月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 2 分で読了)

妖怪だらけの屋敷

投稿:2018-09-06 17:20:00

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

名無し

いよいよ、明日からは新社会人。

かろうじて大学を卒業した私は、クラスメイトの女子学生5人で最近新しく出来たと言われるテーマパークへ行った。

そのテーマパークには最強の妖怪屋敷があり、私達はその妖怪屋敷へ行くことになったんだけど、入園時はなぜかヒラヒラのプリーツかフレアかなびきやすいスカート類のみで、スカートの下は下着のみとチケットに書かれていた。

「どうして、ヒラヒラのスカートのみなの?」

私はそう思った。

とにかく、行ってみよう。

私そうは思い、友人と共に例のテーマパークへ向かった。

「ここが、例の妖怪屋敷なの?」

友人Aが私達に呟いた。

「とにかく、早く中に入ろうよ。」

友人Bが呟いた。

全員がプリーツやフレア系のスカートを履いていた。

「それじゃ、行こうか。」

私は友人たちに呟き屋敷の中へ入って行った。

私達は、これから起きる出来事をまだ知らず、ここに来た事を後悔する事になることさえも知らずにいた。

「ここは、玄関?」

友人Aが私達に呟いた。

「そうみたいだね。」

友人Bが呟き歩き始めたところ・・・

床から突風が吹き上がり、私達のスカートを捲り上げていた。

捲れ上がったスカートから、白やピンクや水色などのパンティが曝け出されるも、私達かその場から逃げ出した。

「もう。」

私は呟き、壁に手を触れるや壁が回転し隣の部屋に倒れた。

「いたたた・・・。」

私は呟きあたりを見渡したけれど、その場に友人の姿はなかった。

私は不安になりつつ、あたりを見渡した。

「ウケケケ・・・・」

どこからか、笑い声がした。

「何?」

私は呟きあたりを見渡した。

2匹の小さな妖魔が私に向かって歩み寄って来た。

その妖怪とは餓鬼でした。

「な、何?」

私は2匹の餓鬼を見て呟くや、その3匹の妖魔は私達に襲い掛かって来た。

「ちょっと、な、なんなの・・・。」

私は呟くも、状況お理解した時にはすでに遅かった。

餓鬼の一匹が私の服を裂き、曝け出されたブラを剥ぎ取り露出したおっぱいを見ては二匹餓鬼が私の乳首を銜えてはしゃぶりだした。

「ちょ、放しなさい。」

私は餓鬼達に向かって叫ぶも、餓鬼達に私達人間の言葉など理解出来るはずもなく、私は凌辱されはじめた。

餓鬼による凌辱はしだいにエスカレートしていった。

スカートやパンティを裂かれ、露出した私の裸体を見て餓鬼達は不気味に笑い続けていた。

その後、私は餓鬼たちに引きずり回され別の部屋へ連れて行かれた。

「き、気持ちいい・。」

友人Bの声がした。

私は驚愕した。

私と一緒にこの妖怪屋敷に来た友人たちが、幾多の妖怪たちに凌辱されていた。

友人たちは、妖怪達に凌辱されていた。

そして、3匹の餓鬼達による私への凌辱は始まった。

パイ刷り、乳首攻めに膣攻め・・餓鬼達は私の体を汚してった。

凌辱されているのは私だけではなく、友人たちも妖魔達に凌辱されていた。

「そ、そんな・・このままじゃ。」

私は呟きどうにかして凌辱から逃れようとするも、なかなか果たす事が出来ずただ餓鬼達に体を穢されて行き理性を奪われたいった。

「あっ、あああんっ・・はぁあんっ。」

私は喘ぎ続けた。

「うぐっ。」

私の膣に何かが突き刺さった。

そして、私の体が上下に揺れ、おっぱいも揺れた。

「あっ、あああんっ・・」

私はおっぱいを揺らしながら喘ぎ続けた。

「喘ぎ続けたのは私だけではなく、4人の友人達は同じようにおっぱいをゆらしながら喘ぎ続けた。

そう、子宮に淫魔や妖怪たちの子種が注ぎ込まれ魔の生命を宿すまで。

快楽に溺れた私達は、幾多の妖怪たちとSEXを続けた。

-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:6
いいね
投票数:5
文章が上手
投票数:4
続編希望
投票数:11
お気に入り登録
投票数:5
名作
投票数:4

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:35ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 9回
  • 41回
  • 803回
  • 8,540回
  • 0位
  • 17,172位
  • 17,667位
  • 17,184位
  • 14,239位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 14,489位
  • -位
※20178記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]