【現在25,449話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

体験談(約 13 分で読了)

【名作】バイト先のヤリマン人妻を正月からハメて中出し

投稿:2018-11-03 00:38:48

人 が閲覧中

あとで読む

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し
最初の話

【超高評価】高〇時代に同じクラスで彼氏持ちのギャルに中出しした話

自分が高〇生時代の頃の話です。同じクラスにアヤという木下優樹菜似の超美人の子がいました。ちょっとギャル系でしたが、発育もすごくて、クラスで一番の巨乳と引き締まったウエストがすごく魅力的でした。彼女がそれまで付き合った人数は10人近くいるという噂があって、影でヤリマンと言われたのを覚えてい…

前回の話

これは、大学時代の体験談です。

大学進学とともに東京に出てきたので、以前投稿で書かせてもらった女友達含めて、それまでの知り合いはほとんどいなくなりました。

その当時はアパレル系の店舗でバイトをしていたのですが、同じバイト仲間にアケミという女性がいました。

胸はFカップくらいのかなりの巨乳で、ちょっとビッチな感じのお姉さんという見た目でした。

顔は西内まりやみたいな感じのとにかく超美人。

年は確か28歳くらいで既婚者でした。

若々しくて気さくに話し合える仲だったので人妻というのをはじめ知ったときは驚きました。

コミュニケーションスキルがすごく高くて接客上手でしたので、アケミが店員として出てるだけでお店の雰囲気が良くなるくらいでした。

ある日アケミと休憩室で一緒になったときのことです。

アケミは俺が入ってきたことに気付くと、スマホから顔を上げて話しかけてきました。

「お疲れ~。もうバイトには慣れた?」

「そうですね。でも嫌なお客さんに当たっちゃったときとかは大変ですねー」

「まあどこにでもいるから仕方ないよw気にしないことだね~」

「アケミさんあんまり気にしなさそうですもんねw」

「失礼なwアタシだって色々考えてるんだって」

「でもアケミさん誰とでも仲良くなれるじゃないですか」

「意外にストレス溜めてるんだって。もう年だから肩こってしょうがないし」

「いやいや、アケミさんまだ全然若いじゃないですか」

「君から見たらおばさんでしょーwねえ、肩揉んでよー」

「えっ、いいんですか?喜んで揉みますよw」

「ほんとに?wじゃあほら、早く早く!」

「じゃあ、失礼しまーす」

アケミの後ろに立って肩もみを始めた。

「あ~、気持ちいい。君うまいねー。ねえねえ、君って彼女とかいるの?」

「彼女ですか? いないんですよねー、残念ながら」

「いないんだー」

アケミは小声で、

「でも揉むのうまいし、優しいエッチしそうw」

「アケミさん、何言ってるんですかw」

と、笑いながら下ネタとかも話せる女性でした。

そんなアケミと翌年の元旦からバイトに入っていた時のことです。

慌ただしく福袋などの初売りを終わらせ、いつもより少し早い閉店。

「おっ、おつかれー」

「お疲れ様です、アケミさん」

「ねえ、せっかくだしこれからお姉さんと飲みに行かない? 今日早いしまだ帰らなくても平気なんだけどなーー」

「俺も平気っすよ。アケミさんと飲みにいけるなんて嬉しいです」

「よし!じゃあ二人だけで新年会しよっか」

と、仕事が終わった後にアケミと一緒に居酒屋に行きました。

しばらく他愛のない話をしていましたが、お酒が入ってくるとアケミも大胆になってきて段々エロトークになってきました。

「ねえ、どんなAV見たりすんの?何フェチか教えてよ」

「強いて言うなら足フェチですかね。アケミさんの太ももとかすごくいいですっ」

「アタシのことをそんなエロい目で見るなってw」

「アケミさん、どれくらい旦那さんとエッチしてるんですか?」

「旦那とは全然してないわ~」

「とはってことは、浮気してるんですか?悪い奥さんですねw」

「ちょっ、浮気なんかしてないって」

「ほんとですか?店長とか仲良さそうなときあるじゃないですか。怪しいですねーw」

実際、バイト先の店長とアケミが二人で飲んでいるところを見たこともありましたし、

ヤッたかは分かりませんが、店長は結構ガチでアケミを狙っていると感じていました。

「いやあ結構誘ってくるからさあ。もしアタシが店長と寝てたらどうする?」

「えっ、マジっすか。ちょっとショックですね。まあ大人同士のことなんで見なかったことにしますw」

「嘘だって。あんなオッサンとヤる訳ないじゃんw」

「じゃあそういうことにしときますw」

「うわ、信じてないじゃん」

「でもアケミさんとできるなんて羨ましすぎ」

「何、お姉さんとエッチしたいの?」

「めちゃくちゃしたいです!」

「もお、ホントに~?」

と言ってニヤニヤ笑ってくるアケミ。

「てか、やっぱ浮気してるんっすねw」

「ホントに店長はないってwさすがにバイト先とかではしないってー」

「何人くらいいるんですか?セフレw」

「聞きたい?」

「いやなんかヤりまくってそうで怖いんでやめときますw」

アケミはそれを聞いて笑いながら更に喋ってくれた。

「気持ちよかったらまたヤッてもいいかなみたいな。旦那のアレが小さくてさw」

「旦那さんのじゃだめなんですね」

「浅いところだけじゃ全然物足りないしw」

「ひどいっすねw俺結構サイズには自信ありますよ。見ます?」

「マジでwしょうがないなあ~。私のことガッカリさせなかったらいいよ♪」

なんだかんだで結構ノリ気になったアケミさんを連れてラブホテルに行きました。

ホテルに着くとベッドに押し倒されキス。

アケミの舌が侵入してきて口内を愛撫してくる。

「んちゅっ…じゅるぅ…ちゅるっ…」

アケミはさすがのテクニックで、口に吸いきながら、舌で丁寧に舐め回してくる。

ねっとりとしたキスを楽しんだ後、俺はアケミの後ろに回り胸に両手を当てる。

セックスの中でもかなり好きな一時。

女をモノにしたという喜びを感じながら、巨乳を鷲づかみして遠慮なく揉みしだかせてもらった。

「あんっ、ちょっ、そんなにアタシのおっぱい揉みたかったの?w」

「バイト中もずっとアケミさんの揉みたいと思ってたんですよ」

「うわ、バイトしながら妄想で犯されてたんだ」

胸を揉みながら、片手をアケミの足に伸ばす。

アケミは黒のパンストを履いていて、その上からムッチリとした内ももの感触を味わう。

「んんっ……ぁあっ……さわり方やらしい♡」

「アケミさん、パンツ湿ってきてるじゃないですか」

「だって……エロい会話してたときからちょっと濡れてたから……」

お酒が入っているのもあって興奮してきた俺はアケミをベッドに押し倒して両足を掴んだ。

そのままパンスト越しの蒸れた股間に鼻を擦り付けて匂いを嗅ぐと強烈な女の匂いが脳に突き抜けた。

「あっ、ちょっと、こらっ♡」

そのエロい匂いにムクムクと股間に血が滾り、俺のチンコが一瞬にして完全な戦闘態勢になった。

「アケミさん、めっちゃチンコ勃ってきました」

「あっ、すごいパンパンになってるね。じゃあほら、早く見せてよ」

そう言ってアケミは俺のズボンを脱がせてくる。

「おお、コレは確かにデカいかもw」

パンツ越しに形を確かめるかのようにチンコを触ってくるアケミ。

「じゃあパンツも脱がしちゃえw」

アケミにパンツを下され、ガチガチに勃起したチンコを直接見られる。

「あっ、もう♡」

「もうって何ですかw」

「もう、デカすぎだってw血管もバキバキでエロいね。んーっ、ひゃくてんだねっ♡」

「ほんとですか。じゃあエッチしてくれますよね」

「してあげるって。これ久々に大当たりかもw」

アケミは嬉しそうにチンコを手で扱いてくる。

「見て、太すぎて全然手が回らないじゃんw巨チンすぎwねえ、そこに仰向けになってよ」

俺を仰向けにすると、アケミは足元に立ち、チンコを足でしごいてきた。

「すごっ、めっちゃ固いw」

と楽しそうにグリグリ、グリグリと攻撃してくる。

「足フェチなんでしょ。ほら、チンコ踏まれて気持ちいいんでしょ?w」

と小刻みに振動させてきて、黒ストのスベスベした感触がなかなか気持ちよかった。

「やば、これ結構気持ちいいですっ」

「マジでwドMだね。何かS心をそそられると思ってたんだよね。じゃあアタシの体でもっと気持ちよくしてあげよっか♡」

アケミは服を脱ぐと俺の股間にしゃがみ込みチンコに舌を這わせてくる。

俺の反応を伺うように上目遣いで見られながら丹念に舐め上げられ、めちゃくちゃ興奮した。

裏筋から玉袋に舌が移動し、金玉を口の中で転がすようにしゃぶられる。

「アケミさん、めっちゃ気持ちいい……うっ……」

「っはぁ……、でしょーwこっちも舐めてあげよっか」

アケミはそのままアナルの方まで舐めてくる。

むずがゆいような刺激で、思わず声が漏れるような気持ち良さ。

「うっ……ヤバいです……これ」

アケミに足を大股に開かされ、チンコを片手で掴むと、尻に顔を密着させてアナルを舌でほじくり回された。

これは本当にたまらなく、腰が浮くほどの快感。

「うわあ、チンコめっちゃびくっ!びくっ!ってしてるwすごいチンピクw」

「アケミさんテク凄すぎっすよw」

「気持ち良かった?w今度は君のテクも見せてよ」

体勢を入れ替え今度は俺が手マンで責めた。

すでにとろとろの汁が溢れたマンコに指を押し付ける。

「そこっ、あんっ、いいよ……んんー……もっと♡」

職場の先輩が乱れた喘ぎ声をあげていることに興奮してクリと中を責めまくった。

「ぁんっ、やっぱうまいね。女の子とヤリまくってんでしょw」

「アケミさんと比べたらほんのちょっとですって」

「ホントに~。そのデッカいのぶち込んで女の子泣かせてるでしょw」

「そんなことないですってw」

俺はアケミの乳首に吸い付きながらマンコをかき回す。

「そこっ、そこっ、あんっ!ぁあんっ!」

喘ぎ声のトーンが上がっていくアケミ。

「ぁああんっ!いいっ!ぁああっ!それやばいっ!イキそう!!」

「イッてください、アケミさん!」

トロけた顔で俺の腕を離さないアケミのGスポットを激しく擦り上げてイカせにかかった。

「だめっ!だめっ!ぁああっ!いっちゃうっ!いっちゃうっ!んーーーーーっっ!!!!!」

アケミがブルッと腰を震わせると、マンコからもの凄い量の潮が吹きだした。

「うおぉっ、アケミさん、すごい潮吹きながらイキましたね」

「はぁ、はぁ、いかされちゃった……、チンコギンギンになってるね、おいでっ♡」

アケミに誘われ、正常位で挿入の体勢になる。

「挿れますよ、アケミさん」

亀頭でクリを擦ってマン汁を馴染ませていく。

「あんっ♡、もう、デカいんだから……ゆっくりね」

マンコの入り口にチンコを当て、ぐいいっと腰を突き出していき半分まで挿入。

「あっ、おっきい♡、入ってくるぅ……」

両足が跳ねあがりながら俺のチンコを受け入れていくアケミ。

「大丈夫ですか、アケミさん」

「んん、処女の時思い出す……」

「アケミさん処女の頃あったんですねw」

「ひどくない?w 大丈夫、奥まで入れていいよ」

そのまま更に腰を突き出して、奥まで完全に挿入。

「ぁあっ、奥まで入ってくる……」

自分のチンコを人妻のマンコに合体させた達成感に浸りながら中の感触を楽しむ。

「ほらっ、腰振っていいよ」

おっぱいを両手で掴んでピストン開始。

「あんっ、ぁんっ、ああんっ!ぁあんっ!」

腰を振ってやると、すぐに気持ちよさそうな声で喘ぎ始めるアケミ。

アケミも敏感というかかなり感じやすいみたいで、エロい女とのセックスはやっぱり一番楽しい。

しかもかなりの名器で、ざらざらした肉の感覚がたまらなかった。

「ぁあんっ!ぁああんっ!いいっ!ああぁあんっ!」

アケミの喘ぎ声のトーンが上がってくるのに合わせて、徐々にピストンのペースを上げていく。

「あんっ!激しいっ!すっごい奥まで突かれてるっ♡」

「アケミさんの奥、めちゃくちゃ気持ちいいです!」

「だめっ!そこヤバいって!ぁあんっ!もうイキそうっ!」

アケミの言葉を聞いて、俺は女をイカせるピストンに移行。

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!と猛烈な突き込みで責める。

「ああっ!ぁああっ!!あぁあっ!!あぁあっ!!いっ!いっ!イクーーーーッッッ!!!!」

アケミがイクと同時にマンコからプシャーッ!とハメ潮が吹き上がる。

これは!と思った俺はアケミをイカせた肉棒を引き抜くと、指でGスポットを一気に責め立てた。

「あっ!!だめっ!だめっ!んんんんんーーーっ!!!!」

と声を上げながらさらに2発、3発と物凄い潮吹き。

アケミの潮は俺の体まで飛んできてビショビショになった。

「アケミさん凄いっすね、潮吹きw」

「だからだめって言ったじゃんwあんな突かれたらイクに決まってるしw」

「俺ももっと気持ちよくしてくださいよアケミさん」

「分かったって、アタシが上になるね」

俺が仰向けに寝転がると、その上にアケミが跨ってくる。

「挿れるよ~」

手でチンコを掴むとその上に腰を落とし自分でマンコに挿入していく。

「あぁ~っ、でっ……でかっ♡」

完全に挿入すると、俺の胸に手をついて腰を振るアケミ。

「ぁああ、これ気持ちいいっ」

前かがみになって奥に当てるように動かしてくる。

どうやら気持ちいい場所にあたるみたいで上下運動を続けるアケミ。

「アケミさんここ気持ちいんですか?w」

「あんっ……あんっ……んん、硬いの当たるぅ」

そろそろ責めてやろうと思った俺は、アケミの尻を掴むとその体制のまま下から突き上げまくった。

「ぁあっ!ああっ!そこっ!ぃいっ!あああんっ!!ぁああっ!!」

突然の強烈な突き込みに身体を硬直させて耐えるアケミ。

「だめっ!!またいっちゃう!!ぁああっ!!ぁあっ!!!」

最後は快感に顔を歪めながらかすれ声で

「いくぅううーーーーっ…………」

と吐き出し物凄い痙攣。

「うぉっ!!」

ビクッ!ビクッ!とマンコが締め上げてきてたまらない快感が走った。

アケミの名器にこっちも耐えてきたが、もうとにかく一発出したいということしか考えられないくらいに興奮が最高潮に。

「アケミさん、どの体位で突かれたいですか?」

「はぁっ、はあっ、前からおねがい」

「思いっきりいきますからね、アケミさん!」

チンコを入れたままアケミを抱き起し、正常位に入れ替える。

ムチっとした太ももを抱きかかえ、パンパンパンパンッ!と激しく突きまくる。

「ぁあんっ!ぁあんっ!ぁああっ!激しいっ!」

「アケミさんの中マジで最高ですっ!もっと突きますよ!!」

「ぁあああっ!うんっ!きてっ!」

激しくチンコを打ち付けて、俺の方もそろそろ我慢の限界に。

「アケミさん、そろそろイキそうです!」

「ぁあっ!いいよっ!好きなところに出してっ!!」

「それじゃあ思いっきり中にいかせてもらいますよ!」

「ぁあんっ、やっぱ中なんだw」

最後は両手をがっちり繋いでラストスパート。

「あぁあんっ!!!ぁああん!!ぁああんっ!!あっ!!あっ!!いくぅううーーーっっっ!!!!!」

「アケミさんっ、俺もイキそうっ、出る出る出るっ!!イクッッッ!!!!!!」

両手を思いっきり引き寄せ、エビ反りになったアケミにこれでもかと腰を突き出す。

ドックン!!ドックン!!ドックン!!!ビュルルッッ!!ビュルルルッッ!!

大量の精液がマンコの奥に噴出!

「ぁああっ!奥に出てるっっ!!!」

腰は完全に密着させたまま、引っ張る手を緩めて今度は上から全力で押し込み。

またエビ反りにさせて突き出し!上から押し込み!突き出し!押し込み!

(孕め!!孕め、このヤリマン!!!)

と内心念じながら必死にチンコを押し付けて精子を注入。

「ぁあんっ、そんなに押し付けなくても奥届いてるからっ」

マンコの奥への中出しを食らって体をビクビク痙攣させ続けるアケミ。

最後にぐっとケツに力を入れると、俺のチンコがドックンと大きく脈打って、ダメ押しの精液を子宮に注ぎ込んだ。

「ぁああ、気持ち良かった♡」

「いいんですか?w旦那さん以外の男とこんな。かなり我慢してたんで、思いっきり奥に濃いのいかせてもらいましたよw」

実際、人妻への中出しの快感と興奮は本当にとてつもなく、彼女とのセックスの時よりも明らかに多い量の精液が出た。

「だめだよー♡。んっ……ほんとだ、全然出てこないじゃんw」

アケミは力を入れるが俺の精液は奥に溜まっているのか出てこない。

「めっちゃ上手に中出しされたしw」

「新年一発目の発射、めちゃめちゃ気持ち良かったです」

「アタシも新年早々何回もイカされてるしw」

アケミが指をマンコの中に突っ込むと、指先に濃厚な精液が付いてくる。

そのまま臭いを嗅ぎ、

「くさっ。うわぁ、もし妊娠したら君の精子だからね」

といいながら、こっちを見つめて舐めとるアケミ。

「本当ですかあ?色んな男に出されてるんじゃないですかw」

「そうかも~。君のライバル多いよお。1発だけで終わらない男もいるからねw」

その言葉を聞いてまた勃ってくる俺のチンコ。

「じゃあもう一発出してあげますよ」

アケミを立たせ、ラブホの壁の大きな鏡の前に連れていく。

「あっ、ちょっ、ウソウソ、冗談に決まってんじゃん!」

もう止まらなくなった俺はアケミを無視し、立ちバックで挿入の体勢に入る。

「どうしよぉ、もう一発やる気にさせちゃった」

「挿れますよ、アケミさん……ふんっ!!」

「ぁああっ!んんっ!!!」

一番奥まで挿入してから、大きなストロークでピストンを開始。

後ろから腰を打ち付ける度に

「あんっ!……ぁあんっ!……ぁあんっ!!」

というアケミのデカい喘ぎ声と波打つムッチリとした尻肉。

そのまま何発か突き込むと精液がアケミのマンコから溢れかえってくる。

パンッ!!ぬちゃぁっ……パンッ!!ぬちゃぁっ……

とぐちょぐちょのマンコに更にピストン。

金玉まで泡立った精液が垂れてきてマンコとの間で糸を引くのが鏡越しに見える。

「アケミさん、俺のチンコ精子で真っ白になっちゃってますよ」

「うわ、ほんとだ、エロっw」

とアケミも結合部を凝視。

アケミのマンコは俺のチンコで拡がり、尿道が見えるくらいになっていた。

そのエロさにさらに興奮してきた俺は、アケミの腰を掴み直すとかき回すようなピストンに移行。

「もっといきますよ、アケミさん!」

俺のデカく張ったカリで思いっきりアケミのマン肉を擦り上げていく。

「んああっ!すごっ!!ああっ!だめっ!!気持ちいいよぉっ!!!」

グチョッ!!グチョッ!!ブチュルルルッ!!!

と物凄い音を立てながら奥深くの肉ヒダにまで届き襲い掛かる極太のカリ首。

「ぁああっ!だめっ!!それされたらいっちゃう!!!」

膣内を暴れ回られあっけなく絶頂に昇り詰めるアケミ。

「あぁああっ!!ぁああっ!!あああんっ!!あぁああっ!!」

鏡に写るアケミのイク寸前の顔をみながらパァンッッ!!!とトドメの一突き。

「いくぅうううーーーーっっ!!!!!」

またもやブシャアッ!!と盛大にハメ潮が吹き出る。

アケミは内股になりながら足をガクガクさせ、マンコに突き刺さったチンコを締め上げてくる。

「アケミさんマンコ締めてきすぎですよ!俺もイキそうっす!」

「んんっ、全然Mじゃないじゃん……ドSだよぉ♡」

2発目の射精が近づいてきた俺は、崩れ落ちそうなアケミを後ろから羽交い絞めにすると、イッたばかりのアケミに容赦なく高速ピストン。

「ちょっと!今突かれたらっ!あっ!だめだめっ!!」

2発目の発射に向かって後ろからアケミの最奥を全力で突きまくる。

ピストンのたびに揺れていた金玉がきゅぅっと上がり完全に種付け体勢に。

「もう一発奥にいくんで今度こそやばいですよ!」

「ぁあっ!そんなことされたらっ!!君のでデキちゃうっ!!」

「あああ!出ますよっ!!」

「ぁああっ!!ああっ!!あぁああっ!!あぁああっ!!んんんーーーーっっ!!!!」

「うおっ!!イクイクイクイクッ!!!俺の精子で妊娠しろっ!!!!」

腰を落として斜め下から狙いすました渾身の一発。

スパァーンッッ!!!

亀頭の先端でアケミの子宮口をぐにゅっと押しつぶすと、俺のチンコがドビュルルルッ!ビュルッ!!ビュルッ!!と大量の精液を子宮に浴びせかける。

人妻相手への中出しという興奮で、またも何十秒も続く射精。

「ふんっ!ふんっ!」

と腰を押し付けながら左右に揺さぶり最後の一滴まで最奥に注入。

「ぁあっ!君の……奥くるぅっ……」

中出しを受け止めるアケミの表情を見ながら最高の快楽を味わい、その後ゆっくりとチンコを引き抜いた。

「もうアタシ足ガクガクだよぉ……」

荒い息を吐くアケミ。

「アケミさん、マンコ良く見せてくださいよ」

とアケミの足を開かせる。

精液とマン汁でベタベタのアケミのマンコの周りにはチン毛が何本も張り付いてめちゃくちゃになっていた。

その直後、中出し2発分の何百発もの男のピストンを食らってポッカリ開いたマンコからドロドロの精液が大量に流れ出てくる。

途中でプクっと精液がちょうちんを作りながらマンコから出てきた。

「やだっ……すっごいでてくる……」

そのあまりのエロさにムクッ……ムクッ……と再度硬くなってくるチンコ。

「アケミさん、まだ終わらないですよ」

「はぁっ、はぁっ、マジでっ……ちょっ、元気すぎw」

倒れ込みそうになるアケミをベッドに寝かすと容赦なくのしかかり、チンコを突き立てる。

お互い汗だくになりながらの激しいセックス。

「ぁんっ!ぁんっ!あんっ!あんっ!」

「ふんっ!!おらっ!!」

アケミにしがみつきながら、パンパンパンパンッ!!とガン突きを食らわす。

「ぁああんっ!だめっ!激しいのっ、きもちいいっ♡」

俺の下で体を痙攣させながら突かれ続けるアケミ。

「ぁあああっ!ぁあっ!硬いので、こんなにされたらっ……壊れちゃうっ!」

「アケミさん、そんなに俺の気持ちいいですか」

「うんっ!うんっ!君のが一番気持ちいいよっ!」

俺の体をぎゅっと抱きしめてくるアケミ。

「アケミさんとのエッチ最高……。お店の人だってみんなアケミさんの体狙ってますよ」

「ゃんっ、もうっ、そんなことないってぇ」

「ほんとですよ。そいつらにヤラれる前にもう一発しっかり出させてください!」

俺は自分のチンコを使って、膣内に精液を塗り込み、亀頭で子宮口を何発も乱打して、3発目の精子を女に食らわせる準備を整えていく。

「あんっ!いいよっ!もう一発君の、奥にちょうだいっ!」

アケミの巨乳を揉みしだきながら、ぐちょぐちょのマンコに肉棒の強烈な突き下ろし。

アケミがピクピク震えるたびにチンコが締め付けられ急激に射精が近づいてくる。

「ああっ!イキそうっ!!」

「あっ!んんっ!きてっ!!きてっ!!」

「もう一発中に出すぞっ!アケミ!!オラぁああああああっっ!!!!!」

3発目も体が震えるくらいの快感がチンコに走った。

男の欲望を満たすため、出す瞬間は当然思いっきりチンコを最奥にねじ込んで種付けプレス。

俺の精子がウヨウヨと泳ぐマンコの中に、

ドクッ!ドクッ!ドクッ!ビュルルルッ!!ビュルルルッ!!

と3発目の中出しで精液を追加。

「ぁあっ、またどくどく出されてる♡」

ピクッピクッと震えるアケミのマンコが精子を搾り取ってくる。

俺はディープキスをしながらケツを振って、中出しの余韻を楽しんだ。

「ああっ……はぁーっ♡」

と汗だくで気持ちよさそうな顔をしているアケミ。

チンコを抜くと、泡立った強烈な臭いの精液がお尻の穴の方まで流れていた。

「ああー、めっちゃ出ました」

「うわっ、どんだけ出してんのw」

と自分のマンコを覗き込むアケミ。

アケミが力を入れると更に奥からダラーッとザーメンが溢れかえってくる。

「やっぱ若いだけあって凄いね。中に銃弾3発も食らっちゃったw」

「アケミさん、めちゃくちゃ気持ち良いから」

「アタシも気持ちよかったー。ねえ、またしよ♡」

「いいんですか?何発でもしますよ」

「もう、正月からこれとか、絶対エロい一年になっちゃうじゃんw」

「いいじゃないっすか、エロい一年でw」

-終わり-
投稿から3年が経過したため、お気に入りボタン以外は無効です。
抜ける・濡れた
投票:163人
いいね
投票:147人
文章が上手
投票:74人
続編希望
投票:356人
お気に入り登録
投票:224人
名作
投票:49人

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。

この記事の解析グラフを見る
合計:1013ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 0回
  • 0回
  • 29,553回
  • 165,626回
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 181位
  • 377位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • 46Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 1,456位
  • 1,502位
  • -位
※25461記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]