エチケン

体験談メニュー

タイトル

学祭はセックス祭り2

2018-09-19 22:02:01

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさん(10代)からの投稿

学祭一日目、全校生徒の前で激しいダンスをした。最後の曲は私の見せ場でもあり、誰にも真似できないようなダンスをした。

無理したせいか足をひねった。

先生 「さやさん、私君を保健室まで付き添ってあげなさいと」

ラッキーだった。丁度さやとセックスする役速があった。

保健室には誰もいない。

私達はトイレでセックスをすることにした。

さや 「汗だくだね」

私 「10分間休まず踊ってるんだから疲れるよ」

さや「私も汗だくだよ」

お互い汗の匂いを嗅ぎながらキスした。

さやとはもう10回もセックスしてるからお互いのことがわかってきた。

さやはマン毛が濃く、舐められるのが一番好きだった。

さや 「あーーん そこそこ 気持ちいい」

さやはたくさんの潮を吹いた相変わらずすごい量だった。

時間もなかったので

私 「入れたらすぐに出すよ」

さや 「いいよ 早く入れて」

さや 「あーん」

パンパンパン凄い速さでピストンをした。

さやは声が枯れるまで出し続けた。

パンツはびしょ濡れでノーパンで体育館に戻った。

放課後、先生が大騒ぎしていた。

床一面が濡れていた。

ここで誰かがセックスかレズプレイをしたのではないか。とのことだった。

前に、生徒がセックスしているのが先生にバレて停学処分を受けたという。

緊張が走った。しかし、先生はこの学年ではないと判断した。なぜなら、用務員が掃除に来たのは私達がセックスしたあとはなんにも問題がなかったという。

しゅう 「先輩でしょ」

私 「それ思った」

先輩がよくトイレでセックスしているという噂があったからだ。先生はそれは知らない。

先生 「と言うことで今日は速やかに下校してください」

私は先生に鍵を返したあと体育館に向かったすると

? 「いやーん あーん」

? 「声がもれるでしょ」

女の声だった。こっそり覗くと先輩二人がマンコをこすりつけあっていた。

私 「トントン、失礼します」

私は平然と入った。

先輩 「わあ」

私 「あきら先輩とますみ先輩」

生徒会の人だ。私は驚いた。

あきら先輩 「ごめんね。見られちゃった」 

ますみ先輩 「このあと付き合って」

そう言われてしかたなくついていくことにした。

あきら先輩は160センチで胸はgカップある

ますみ先輩は155センチで胸はfカップある

ますみ先輩 「明日のバレーとバスケの勝負があるんだ。」

私 「はい」

あきら先輩 「もしうちらのクラスが君たちのクラスより順位が上だったらさっきのことを言わないでほしいの」

あきら先輩 「もしそっちが勝ったら好きにしていいわよ」

私 「わかりました」

との約束をかわし明日を迎えた

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ