エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 9 分で読了)

ビッチだった10代の頃の体験(高1 JKリフレでのバイト)

投稿:2018-11-04 21:23:19

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

本文

真帆(東京都/20代)
前回の話

現在、大学生です。名前は真帆(仮名)と言います。

前回、中3で初体験をし、春休みに大学生とHをしたお話をしました。

今回は、高校に入学しJKリフレ店でアルバイトをした体験です。

高校に上がり、色んな期待に胸を膨らませていました。

私は勉強は出来る方だったので、偏差値の高い進学校に入学しました。

友達もすぐに出来たんですが、真面目な人ばかりで、おそらくクラスでH経験済みの人って、ほとんどいなかったと思います。

しかし不良みたいな人が一切おらず、平和な学校生活を送れる環境でした。

青春を謳歌しようと、仮入部期間に色んな部活を体験したのですが、どれもパッとしませんでした。

しかし、やはり男子達の視線は感じます。

普通の会話をしながらも、明らかに、私の胸をチラチラ見ているのがすぐに分かります。

偏差値が高かろうが、男性の本質は変わらないんだと思います。

ナンパについていくようなタイプの友達は出来ませんでしたが、やはり男性や恋愛に興味深々みたいで「すでに経験済み」という点で、妙な優越感に浸っていました。

中学とは違って、高校に入ると、遊ぶお金も少し必要になり、ブランド品などにも興味が出てきました。

アルバイトが原則禁止だったので、親から貰う「お小遣い」だけでは、ほとんど何もできない感じでした。

そんな時「JKリフレ」という、親や学校にバレる事なく「お小遣い」を簡単に稼げるアルバイトがある事を知り、放課後にコッソリと面接に行くと即日採用になりました。

履歴書も何も必要なく、本当に学生証を見せただけでした。

好きな時間に部屋で待機して、指名を受けたお客にマッサージのサービスをするというお店で、本当に放課後の空いた時間を利用して手軽にできるアルバイトでした。

しかし指名を取らないとアルバイト代が入らないらしく、部屋にいるだけだと無給です。

制服を着るのがルールらしく、貸出しもしていましたが、なぜか有料だし、着替えるのも面倒なので、そのまま学校の制服を着てました。

マッサージの研修とかも何もありませんでした。

部屋で待機していると、すぐに指名が入り、小さな個室に移動しました。

個室と言っても、薄い板で区切られた簡素で狭い部屋で、隣の会話も聞こえる位で、店内に流れる大音量のクラブミュージックで聞こえないようにしてる感じです。

お客さんは、スーツを着ている30代半ば位のオジサンでした。

今はそんなに抵抗はないですが、当時は30代って言うと完全な中年にしか感じませんでした。

自分の年齢を正直に言うと、証拠を見せて欲しいと言われたので学生証を見せると、なぜか嬉しそうな表情をしていました。

良く分からないんですが、JK詐欺が多いって事なんでしょうか?

男はパンツ一枚になり、寝そべりました。

やり方が良く分からないので、適当に背中に乗ってマッサージをしていると

「裏OP(オプション)大丈夫?」と聞いてきました。

「裏OPってなんですか?私今日初めてで全然わからなくて」

私は、研修や店のシステムも良く説明を受けておらず、耳かきや添い寝など色んなOPがあるのは理解していたんですが、種類が多すぎて把握しきっていませんでした。

「裏OP知らないの?本当に今日初めてなの?」

「はい、さっき面接受けたらそのまま採用になりました」

男は何か嬉しそうな顔をしています。

「裏OPは本番やフェラすることだよ、君は大丈夫だよね?この店それが売りだし、それ目当ての客しかいないよ?」

今だったら、この種の店は摘発されて存在しないんでしょうが、当時は普通にあったようです。

30代のオジサンだったので少し抵抗はあったんですが、オジサンとHする事も大人になる上で必要な事かな?と変な発想になっていました。

「う~ん、別にいいですよ?どうすればいいんですか?」

「本番大丈夫?いくら?」

私は、相場とか分からないので、どう答えて良いかわかりませんでした。

「いくら位貰えるものなんですか?」

そう聞くと、男はニヤニヤした顔をしながら

「本番は、君はまだ不慣れだろうし、5千円が相場だよ、大丈夫?」

「はい、じゃあ5千円でいいです」

結局、30代の中年男と5千円でSEXする事になりました。

明らかに相場騙されていたと思います。

男は立ち上がると、パンツを脱ぎ、勃起したモノを私の目の前に見せつけ

「入れる前にフェラして?」

私は、SEX前にフェラするのは当たり前だと思っているので、何の疑問もなく、フェラをしましたが、本当はフェラ込み本番でOP料金を上げたりするらしいです。

男の亀頭部を咥え、カリ、裏筋、竿と舌を這わせ奉仕しました。

「スゲー気持ちいい、しかも即尺じゃん マジかよ・・」

嬉しそうに男が言いましたが、私は即尺の意味が分かりませんでした。

普通のフェラと何が違うのか良くわかりません。

私が普通にタマも舐めると、「タマも舐めるのかよ・・スゲーな」と喜んでいましたが、何が凄いのか全くわかりません。

普通は舐めるものじゃないんですかね?

「ヤバいな、これ以上されると出ちまうよ、入れるわ」

男は、私を寝かせ、制服の下とショーツを脱がせ足を広げました。

「おお・・綺麗なマ〇コ 、しかも濡れてるじゃんw」

男は私の中に指を入れて手マンを始めました

「ビチョ、ビチョ」と音がなり、愛液が溢れてくるのが分かりました。

「すげぇ・・もう我慢できないわ。このまま入れてもいい?」

私は男が言っている意味が分かりませんでした「このまま」ってどういう意味なんだろう?

「え?普通に入れれば良くないですか?意味わかんない」

「この娘マジかよw じゃあ入れるぞ」

そう言うと、男はギンギンに勃起し、先っぽがイヤらしい液体で湿らせているモノを私の入口にあてがい、ゆっくりと挿入してきました。

春休みに大学生に入れられてから1か月振りのチ〇ポです、懐かしい感触で少し嬉しくなりました。

「ズブブ!」と男のモノが完全に収まり、その温かい感触は大学生の時と同じで、大学生より多少大きいような気がしました。

この最初に入れた時の「温かい感触」が何とも言えずクセになりそうです。

「ああ・・15歳の生マ〇コ ヤバい気持ち良過ぎ」

やはり15歳という言葉を口にします。

この当時、SEXしたほとんどの人が「15歳」「中◯生」「女子◯生」などのワードをなぜか口にします。

15歳・JKとSEXしている背徳感を感じているのでしょうか?

やたら「生マ〇コ」などのワードも耳にしますが、言うと興奮するんでしょうか?私には理解が出来ません。

たぶん男が「このまま」と言ったのは、コンドームを使わずに生で入れるという意味だったのかも知れませんが、当時の私はコンドームという発想はなかったし、生でしかやった事がなく、不思議な事を言う人としか思えませんでした。

「ああ・・締まり凄い、もう逝きそうだわ、どこに出したらいい?」

男は逝きそうみたいで、そう尋ねましたが、私はある事に気が付きました。

私は、制服の上は脱いでいないので、大学生とのSEXの時みたいに、お腹周辺に出す可能性が高く、下手すると胸や首あたりまで飛ぶはずなので、制服が汚れてしまう、それだけは避けたかった。

「制服にはかけないでね!」強めに言いました。

SEXでここまで自己主張をしたのは初めてだと思います。

「そ、そんな事言ったってこの状況で外出したら、かかっちまうよ・・」

「明日これ来て学校行くんだから、絶対汚さないで!」

「じゃあ中に出しちまうぞ?それなら汚れないけどいいのかよ??」

当時の私は「中出し」に対する抵抗感が異常に低かったので「制服汚される位なら中に出された方がマシ」だと本気で思っていました。

「うん、制服汚さないんなら何でもいいよ、任せる」

「マジで??何なのこの娘・・じゃあ遠慮なく逝くぞ?」

男は一瞬驚いた表情をしましたが、すぐに嬉しそうな表情に変わり、激しく腰を動かしました。

「ヌチャヌチャ!」という卑猥な音がさらに大きくなりました。

「ああ・・15歳JKに中出しだぜ・・ヤバすぎる、逝くぞ!」

男の動きが止まり、腰が少し痙攣した瞬間に、私の膣内が温かい感触で包まれました。

すぐに中出しされたと分かりましたが、この中出し直後の膣内が温かい感触で包まれるのが何とも言えない心地よさで、クセになりそうです。

「出しちまったwゆっくり抜くからじっとしてろよ」

男はティッシュを私の股間周辺に敷き、ゆっくりと抜いたようです。

男が言うようにじっとしていました。

「奥で出したから出てこねーな、少しお腹に力いれて?」

私は言われるがままお腹に力をいれると、精液らしき液体が膣内から漏れてくる感触を感じました。

この感触が新鮮で何故か楽しい気持ちになりました。

「スゲェ・・精子溢れてくるわ、15歳のマンコ中出し精子まみれだよ」

ポタポタとティッシュに精子が零れ落ちているのは何となく分かりましたが、寝そべっていたのでハッキリとは確認できません。

「もう起き上がっていいですか?」

私はゆっくりと頭を持ち上げ男を見ると、信じがたいことに、男は私の股間周辺をスマホで撮影しています。

「え??何撮ってんですか!!」

私は起き上がり男に言いました。

男は慌ててスマホをしまい「ご、ゴメン!余りに凄いシーンだったから思わず、OPで撮影ってあるじゃん?あれだよ」

そもそも通常OPに撮影はなかったんですが、それすら気が付かず納得してしまいました。

「顔バレとか絶対嫌なので撮影は今後NGで!」

「OK!ごめんねwもう撮らないから」

とりあえず中に出された事で制服が汚れる事はなかったので、妙に安心した記憶があります。「中出し」に関してはどうでもいいという感じでした。

この店はシャワーは店内に1つだけあるんですが、実質浴びる事は出来ませんので、処理はウェットティッシュでするしかありません。

とりあえず中出し後の処理を終えると、ブザーがなり店員から「時間過ぎてるけど延長どうするか聞いて?」と指示がありました。

「なんか時間らしいけど延長どうするか聞けって言われたんだけど?」

「もう1発できるんなら延長するよ?」

私はこの店のシステムを把握しきってないですが、延長させた方がいいのだろうと思い、店員に延長するように言いました。

それから、制服を汚さないように、上を脱ぐと、私の胸を見て、男は大興奮したみたいで、ブラもはぎ取られ胸にムシャブリついてきました。

とにかく、全裸になったので制服も汚れないし安心しました。

それから、男に奉仕した後、正常位→騎乗位→バック と体位を変えて、最後はやはり「中出し」でした。

他の男達も同じなんですが、基本的に一度中出しをさせると、2回目以降もほぼ中出しでするみたいですが、何でだろう?

男への奉仕は、通常のフェラ以外にも、寝そべった男に胸と口を使ってサービスをしました。

男は「ソープごっこ」と言っていましたが、男の全身を胸で愛撫しながら舌で舐めまわしました。

ローションは一応あったんですが、シャワーを浴びれないという理由から胸に少しだけ垂らす程度でした。

男の言われるがまま、全身のあらゆる箇所を舐めつくしたと思います。

耳の穴から、乳首、足の指を一本一本丁寧に、足の裏までベロベロと舐め、当然アナルも舐めました。

シャワーも浴びてないし、ウェットティッシュで体を拭くこともない汚い男の全身を舐めまわすという、不衛生かつ、信じがたい行為でしたが、余り抵抗は感じませんでした。

ただ、足の指と裏を舐めた時は明らかに臭いましたが、すぐ気にならなくなりました。

私が足の指や足の裏、アナルを舐めた時、

「変態だろこのJK、こんな奴初めて見たわ、何でもOKじゃんコイツ」

と言っていましたが、「舐めろ」と要求したのはこの男で、それに従っただけなのに「変態」と言われるのは少し腹が立ちました。

何でもOK?って何を断るべきなのか正直良く分かりません。

身バレの撮影と制服を汚されるのだけは断りましたが。

一通りプレイが終わり、服を着たんですが、アソコに精液が残ってるっぽく、垂れてきそうなのでティッシュを詰めておきました。

男から名刺を要求されたんですが、持っておらず、源氏名すら自分で分かっていませんでした。

私の事を相当気に入ったようですが、個人的な連絡交換を男はしてきませんでした。

未成年とのSEX、しかも「中出し」までしてるからでしょうか?

男から5千円を受け取り、初バイトは終了しましたが、この店は延長料金を男から徴収し、私の取り分を除いた額を店側に支払うシステムらしく、延長料金を貰わなかった私は、自腹を切るハメになりました。

丁度、指名料と相殺って感じだったと思います。

客一人相手して延長まで取ると、結構時間が経ってしまうので、夕飯に間に合うように家に急いで帰りました。

このバイトは2か月位続けたんですが「格安で何でもありの巨乳JK」って噂が広まり、密かに人気が出たようです。

他の少女達と仲良くなる事はなく、やはり相場とかは把握しきれず、

客もそれを知っいるのか「5千円から本番OK」というのが私の基本価格になっていました。

ただこの頃から「妊娠した」などの話をチラホラ聞くようになり、避妊について勉強するようになり「中出し」に関しては慎重になりました。

安全日か、相手がアフターピルを持ってる以外は基本的に拒否するようになりました。

でも、やっぱり「中出し」された時のあの膣内が温かくなる感触が忘れられなくて勢いで許可しちゃう事も多かったです。

単なるビタミン剤みたいなのを「アフターピル」とウソついて「中出し」する人もいたと思いますし、意図的?なのか「外出し」が失敗して「中出し」された事もあります。

意外だったのは、私は客にコンドームを要求した事はないんですが、自ら使用する人が多いのです。

これって何ででしょうか?

ゴムつけると痛いし、チ〇ポの温かみとか感じないし、全然気持ち良くないから私は生がいいんです。

「ゴム外していい?」と言った事が何度もありますが、絶対に外さない客の意図が全然分かりません。

「15歳の生マ〇コ」「生超気持ちい~」って大喜びしてるし、生の方がいいんじゃないんですか?

結局、私が格安で接客してる事が他の少女達に影響が出るとか、色んな理由から2か月でクビになってしまいました。

トータルで30~40人位は相手したと思います。

妊娠は大丈夫でしたし、性病も大丈夫だと勝手に思っています。

親や学校にもバレず、そこそこの「お小遣い」を貯めることが出来ました。

この話の続き
-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:11
いいね
投票数:11
続編希望
投票数:10
お気に入り
投票数:15
名作
投票数:0
読みやすい
投票数:4
この記事の解析グラフを見る
合計:51ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 24回
  • 188回
  • 862回
  • 8,664回
  • 25,228回
  • 2,534位
  • 2,408位
  • 2,427位
  • 3,558位
  • 4,914位
※18604記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

話の感想(件)

※コメントの上限:5,000件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]