【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 2 分で読了)

【評価高め】
姉さんと夜中にHな話で盛り上がり口内発射しちゃった

投稿:2018-11-18 08:07:43

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

SKY(20代)
最初の話

一緒に住むことになった義姉さんのこと

4月の人事異動で実家の近くの支店へ異動となりました。はじめ会社の寮に入ってたのですが、6月末に総務部から連絡があって実家から通ってくださいという内容でした。僕の会社にはルールがあって、勤務先が実家から20キロ以内の場合、寮やアパートの借り上げが認められません。僕は実家には兄夫婦が住んでて、…

前回の話

10月末、子供を寝かしつけた後、姉さんが僕の部屋に来ました。

どうやら冷蔵庫にあるビールが目当てのようで、「一本ちょうだい」と言ってきました。

「好きなのどうぞ」と返すとビールを取ってその場で開けて飲み始めました。

「ここで飲むなんて珍しいね、何かあったの?」と聞くと、

「別になにもないんだけど、何か話しでもしたくて」と言いました。

子供のことやママ友、通ってるフィットネスジムのこと、僕の仕事のこと、などなどいろいろ話をしてたら、既に深夜1時近くになっていて、ビールとハイボールを3本空けてました。

そして兄さんの単身赴任の話になり、離れ離れは寂しいと言ってました。

その時僕はお盆のHの話を持ち出してしまいました。

「お盆にHしてたでしょ?」と聞くと「えっ、聞こえてた?」と驚いてました。

僕は「ハッキリ聞こえてたよ、我慢するの大変だった」と言って、酔ったふりして「俺もHしたい!たまにでいいからヤラせてよ」と言ってみた。

「え〜何言ってんの」と言ってました。

僕は姉さんの隣に座り、時々で良いから相手して欲しい、と交渉しました。

すると姉さんが「じゃ、Hはダメだけど、手でしてあげる」と言いました。

僕は姉さんの背中から手を回してぐっと抱き寄せておっぱいを揉んでみました。

姉さんはくすぐったいけど気持ちいいと言って更に体を寄せてきました。

そして5分くらい経った頃に姉さんのエロいスイッチが入りました。

姉さんは僕のズボンの中に手を入れてきてトランクスの上から僕のアソコを触ってきました。

姉さんのおっぱいを揉んでいたので僕のアソコは勃起してました。

姉さんは「凄い勃ってるよ」と言ってズボンを脱がしました。

トランクスがパンパンに張ってましたが、その上から握ってくれました。

姉さんは僕の大きさにちょっと驚いていました。(自分では大きい方だとは思ってましたが・・・)

姉さんにいろいろ弄られているうちに、僕は我慢ができずトランクスの中で少し漏らしてしまいました。

姉さんは「あ〜たいへん、出ちゃってる」と言って慌ててティッシュを持ってきてくれました。

姉さんはトランクスを脱がそうとしましたが、勃起した先に引っかかってしまいなかなか苦戦してました。

姉さんは「凄い大きい」と言ってなんか嬉しそうでした。

僕は「大きいの好きなの?」と聞くと黙って頷きました。

最初はゆっくりピストンしてくれましたが、次第に早くなり、高速ピストンになりました。

僕は頑張って堪えていたのですが、我慢できずあっという間に発射しちゃいました。

勢いよく姉さんの腕にかかってしまいましたが、姉さんは「気持ちよかった?」と言って笑ってました。

「ありがとう、気持ちよかったよ」と言うとなんと姉さんは僕のアソコの先っちょをペロペロと舐め始めました。

そして亀頭を口に含んでいた時、姉さんの口の中で発射しちゃいました。

「ごめん」と言うと、姉さんは結構苦しそうでしたが笑って全部飲んでくれました。そして綺麗にお掃除してくれました。

一通り舐め終わると「ありがとう」と言って手で撫でてくれました。

「欲しくなったらいつでも言ってよ」と言うと恥ずかしそうにして握ってくれました。

僕は「ホントは挿れて欲しいんでしょ?」と聞くと「うん、欲しいけど、でもそれは絶対にダメ」と答えました。

その後も、Hをしないというルールはずっと守ってますが、姉さんも我慢ができない時が時々あるようなので、ひょっとしたらHさせてもらえる可能性もありそうです。

この話の続き
-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]