エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 10 分で読めます)

夫も知らない私の男性遍歴

2018-08-22 21:25:25

この話のカテゴリ

本文(1/1)

美緒さん(40代)からの投稿

私は今年40歳になる人妻です。

名前は美緒と言います。

高◯生と中◯生2人の子供がいて、主婦業の傍らパートで事務員をしています。夫は6歳年上のサラリーマン。もう5年以上セックスレスです。

今日は夫も知らない私の男性遍歴を書いてみたいと思います。自分史みたいなものなのでエッチでなければごめんなさいです。

私の始めての男性経験は高校3年の時でした。関東に住んでいて女子校に通っていたのですが、高校2年で親が離婚した関係で母の実家に近い関西に引っ越しました。女子校時代には彼氏になれそうな男友達もいましたが離れることになって、親も離婚して、関西の共学校に転校してから私はなかなか周囲と打ち解けることができませんでした。

そんな私が心を落ち着けることができたのがアルバイトでした。高校2年の終わりぐらいから、私は自宅近くのお寿司屋さんでアルバイトを始めました。そこは地元のお寿司屋さんで、大将ご夫妻とその息子さんで切り盛りしているお店でした。息子さん、というのが私の初体験の相手です。

4歳年上の翔くんはちょっとヤンキーっぽさのあるイケメンでした。楽しいお兄ちゃんみたいな感じで、学校も家も面白くなかった当時の私にはすごくいい話し相手で、仕事の合間に翔くんと話すことが私の楽しみでした。

バイトのある日だけでなく、バイトのない日にも会うようになった頃、翔くんから好きだと言われました。私も翔くんのことを好きになっていたので、告白を受け入れました。

初めてのエッチはすぐでした。告白された日に告白された近所の公園で初キスをして、次の日が初エッチでした。翔くんの車で海辺のカフェっぽいところに行ってお昼を食べて、その途中から「美緒ちゃんとエッチしたい」と言われました。私はどこかでそうなることを予想していたと思うんてすが、とにかく経験がなかったので、不安でした。でもホテルに行こうと言う翔くんの言葉に従いました。それぐらい彼のことが好きで、彼に頼っていました。

初めてラブホに行って、初めて男の人の前で裸になって一緒にシャワーを浴びました。

翔くんは私に「可愛い、可愛い」とずっと言ってくれていました。今、私はたまに女優の竹内結子さんに似ていると言われたり、松嶋菜々子さんに似ていると言われたこともあります。ただ身長は松嶋菜々子さんとは全然違って155cm。小柄です。胸も小さいのですが、そんな私の体を見て翔くんは可愛いと言っていました。私は手で自分の体をできるだけ隠すようにしていました。とにかく恥ずかしかった記憶があります。初めて男の人の裸を見たんですが、翔くんのおちんちんを見た驚きより、自分の裸を見られる恥ずかしさが勝っていたと思います。

ベッドに移動してすぐに翔くんは私にフェラするように言いました。男の人のおちんちんを口に入れることに抵抗がありましたが、翔くんはすごくおちんちんを大きく硬くしていて、私が嫌がるっても許してくれませんでした。硬い翔くんのおちんちんを頬張って翔くんに言われるままにフェラしました。その後、私はベッドの上で大きく足を開かされて翔くんに見られました。初めて男の人にアソコを見られました。

「俺、美緒ちゃんのオメコ見た第1号やな」と翔くんが言ったことを覚えています。

恥ずかしいままオメコを舐められたり指を入れられたりして、初めておちんちんで貫かれました。

ほんとに痛かったです!

「痛ーい‼︎」と絶叫したし涙も流しました。それぐらい痛かったです。でも翔くんは全然やめてくれなくて、胸や乳首を触られたりしながら正常位で突かれ続けました。途中で四つん這いにさせられてバックでも突かれました。また正常位に戻って翔くんは私のお腹に射精したのですが、精液が少しピンクっぽく見えたのは私の血だったと思います(ゴムはつけていませんでした)。シーツにも血が滲んでいました。

それが私の初体験です。

その後もう一回したんですが、相変わらず痛かった記憶しかありません。

その後は会える時は必ずと言っていいほどエッチしました。2回目からは痛さもなく、むしろすごく気持ちよくなってきました。エッチする場所はラブホが多かったですが、母や弟がいない時にうちのマンションですることもありました。翔くんの家は大将やお母さんがしょっちゅう出入りするということでほとんど行くことはありませんでした。

そして、私は翔くんに騙されていたことがありました。まず翔くんは4歳年上ではなく7歳年上の25歳でした。あまり歳が離れてると私がつき合わないと思ったらしく嘘をついてたんです。さらに翔くんは遊び人でした。友達と遊びに行くと言っては他の彼女と遊んでいるような人でした。

私は高校卒業後専門学校に進学したのですが、翔くんの女癖がわかって何度か涙ながらの話し合いがあって、それでも浮気が治まる気配もなく、専門学校で新しい友達と出会ったこともあり別れることを決めました。私が別れを告げてからも翔くんは何度も復縁を迫ってきましたが、よりを戻すことはありませんでした。

専門学校ではキャピキャピ?した親しい女友達もできて、私は結構はっちゃけてました。女友達と、あるいは学校の男友達も交えてカラオケや居酒屋で遊んでいたこともしょっちゅうでした。

女友達と遊びに行くとよくナンパもされました。ほとんどは適当に飲んでしゃべって終わるだけでしたが、いわゆるワンナイトもありました。

これは夫も知らないことですが。

夫には初体験、というか初恋の話はしています。夫とつき合う前につき合っていた人のことも言ってます。

恋愛したのはイコール男性経験は夫で3人目であるかのように話しています。

でも実は。。

この専門学校時代に私はほんとはっちゃけていました。高校時代暗く過ごしていたので、その反動もあって…というのは言い訳ですが。

3人で遊びに行ってナンパしてきた男性も3人という時に、他の2人の友達がそれぞれ男と帰ったりホテルに行くという話になって、私だけ1人で帰るというのも何なので、自分も。。ということがちょいちょいこの時期ありました。

多分専門学校の2年間で10人〜11人ぐらいだと思います。正直に言うと、私は翔くんに「開発」されていたのでエッチがすごく好きでした。男の人に抱かれていると、すごく愛されてる感があって、とにかく気持ちよかったんです。

専門学校の男の先輩に紹介された人とつき合ったこともありましたが、3ケ月ぐらいで別れました。性格的に合わなかったことが一番ですが、エッチが下手な人だったってこともあります。男の人によってエッチの気持ちよさが変わるんだってこともその頃知りました。

専門学校時代になかなかすごい経験をした話があります。

これも夫にはもちろん言っていません。

夏休みに友達と4人で須磨海岸に行きました。4人ともビキニを着て砂浜でしゃべっていたらナンパされました。ところがそれは実際にはナンパではなく須磨で遊んでいる女の子を取材に来た東京ローカルのテレビの深夜番組の人でした。

最初は楽しく遊んでいるところを謝礼を払うので撮影させてくれということでした。簡単なインタビューをされてビーチボールで遊んでるところを撮影したあとに、ディレクターなのかスタッフみたいな人が駐車場に停めてあるバンに移動して個別に撮影させてほしいと言ってきました。その時点で友達の2人は断りました。ただもう1人の友達が興味を持ちました。謝礼に惹かれたみたいでした。結局私はその友達につき合う形で移動してバンに行きました。

東京のテレビスタッフだという男の人達は話も面白いしノリもよく、私達も夏の海ということで開放的になっていたと思います。

最初は車の中で座りながら、彼氏はいるの?男性経験何人?なんて質問を受けていました。ビキニの海パンを履いた男性2人の股間を見て「どっちが大きいと思う?」という質問をされた時から雰囲気が変わってきた気はしていましたが、正解はこちら!と2人が海パンを下ろした時も、まだ「キャー」と騒ぐ私達の反応を撮りたいだけだと思っていました。

ディレクターらしき人がさらに謝礼を出すと言ってきました。学生の私達には結構いい金額です。おっぱいを見せてくれという要求でした。「えー⁈」と言いながら、友達がそれほど嫌がっていないのがわかりました。顔は映さないから、とディレクター。私はまさかと思ったのですが、友達はOKしました。流れで私もやらなきゃいけない雰囲気になり、まず友達がビキニのトップを外して顔を手で隠した形でおっぱいを撮影されました。友達は背も高く胸も大きいので、その後にビキニを外した私はすごく恥ずかしくて嫌でした。でも乳首がピンクだとか何か褒められた記憶があります。撮影してる時にいきなり乳首を触られました。スタッフの人達はみんなニヤニヤしています。

ディレクターはさらに「オマンコも撮影させて」と言ってきました。これはもうテレビじゃないなと、さすがにその時は思いました。これもかなり高額の謝礼が出るという話で友達はOKしました。私は最後まで断っていたのですが、結局水着を横にずらす形で撮影に応じました。ディレクターは私のアソコを指で開いて撮影しました。

それからエッチしてるところを撮影させてほしいとさらに要求がエスカレートしてきましたが、さすがにそれは友達も嫌だと言いました。スタッフの人達はかなり長時間しつこく口説いてきましたが、結局それ以上はさせずに車を降りました。

明らかにアダルトビデオの撮影でした。後日もらった名刺を確認したらテレビの制作会社ではなくAVの制作会社だということがわかりました。私達の恥ずかしい姿が、実際ビデオの中に登場したのかどうかはわかりませんが。

専門学校時代にはこんな経験もありました。

専門学校を卒業した私は神戸の中堅商社に事務として就職しました。

その会社で私は4歳年上の秀臣と知り合います。秀臣は北九州の小倉出身。九州男児だからか結構強引な男っぽい性格でした。私もそこに惹かれました。小さい会社で若い社員がたくさんいたので、みんなすごく仲が良くて、そんな中で私達も親しくなっていきました。秀臣は一人暮らしだったので、私は実家から通い妻のようになって半同棲状態でした。

今だから?言えますが、秀臣は結構おちんちんが大きくてエッチの相性もすごくよかったと思います。秀臣はとにかくバックが好きでした。四つん這いだったりお尻だけ突き出したり寝バックだったり立ちバックだったり。私が今でもバックが一番好きな体位なのは秀臣の影響だと思います。

つき合って1年半が過ぎた頃、会社が経営悪化で縮小されることになりました。それによって辞める社員も多く、秀臣も会社を辞めて小倉に帰ることになりました。私は22歳でしたが結婚したいと本気で思っていました。秀臣も結婚したいとは言ってくれていましたが、小倉で仕事が安定してからという話で、私達は神戸と小倉の遠距離恋愛になりました。

会うのは2ケ月に1回。私が小倉に行ったり秀臣が神戸に来たり。中間の岡山で会うこともありました。

会うとエッチをしていたのですが、秀臣は私をバックで突きながら「俺がいないと浮気してるんだろ?美緒はスケベだからチンポがほしいんだろ!」と言っていつもお尻を叩きました。けど私は浮気していませんでした。秀臣を愛する気持ちが強かったからです。

ただ会う期間が2ケ月に1回が3ケ月に1回になり、4ケ月に1回になるうちに少しずつ変化が出てきました。。

商社を辞めていた私は、とある広告代理店の営業所の庶務のアルバイトをしていました。

そこの営業所長が貴田さんという人でした。当時年齢は43歳。昔体育会系のラガーマンだったらしく、ガタイがよくて性格もすごく押しの強い人です。もちろん既婚者です。社員達はみんな貴田さんのことを怖い存在に思っていました。

私は紅一点の女子だったので結構可愛がってもらって、お昼をご馳走になったりちょっとしたプレゼントを買ってもらったりしていました。もちろん、遠距離恋愛の相談にも乗ってもらっていました。

お父さんのいない私にはお父さん?的存在にも思っていたのですが。。

ある日貴田さんと飲みに行くことになりました。秀臣からは男と2人で飲みに行くなとずっと言われてました。私は飲んだらエッチしたくなるタイプなんです。秀臣はそれを知っているので、絶対ダメだと言われてました。

その日は貴田さんからずっと誘われていて「もう店予約してるからな」と強引な感じにセッティングてされていました。

多分貴田さんは最初かはそのつもりだったんだと思います。ソフトドリンクを頼もうとしても口当たりのいいカクテルを飲ませて、遅くなるから…と言うとタクシーで送るからと言って完全な貴田さんペース。

「浮気するな!ってガミガミ言う男の方こそ浮気してる」「エッチなんてスポーツと一緒やから」などと言われ、私は流れのままラブホに連れ込まれました。その時の私は3ケ月以上エッチしてなかったと思います。しかも、会える予定が流れることが決まった後でした。

貴田さんの中年特有の脂の乗った、でも逞しい体に抱かれて、私は何度もイキました。秀臣もおちんちんが大きい方だと思っていましたが、貴田さんのはもっと大きくて、とても黒いおちんちんでした。

貴田さんはエッチの最中に携帯のカメラで私を何度も撮影しました。エッチしてない時もM字開脚とかいろんなポーズを私にさせて撮影しました。

私は貴田さんの大きなおちんちんでバンバン激しく突かれて、ものすごく大きな声で喘いでいたと思います。

その日かは私は遠距離恋愛をしながら、貴田さんとも不倫関係を続けるようになりました。

今の夫、友之くんがその営業所に配属されたのはそれからすぐでした。

友之くん(夫)には遠距離恋愛のことは話していました。友之くんも相談に乗ってくれて、私はその優しさに好感を持っていました。遠距離恋愛でいつまでも結婚に踏み切らず、束縛はするけど仕事が忙しいと会わない秀臣に対して恋愛感情は薄らいでいました。一方で友之くんの優しさに(結婚するなら、こういう優しくて落ち着いた人がいいかも)と思うようになっていました。

つき合ってほしいと言ったのは私からです。遠距離恋愛してた彼とはきっぱり別れたから、つき合ってほしいと言いました。友之くんはOKしてくれました。

だから、夫(友之くん)は私の2人目(嘘)の彼氏の話も知ってるんです。

でも貴田さんの件は知りません。今も知りません。

友之くんとつき合いだした時も私は貴田さんと関係を持っていました。貴田さんに友之くんとつき合うと言った時も貴田さんは「バレんかったらいいんちゃう?」でした。

友之くん(夫)とのエッチは正直最初から物足りないものでした。うまいとは言えないし淡白。おちんちんのサイズも普通から少し小さめ。けど一生懸命愛してくれてる感で満足していました。ていうか、しているつもりでした。

実際貴田さんとも隠れてあって濃厚なエッチをしてたからです。貴田さんは駅弁ができる人でした。駅弁がめちゃ気持ちいいわけではないですが、犯されてる感がすごくいいんです。

そんな貴田さんとどう別れるかが問題でしたが、私は友之くんと結婚することでそれを実現しました。

貴田さんが友之くんに言うんじゃないかという恐怖もありましたが、さすがに貴田さんも部下に「お前の恋人とヤってる」とは言えないはずです。

私は友之くんとつき合いだして半年で結婚を決め、会社を退職しました。

実は結婚してからも一度だけ貴田さんとエッチしたことがありました。しかも妊娠中です。

でも貴田さんとはそれ以来会っていません。

子供も2人生まれて私は主婦として落ち着きました。

24歳で結婚してから貴田さんの一度を除いて夫以外の男性に体を許していません。

去年までは。

私は2年前からある倉庫会社でパートで事務をしています。

そこに契約社員で同い年39歳の男性が働くようになりました。夫ともその数年前からセックスレスだったし、セックスをしてた時もずっと淡白。正直夫とのエッチで激しくイったことはありませんでした。

その男性、伸夫は仕事の合間に親しく話すようになり、LINEを交換するようになりました。そして、ことあるごとに「美緒さん、可愛い。美緒さん、綺麗」と言ってくれました。竹内結子に似てると言った1人は彼です。

私の誕生日にランチをご馳走してくれたことがあって、伸夫は自分の誕生日にはお返しにエッチを、とずっと言っていました。私は断っていましたが、多分それはポーズだったんだと思います。その時「日本がW杯出場決まったら」なんて条件を言っていました。日本がW杯に出るのなんてほとんど確実な時にです。

私はしばらく買ってなかったセクシーな下着をいくつも買って、約束の日に伸夫の車でラブホに行ってエッチしました。

伸夫は40歳ですが、サーフィンをやっていてマッチョでタフ。久しぶりのエッチで私は抑えていても声が出てしまい、自分でもびっくりするぐらいアソコを濡らしてイキました。太いおちんちんで思いっきり奥まで突かれました。

それ以来、仕事に行くと行っては会社を休み伸夫とエッチしています。仕事帰りも夕方伸夫の車でエッチをしています。

美緒さん、と呼んでいた伸夫も、今は私のことを美緒と呼んでいて、要求してくることも多くなりました。

先週はパイパンにしろ、と言われて今下の毛を剃ってしまってる状態です。夫とはエッチもなくお風呂に一緒に入ることもないのでバレないと思いますが、伸夫に胸にわざとキスマークをつけられたのは、服装によっては見えそうでヤバいです。

伸夫にも年下の奥さんがいてW不倫状態。伸夫には子供がなく、奥さんは助産師さんなので夜勤が多いらしく夜家に来いとたまに誘われます。

私は昼と夕方以外伸夫と会うことはありません。

一度だけ会社の飲み会だと言って夜出かけたことはありますが。

これが夫も知らない私の男性遍歴と現在です。

いつかバレるのかと思いながらやめることができません。

やっぱり私はスケベなんでしょうね。。。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]