エチケン

体験談メニュー

タイトル

バーベキューで酔ったゼミの同級生を送り届けた時の出来事

2018-08-29 22:41:00

この話のカテゴリ

本文(1/1)

ちゃもしさんからの投稿

この日はゼミの先輩達と同級生何人かとバーベキューをしていた。

俺は元々ドライバーだったためもう一人のドライバーの先輩と酒を飲まずコーラを飲んでわいわいしていた。

それ以外のゼミのみんなは酒を飲みながらわいわいしていました。

バーベキューも終盤になると酔っ払ってるやつと寝始めるやつがで始め、お開きとなったので俺は同期達を車に乗っけて、先輩達と解散しました。

同級生は女3人男1人乗っており、そのうち女1人は俺の家の近くだったため近くまで送ることにした。

それぞれ同級生達を最寄駅に下ろして、とうとう車の中は2人きりになりました。

その子は酔っていて疲れているのか助手席で眠っていました。

初めは気にはしていなかったのだが、寝顔が思ったより可愛く、しかも半袖にショートパンツで股を開いて寝ていました。

それを見ていたら、だんだん興奮してきて人気のない駐車場の隅に車を止めました。

初めに太ももをつついてみた。

でも全く反応がなかった。相当眠りが深いと分かったのでおっぱいを揉んでみた。

思ったより大きくシャツを下から捲り上げブラを見るとCカップであった。

そしてブラをずらすとハリのある弾力のあるおっぱいが現れた。

俺は我慢できずビンビンに立った息子をその子の乳首に擦りつけてシコシコしてました。

それでも全く起きる気配がなかったため、ショートパンツのファスナーを下ろした。

するとパンツは履いていなく、黒々とした広めの逆三角形のジャングルが現れました。

おそらくバーベキューの時にパンツが濡れてしまい、バレないと思いそのままショートパンツを履いたのだろう。

ゆっくりシートを下げて、ゆっくりショートパンツを下げ、ゆっくり股を広げ、俺の息子とその子のあそこを擦り合わせました。

俺のあそこは我慢汁が溢れ、今にも入れたかったが、入れたら起きてしまうと思い、我慢汁をその子のあそこに擦りつけてました。

擦り続けているとイキそうだったのでその子のあそこに先っちょだけ入れて中に出しました。

入れが浅いため、ダラダラ出てきていましたが少しその子の中に入れて残りはティッシュで拭き取り、バレるといけないので綺麗にゆっくり元に戻してあげました。

こんなことしてても起きないその子はすごいと思っていたが、駐車場を出て少ししたらその子は目が覚めたが、脱がされて中に出されたことに気づいてはいなかった。

そのまま何事もなかったようにその子の家まで送り届けました。

その後のゼミも今まで通りふつうに接していたが、俺に気付かない知らない間に犯されていたとは知らないと考えると今でも興奮が止まらず、オナネタにしています。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ