エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 8 分で読了)

Sさんの日記。プチ夫婦ゴッコの日~前編

2018-12-03 03:10:28

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿
前回の話

Sさんの日記。りこちゃんの、口移し。

いつも、お読み頂き、どうもありがとうございます。 コメント頂いた皆様、本当にありがとうございます。嬉しいです。 続きと、お気にに、ポチって下さった皆様も、どうもありがとうございます! 今回の、お話は、彼女が彼氏の家で、あるあるな、ゆるりとした素朴な話です。 気楽に、読んで頂けたら幸い…

いつも、お読み頂き、ありがとうございます。

コメント頂いた(クワトロさん)タケシ君の話でもありがとうございました。

あなた様のコメントで、クワトロさんの、お人柄の良さが伝わりました。本当に、どうもありがとうございました!

続きと、お気にポチッて下さった皆様も、ありがとうございます!嬉しいです。

今回の話は、二部に分かれてますが、また、ゆっくり読んで頂けたら嬉しいです。

それでは、お話しを、、、エッチ度少し有りです。。

季節は冬に入り、この日は朝から久しぶりに、ゆっくりデートの日でした。りこちゃんは、私の家に遊びに来た。

階段を、タッタッタッと上がって来る音が聞こえたww

玄関を開けて待っててあげると、りこちゃんは、笑顔で手を振りながら駆け上がってきたww。

可愛い❤️

「りこ❤️おはよ❤️」

「おはよー❤️Sさーん❤️」とww。

玄関に入り、自分の靴と私の靴を2足綺麗に揃えて部屋に入ると、「それッ」ッと私の背中に、おぶさり、両腕を首に巻き付け

「Sさーん❤️」と甘えながら、足を絡ませ、おでこをスリスリしてくる❤️

「りこーww❤️可愛いなーww」と、私は、りこちゃんを、おぶりながら左右に激しくオラオラ~と揺すってやると、

「やめろよーwwやめろよーww」と甘えてくる❤️

私は意地悪に

「あれ?りこ?ちょっと重たくなったww?」

「もー💢会ってすぐに‼️何よそれ💢失礼ね💢バカ‼️」と、後ろから、頭をパカパカ殴ってきたww

「痛い痛いww冗談だよww冗談wwごめんごめんww痛い痛いww」

私も応戦し、

「おしりこちょこちょ攻撃~ッww😀」と、両手で、おしりをくすぐってやると、

「ギャーハハハ‼️やめて‼️やめて‼️

ギャハハハギャハハハ‼️くすぐったいよ‼️やめてー‼️」と、足をバタバタさせていた😀

そ~っと下ろしてやり、向かい合い❤️

りこ~❤️と、軽くキスをした。

りこちゃんも、「もう!バカSッ❤️もう!でも大好き💕Sさ~ん❤️❤️」

と、りこちゃんから、積極的に濃いキスが来た❤️

りこちゃんの舌を受け入れ、絡ませ合い、吸ってあげながら、髪を撫でてあげる❤️

りこちゃんの唇を吸ってあげ、舌をまた絡ませてあげた❤️

りこちゃんも、ベロチューが上手になり、

舌を絡ませ合うのが、お気に入りのようだ❤️

唇を離し、お互い見つめながら、エヘヘと微笑みました❤️

「りこ?今日さ、昼から天気ヤバそうだな?ちょっと遠くまで、連れて行ってあげたいんだけどな~」

「い~じゃん。Sさん❤️また、お天気の良い日に行こうよ😀ww

ねーSさん?(どうした?)今日は、お家に居てよーよ?(え?そんなので良いのか?りこ?)うん❤️Sさんと居てたいの。。。❤️。二人で❤️

ねーSさん?お買い物とか良い?(うん良いよ良いよ😀何でも買ってあげるよ😃)

本当にッ❤️じゃあ、私、今日のお昼ご飯とSさんの夜ご飯と作りたいのッ❤️

(え!マジで‼️りこ?😀じゃ俺も手伝うな😀嬉しいよ😀)

じゃ❤️決定ね‼️やったー❤️Sさんと、ずっと一緒に居てられる‼️❤️❤️」

「じゃ今日はりこ?プチ夫婦ゴッコだな😃」

「うん❤️嬉しい❤️」

二人で歩きながら、スーパーに向かった。

スーパーに着くと、私はカートを押しながら

「りこ?俺ん家、本当に何にも無いから買い物大変だな😃」

「Sさ~ん?本当に、きちんとご飯食べなきゃ、お酒ばかりじゃダメよ!」

「お!りこ、何だかお母さんみたいだな😃」

「だって今日は、プチ夫婦の日でしょ❤️」

と、お米や調味料や具材をたくさん買い、店を出た。

店を出て暫く歩いていると、ポツポツ・・

ポツポツポツポツ・・ザザザザッッ・・

ドバーッッ‼️と、キツイ大粒の雨が急に激しく降り出した❗️

「ウワーッ‼️りこ‼️えらいこっちゃ‼️

ちょっとここに入ろ!」

遠くで雷の音がする。

「Sさん、困ったわねー。。」

「りこ?この雨、暫く止みそうもないみたいだ。。仕方ないな、りこ?走って帰ろか?」

「うん。仕方ないね。」

私は、りこちゃんに

私のジャンパーを着せてあげ、二人雨の中をダッシュした。

何とか家に着き、二人共びしょ濡れになった。

とりあえず荷物を置き、タオルで彼女拭いてあげた。

「りこ?大丈夫か?さすがに冬の雨は冷たくて寒いな。。ごめんよ。。」

「ありがとうSさん❤️私、大丈夫❤️Sさん、ボトボトよ。。」

「うん。俺は大丈夫だ。でも身体冷えたよー。りこ?お風呂入ろッか??」

りこちゃんは、三角座りをしながら、うん❤️と、恥ずかしそうに頷いた❤️

私は、お風呂に湯を溜め、その間に、

「りこ~?とりあえず俺のパジャマと、モコモコ靴下で良いか?下着は大丈夫?」

「❤️Sさん、女の子用の服は無いものね😃(当たり前じゃん😀有れば、りこに殺されるだろ😃)

Sさん大丈夫❤️ww😀、Sさんのパジャマと、モコモコ靴下貸して~❤️」

「😀OKOK、りこ?早くとりあえず着替えて、靴下とか乾かそな😀まじ風邪ひくぞ」

りこちゃんは、私のTシャツとパジャマとモコモコ靴下に着替えて、お風呂を待っていた。

「Sさんのパジャマ😀大きい😀でも、靴下も温か~い❤️」

と、パジャマの袖をプラプラさせながら、

可愛いです❤️

りこ?ごめんな~❤️と、濡れた彼女の冷たい髪を撫で、キスをした。

Sさ~ん❤️好き❤️と。。

お風呂に湯が溜まり、

「りこ?先に入りな。おいで。」

と、りこちゃんを先に入れてあげました。

「ゆっくり温まるんだよ~」

「は~い❤️ありがとSさ~ん❤️」

シャワーの音が聞こえる。。止まった。、

湯船に入ってるのかな??

つい、聞き耳を立ててしまう😀❤️。カタンカタンと音がすると、

「Sさ~ん❤️Sさーん❤️」と、

お風呂の扉から顔を出し、りこちゃんが

「ねー。ねー。Sさーん❤️一緒に入ろよ~❤️りこ寂しいじゃん❤️早く来てよー❤️

今日、夫婦の日じゃん❤️早く‼️」と。

今日の、りこちゃん積極的です❤️

お風呂の扉の、刷り磨硝子越しに写る、りこちゃんの裸体が、すこくエロかった。。

多分、彼女は分かっていない。。

「OKわかった❗️すぐ行くよー❤️」

バスタオルを用意し、私もお風呂に入った。

りこちゃんは、湯船に入りニコニコ笑っていた😀。

私はシャワーを浴び、風呂椅子に座り、りこちゃんの肩にお湯を掛けてあげた。

「りこ?温もってるか~?」

両手で胸を隠しながら湯船に入ってる彼女が、可愛い❤️

「Sさん、ありがとう❤️気持ちいい❤️」

「ちょっと熱い目にしよな」

私も湯船に入り、温もった。

「Sさん?お昼前から、お風呂に私達入って贅沢ねー❤️」

「ごめんな~りこ。せっかくの二人の時間なのにな。。」

「Sさん❤️私、楽しい‼️だってまさか、Sさんと今、お風呂なんて❤️❤️❤️」

確かにだ。まさか、こんな流れで初めて彼女と全裸になるとは、、、

思ってもいなかった。。。

「りこ?洗った?(ん~。まだ)じゃ軽く洗ってあげるよ❤️ほら~頭も雨で冷たいままだろ。髪も温めよ」

二人、湯船を出て、私は、ボディソープを手に取り、彼女の首もとから軽く洗ってあげた、綺麗な肌だ。首もとから肩へ、肩から腕へ、手のひらから、脇へ、脇から胸元へ。。可愛いおっぱいが目に入る❤️

胸を撫でてあげると、一瞬で、りこちゃんの乳首が硬くなり、りこちゃんは瞼を閉じた❤️感じている。。指先で乳首を弾くように、優しく撫でながら洗ってあげる❤️

私は、しつこくせずに、本当はしたいが、、、脇腹、腰回り、お腹を撫でてあげ、抱き付くように、背中を撫でて洗ってあげた、、、

りこちゃんは、( ´Д`)ぁ~

ハァァー❤️と、、、

感じている、、、指先を背中に滑らせてあげると、感じている。❤️

ここも、しつこくせずに、お尻と、あそこも、前の部分だけ、そ~っと洗ってあげた、、、

プリンとした、お尻と、少しの陰毛がわかった、撫でるように、洗ってあげた、、、

そして、ももから、足首まで、撫でるように洗ってあげた、、、

りこちゃんの目は、初めての経験でか、うっとりしていた❤️❤️❤️

シャワーで流してあげ、キスをした。

もちろん濃い目のベロチューだ❤️❤️

「Sさ~ん❤️❤️」と。

「りこ~❤️本当にりこ綺麗だな~❤️

これから、どんどん大人の女性になって綺麗になっていくぞ~❤️」

「ハズイなー❤️Sさん?りこが綺麗になると、Sさん嬉しい?」

「当たり前じゃん❤️りこは、絶対に、スゲー可愛いくて綺麗になるぞ❤️」

「嬉しい❤️Sさーん❤️

あー‼️Sさんー💢前ヤバー‼️😀😀😀」

と、私、油断してました‼️

「りこの身体洗ってたら、気持ち入ってしまったよ😀❤️❤️❤️ごめん❤️❤️😀」

「いーよ~❤️私も初めて‼️Sさんに洗ってもらって、何だかフワフワした気持ち❤️❤️

恥ずかしい❤️❤️」

「じゃあー、りこ?俺も、フワフワした気持ちにさせてくれる?(うん❤️Sさん❤️どうしたらいいの?)じゃあー、りこ?手を出して?(はぃ)このボディソープで、

俺の、洗ってみてくれる?」

りこちゃん恥ずかしそうに俯きながら、私を見上げて、うん❤️と、

そ~っと両手を、私の物に手を合わせました❤️❤️❤️

危ない物を触るかのように、そ~っと、ゆっくり両手を前後させ、洗ってくれてます❤️❤️❤️

そのぎこちなさと、りこちゃんの表情がたまらなく可愛いく、私は、一気に爆発しそうでした❤️😀❤️

「りこ~❤️ドキドキする?ありがとう❤️

俺、すこく気持ち良いよ❤️ありがとう❤️

りこと同じ位気持ちいいよ❤️ありがとう❤️フワフワしたよ❤️」

と、キスをし、二人の気持ちを確かめました❤️

もう一度湯船に入り、温めました❤️

お風呂を出て、りこちゃんの身体を拭いてあげた。

細くて、白い肌で、良いスタイル だ、おっぱいの形も、お尻の形も、まだ薄く生えかけの陰毛も、しなやかな脚線美も、

初めて見た、りこちゃんの全裸に、つくづく見つめてしまった。。❤️。

そんな事をしていると、、、

「ちょっと‼️ヤダー‼️Sさん見すぎ‼️」

と、頭を叩かれたww😀。

りこちゃんは、私のTシャツとパジャマと、モコモコ靴下姿で、なかなか可愛いです😀

パジャマの袖をプラプラさせながら😀😀

彼女の髪をドライヤーで乾かせながら、ホットミルクを温めていた。

先に、ホットミルクが出来、甘い目なホットミルクを出してあげた。

「りこー❤️初めて使う、お揃いのカップだね❤️温ったまろ😀」

「あー❤️嬉しい❤️あの時に買ったカップね‼️嬉しい❤️Sさーん❤️」

「うん❗️熱いから、りこ、ふーふーして飲む方が良いぞ」

「キャハハー‼️出た‼️ふーふーして❤️可愛い‼️女子のSさん出た‼️

キャハハハハハ‼️」

「また、からかいやがって!」

「あ~!でも美味しい~❤️甘くて、温たたまる~❤️S子ちゃんナイス‼️😀」

「誰がS子だ💢😀。熱ッ‼️ふーふー。。

ズルッ熱ッ‼️」

「Sさん大丈夫?」

「俺、熱いの好きなんだけど、昔っから猫舌なんだよ😀」

「ギャハハハ‼️ギャハハハ‼️Sさん‼️犬みたいな顔なのに、猫舌だって‼️ギャハハハ‼️ギャハハハ‼️ヤバい超ウケる‼️

ヤバいヤバい‼️可笑しすぎ‼️ヤバいマジで、お腹痛ーい‼️‼️Sさんったら犬なのに‼️猫舌‼️可笑しすぎ‼️」

「おぃ!りこ‼️笑い過ぎだろ!仕方ないだろ‼️誰が犬だ😀」

ホットミルクを、スプーンで掬いながら、ちまちまふーふーしながら唇を尖らせながら飲む私を見て、またりこちゃんは、

「Sさん‼️スプーンで😃‼️可愛い‼️ギャハハハ‼️ギャハハハ‼️

少年S発見ー‼️キャハハー‼️可愛い❤️子供みた~い!‼️

Sさん‼️可笑しすぎ可笑しすぎ‼️」

と、さんざんでした。

ホットミルクを飲み終えると、(Sさん❤️ありがとう❤️)と、りこちゃんから優しいキスが来た❤️。

「Sさ~ん❤️お昼も今日は、暖かいのにしよっか?」

「なー。それが良いかもな。今日、本当に寒くなったな。りこちゃん、何か作ってくれるの❤️?」

「うん。たいしたのじゃないけど良いかな?」

「うん❤️嬉しいぞ😀何か手伝うぞ😀」

「じゃ❤️その時また呼ぶ❤️私、Sさんのホットミルクで元気出て来た❤️😀」

りこちゃん可愛いです😀

お昼ご飯の準備に入りました。。

と。。とりあえず前編でした。

いつものように、ゆっくりした気持ちで読んで頂けたら幸いです。

また続き書きますね。

いつも最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

また、どうぞよろしくお願いいたします。

この話の続き

Sさんの日記。プチ夫婦ゴッコの日~後編。

後編、お話の続きです。進展有りです。 よろしくお願いいたします。少し長くなりました、、、 「あーッ❗️ねー?Sさ~ん?(ん。何だ?)Sさん、エプロン持って無い?」 「あーッ?。。さすがに無いな。。てかッ❗️俺がエプロンして、1人で料理してたらキモすぎだろww😀」 「グッギャハハ‼…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]