エチケン

体験談メニュー

タイトル

ほろ酔いツイスターゲームでパンチラ(後半)

2018-11-03 13:03:12

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

前回の続きです。

酔いが回って寝てしまったゆみとめぐみをベッドの上に寝かせて、俺達は二人のシャツのボタンを外していきます。シャツのボタンを外され二人はブラとパンツが丸見えです。俺達は二人のブラとパンツをつまみにお酒を楽しみます。

お酒も進み、しょうごは理性を保てなくなり、ゆみの胸やお尻を触り始めました。めぐみの身体にも手を出そうとしたので俺はしょうごを止めました。内心俺以外の男にはめぐみの身体を触られたく無かったからです。そして俺はめぐみを連れて隣の部屋に移動します。去り際に私はしょうごの「楽しんでね♪」とだけ伝えました。部屋に残されたしょうごは私の予想通り、寝ているゆみに襲いかかりました。

部屋を出た私はめぐみに手を出さず、めぐみの純白パンツの鑑賞を楽しみます。私はすぐにめぐみに手を出さなかったのには狙いがあります。その狙いはしょうごとゆみのエッチ現場をめぐみに目撃させてショックを受けさせる事です。案の定部屋に残したしょうごはゆみを襲っており、目を覚ましたゆみは最初は悲鳴をあげるもその声は喘ぎ声に変わり、二人はエッチを始めました。

私はタイミングを見計らってめぐみを起こし、しょうごとゆみがエッチをしている部屋に向かわせます。何も知らないめぐみは二人のエッチの現場を目撃してショックを受けます。戻ってきためぐみはよほどショックが大きかったのか泣きそうな顔で私に抱きついてきました。ゆみとめぐみはサークル内では実の姉妹のように仲が好かったので無理はありません。私は親身になって話を聞く振りをしながらパニックに陥っている状況を利用してめぐみに告白をします。冷静な判断を出来ないめぐみはその場の空気に流されて私の告白を受け入れてくれます。

それから私は畳み掛けるようにめぐみに手を出していきます。めぐみを強く抱きしめ、まずはディープキスをします。その後ベッドの上に寝かせて、再びシャツのボタンを外し、ブラとパンツを露にします。先ほどまでパンツを見られるのすら恥ずかしがってためぐみが何の抵抗もなく受け入れてくれます。「純白パンツ可愛いね♪」と言うと恥ずかしそうに「エッチ♪」と返してくれたのでホント可愛いです。ブラも外してめぐみの胸を触ります。めぐみの胸は私の手のひらに収まるちょうどいい大きさです。また私はパンチラフェチの性癖があり、下の純白パンツは脱がしません。パンツ越しにめぐみのお尻を執拗に撫で回します。執拗に胸とお尻を触られて感じ始めたらおま○こに指を入れて濡らしにかかります。そしてほどよく濡れた段階でパンツ横にずらしてめぐみのおま○こに挿入します。めぐみの中は締め付けがよく気持ち良かったです。めぐみも最初は必死に声を押し殺していましたが、気持ち良さに我慢できず最後は甲高い喘ぎ声を出していました。最初から中出しは可哀想だったので外に出してめぐみとの初エッチを終わりました。

その後俺とめぐみ付き合うことになりました。めぐみと二人きりの時はめぐみを辱しめて楽しませてもらいました。

機会があればめぐみを辱しめて楽しんだ事も書きたいと思います。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

お知らせ

サイトメニュー