華奢な体つきにには似合わないほど大きく、形も綺麗でパンパンに張っていました。

マコ「どう?私のおっぱい。Gカップあるんだよ~」

アキ「懐かしいでしょ。私も昔はこれくらい張りあったんだけどな~」

と、ツンツンおっぱいをつつく。そのたびにぷるぷると揺れる姿は妙にエロくアソコが血が集まり始めました。

マコ「あっ、パパのおっきくなり始めてる」

アキ「おっぱい星人の血が暴れ出したか?」

マコ「ピクピクしてる。かわいい~」

そう言って僕をからかっていると、お風呂場の扉が開きました。

タクは恥ずかしそうにうつむきながら入ってきます。もちろんアソコはタオルでがっちりガードしていました。

アキ「あ!ようやくきたよ今日の主人公が」

マコ「いえ~い!ああ!お兄ちゃんもタオルで隠してる!これだから男は情けない」

タク「バ、バカ。お前みたいに隠さないほうが・・・」

アキ「そうだそうだ!ママにおちんちん見せないなんて親不孝だぞ~!」

アキとマコが見せろコールを初めてタクは目をきょろきょろとさせています。僕をみて助けを求めてきますが、僕はただ頷くだけで諦めろとサインを送りました。

タクは溜息をついてしょうがなくタオルを取りました。

マコ「わあ!スゴイ!」

アキ「おっきい・・・」

二人が驚くのも無理はありません。タクのアソコはビンビンにそり上がっており、その大きさたるやペットボトルを彷彿とさせるほど。

マコ「お兄ちゃん、これはデカすぎでしょ」

アキ「嬉しいよ。愛する息子がこんなに立派なおチンチンになってるなんて・・・。素晴らしい!」

アキは思わず拍手をしていました。

タク「だから嫌だったんだよ・・・こうやっていじられるからさ」

アキ「いじってない。褒めてるの」

タク「それがいじってるって言うんだよ。友達もデカいデカい言いやがって。共感してくれる人なんていないし・・・」

マコ「そりゃこんだけデカけりゃ・・・」

アキは突然僕のアソコを掴んで上下にしごき始めました。

「ちょ、ちょっと」

アキの手コキは僕の気持ちいいところを的確にとらえていてすぐに勃起してしまいました。

マコ「うわぁ・・・パパもすっごい・・・おっきい」

勃起した僕のアソコはアキの手ではつかみきれないほどで、タクと同じくらいのサイズになっていました。

アキ「どう?こんなに身近に共感できる人がいるけど?」

アキはアイサインを送ってきます。

「た、タク。たしかに友達にいじられるのは嫌かもしれないけどな。いいことだってあるんだぞ。僕はママと一緒にその・・・今まで仲良くやってこれたのはこれのおかげでもあると思う」

マコ「だよねえ、こんなに立派だと絶対夢中になっちゃうもん」

アキ「タクだって同じくらいおっきいんだから大丈夫。女の子メロメロになって一晩中求めてきちゃうぞ」

「ママなんか高3のときゴールデンウィークの三連休休みなしに求めてきたんだぞ」

アキ「パパだってパイズリして~パイズリして~ってうるさかったくせに」

マコ「ははは。パパのエッチ~」

和やかなムードになってタクもクスクスと笑い始めました。

アキ「それにしても本当に立派だわ。触ってもいい?」

タク「まあ・・・」

アキはタクのあそこを慈しむように撫でています。

アキ「うわぁ・・・カチカチじゃん。これは入れられたら乱れちゃう絶対」

息子ながらアキが別の男のアソコを触っているのはなんとなくモヤモヤしている気持ちになります。

マコ「ああ、パパ嫉妬してるんでしょ~」

「べ、別に・・・」

マコ「強がらないの。私がママの代わりになってあげるから~」

そう言ってシコシコとしごいてきます。娘にしごかれるという異常な状況ですが気持ちよくなってしまいます。

マコ「うわ、マジでデッカイわ。ああ、なんかお汁でてきたんですけど~」

我慢汁がじわじわと出てきてきます。アキはそれを冷たい目で見てきて。

アキ「へえ、気持ちよくなっちゃってるんだ」

アキはそう言うと手コキのスピードを上げて行きました。

タク「あっ!マ、ママ、やばいって」

普段は母さんと呼んでいるのが思わず出てしまったようです。

タク「やば、気持ちいい・・・ね、ねえ、さ、触ってもいい?」

アキ「おっぱい?いいよ」

タクは両手でアキの爆乳を揉んでいます。昔から柔乳だったのが年を取るにつれてどんどんと柔らかくなっており、タクの指がのめり込んでいます。

タク「やわらけぇ・・・」

アキ「へへへ、感動しちゃってる?」

タク「うん・・ママのおっぱい気持ちいい・・・」

アキ「分かる分かる。おチンチンどんどん堅くなってるもん」

マコ「じゃあパパは私のね」

マコは強引に手を取って自分の胸に持って行く。アキとは違い、むっちりと中身が詰まったおっぱいは若いころのアキそのままでした。

マコ「どう?マコのおっぱい」

「うん・・・」

マコ「どうしたの?」

「なんか娘のおっぱい触ってるってさ・・・」

アキ「もう堅いな~。タク見て見なよ、夢中だよ夢中」

タクの顔はとろけており、一心不乱に揉みまくっています。

マコ「そうそう。お祝いなんだからさ楽しんじゃってよパパ」

アキ「マコの言う通り。それにさ、そんなチンチンびんびんにしてさ、説得力ないって」

「じゃあ・・・」

僕はリミットを外して両手でマコの胸を揉みしだきました。

マコ「やん!パパの手つきエッチすぎ!気持ちいいよ」

アキ「そりゃ巨乳は揉み慣れているよね~。じゃあこっちもお楽しみいっちゃう?タクお待ちかねのパイズリ」

タク「!?い、いいの?」

アキ「されたくないの?ほらほら~」

アキは自分の胸を両手でもって交互に動かし、エアーパイズリをして見せます。

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!