エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 6 分で読めます)

酒場で嫁が視姦セクハラされると興奮した俺②

2018-08-14 00:13:19

この話のシリーズ一覧

1:夏の酒場は視姦セクハラされやすく興奮の場でした
2:酒場で嫁が視姦セクハラされると興奮した俺②(今見てる話
3:酒場で嫁が視姦セクハラされると興奮した俺③

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

わりと好評だったので他の話しもいくつか端的に書きます

俺が言うのもなんですが美人な嫁は酒のはいった男達に初対面でも優しく話しかけられたり酒奢ってくれたりとチヤホヤされました

普段は見た目ツンツンした感じなのに酔うと無防備でお調子者な嫁の性格も俺的には好都合でハシゴ酒した2軒目3軒目なり泳がせるとドキドキ楽しめました

寝たふり編①

あるラウンジで嫁を店内泳がせ俺は長椅子で寝たふりしていたらセクハラ口撃しだした男客達

店内はママとカウンター席に年配の2人の男客とテーブル席は40代2人組と30~40代らしき3人組の男達のグループで2席埋まってました

この夜の嫁の服装は夏の暑い夜で胸元Vに開いたシャツにローライズのジーンズで屈むとブラチラはしてましたしジーンズも腰からガードルがチラチラ

俺的にはムラムラもしない見慣れた服装でしたが外の男達はムラムラしたようです

嫁はどっちかのテーブル席で飲んでたようで

男客「奥さん今日はパンツ黒やな?(笑)」

「えっ?」

男客「ブラジャー黒やからパンツも黒やろ?(笑)動くたび黒いブラジャーとオッパイの谷間チラチラ見えてたまらんわぁ(笑)」

「えっもう~(苦笑)」

別の男客「言うな~ずっと見とったのに隠したやないか(笑)」

「もう~スケベ(笑)」

男客達「ハッハッハッハッハッハッ」

男客「俺、酌してくれた時、谷間どころか美味しそうなオッパイほぼ見たで(爆)」

男客「俺も(笑)あんまり大きくはないやろハハハッハハッ」

怒り気味に

「えーもう~(苦笑)」

男客達「ハッハッハッハッハッハッハッハッハッ」

「ハハハッもうスケベ~」

「ブラは黒やけど下は黒違います」

男客「じゃ白や。パンツもジーンズからチラチラ見えてるやんけ(笑)」

「これガードル、それにベージュです」

男客「そうそう、それガードルやな(笑)」

男客達「言うなパンチラも隠したやんけ」

「もう~みんなよく見とるな(苦笑)」

男客「黒やて」

男客「白かベージュやて」

「違います~」

男客「じゃ黒やったらヤラすか?」

「なんでそうなるんや?ええよ(笑)」

男客「ええの、言うたな(笑)」

「言うたよ(笑)」

男客「即ホテルやぞ(笑)」

「ええよ(笑)」

男客達「ここでヤレや(笑)」

男客「俺はええよ(笑)」

男客達「ハッハッハッハッハッハッ」

別の男客「白かベージュやったら俺にヤラせよ?(笑)」

「なんでそうなるんや(笑)ええよ(笑)」

男客達「じゃパンツ見せや(笑)」

「ハハハッアホかぁ~」

男客達「脱げ、脱げ、脱げ」

と手拍子と脱げゴール

男客「これだけ男おったらみんなで押さえつけて脱がせるんやぞ」

男客「俺足持つで(笑)」

男客達「ハッハッハッハッハッハッ」

冗談とはいえ俺は寝たふりして聞きながら嫁が男客達に押さえつけられ脱がされる姿想像して勃起しまくり

店内の男達にブラに包まれてるとはいえ小さいオッパイも見られたと思うと変な興奮

「もう~ママちょっと来て」

カッカッカッと嫁とママの足音

男客達「隅っこでコソコソするな~」

男客「減るもんちゃうわ(笑)」

「減るわ(笑)」

「なっ違うやろ」

ママ「みんな外れ(苦笑)」

男客達「えーホンマ?」

ママ「黒でも白でもベージュでもないですよ」

男客達「えー」

「そやから言ったやろ」

と、いちおう落ちつき飲みなおしになった店内でしたがしばらくして嫁がトイレ行くと話しが再燃

男客「ママ、ホンマは何色?黒やろ?」

ママ「しつこい(苦笑)」

男客「黒か白やろ?」

男客達「そうそうあの場をおさめるためにかばったんやろ?」

ママ「ホンマ違うって」

男客「黒やったらヤラすって言われて引き下がれるかいな。ママに聞いたって言わんから言って」

男客「黒か白かベージュなら強引にでもズボンずり下げて証拠つきつけるから」

男客「あの女、最低でもここでジーンズ脱がしてみんなの前でパンティ1枚にしてやるし」

男客達「ハハハッ楽しみ~」

ママ「旦那おるんやで」

男客「旦那、寝とるし。約束は約束やし」

男客達「そうそう(笑)全裸にぜぇ(笑)」

俺は聞き耳たてながら、心の中でそうそう俺は寝てるし起きんよとワクワクドキドキ

するとカウンター席の方から声が

男客「青(笑)」

テーブル席の男客達「えっ」

ママ「コラッ(笑)」

カウンターの男客達「あの奥さん青ですよ(笑)」

男客達「そうなん?」

ママ「私が言ったって言わんでよ(苦笑)」

男客達「そうなんかぁ~」

カウンター席の男客「青パンティ帰ってきましたよ(笑)」

ママ「コラァ~(笑)」

男客達「青パンティと飲みなおそうや(笑)」

ママ「もう~内緒やで~」

男客達「ハッハッハッハッハッハッ」

寝たふり編②

嫁と炉端で飲み帰り道の通りすがりのラウンジで俺と嫁と店のママと店の女の子と常連客らしき老若男女と下ネタ交えながら和気あいあいと飲んでて途中酒の弱い俺は少し横になるはと長椅子にゴロリとしてたら本当に寝てしまいどれくらい寝たか?目を覚めすと店内はシーン

「ハッハッハッ」

「ハハハッ」

と少し遠くこら聞こえてくる男と嫁の笑い声

寝ぼけてしばらくはボーッとしながら寝る前の記憶辿りながら寝たふり

「ハハハッスケベ~」

男客「ハッハッハッ」

とか

男客達「イッキイッキイッキ」

「イエーイ」

男客達「おー」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチ

「ハハハッ次、何歌う?」

とカラオケと笑い声で盛り上がってた店内が今はシーンで客もだいぶ減った様子

時々聞こえてくる

「ハハハッ」

「ハッハッハッ」

って声

それに交じり男客達の小声の話し声も

男客「あの女酒強すぎるで、だいぶ飲ましたぞ」

男客「そやな、あの酒の強いSさんとダメ張ってるもんな、旦那とっくに潰れてるのにな」

男客「けど、Sさんもようやるな(笑)」

男客「好みらしいで(笑)気ィきかせよ(笑)」

男客「2人の世界やし近づかんよ、ええ女やもんな顔も身体も(笑)」

男客「落とせるらしいで(笑)」

男客「軽そうやもんな、時間の問題か?(笑)」

「ハハハッハハハッ」

と時々聞こえる嫁の笑い声

店内の様子は何人かの客は帰り店の女の子も帰り奥のテーブル席に男(S)と嫁でカウンターにママと男客

俺の後ろにSの仲間らしき男客2人

男客「くっつきすぎやで」

男客「女も満更やなさそうえんちゃうの(笑)」

しばらくしてカッカッカッと店外のトイレに行った嫁

カウンター席の男客「どうでした?」

S「いかん、硬いわ(苦笑)」

ママ「もう(苦笑)」

男客「今からホテルですか?(笑)」

S「ハハハッ」

男客「ずっと尻さわってたでしょ?(笑)」

S「さわってないよ」

男客達「えー」

S「クソッええ女やのにな」

男客「どうやったんや?」

S「イケる思たけど硬いな、無理やった」

男客達「いい雰囲気でしたやん?」

S「あそこまで」

S「落とせんとわかってから乳2回揉んでやった(笑)」

男客達「ハッハッハッ」

S「あの女酒尻は触らすのに乳は嫌がるな(笑)」

男客「やっぱ尻さわってたんやんか(笑)」

S「相当飲まして目もトローンってしとるし無抵抗やからキスしようとしたらダメって抱きついてきたから腰持って話しながらぞっと尻に手もっていったら無抵抗でされるがまま(笑)」

S「尻触りまくったで(笑)ストッキング越しに太もも触りながらスカートに手入れようとしたら立ち上がりかけたからゴメンゴメンって言って座らして仕切り直し(笑)」

男客達「ええな~あの尻触りまくって」

S「ええケツしとったで(笑)スカート越しにパンティの感触も伝わってきたし尻触りながら夫婦性活とか男経験とかエロ話しばっかり(笑)旦那とはレスとかって」

男客達「レスって言ってましたよね。もったいない」

S「もう1軒行こうや?とか今度2人で飲みに行こうや?って誘ってものってこんかったな」

S「俺の女なったら毎日満足させるからって言ったら、今は無理やしありがとうやって(怒)」

S「尻さわりながらムニムニ脇腹に伝わってた胸ぞっと軽く揉んだらビクッてカラダが反応してまた立ち上がりかけたから座らして談笑、しばらくしてから今度はギュッと乳まともに鷲掴みにしつら身体がビクッとなってクネクネ抵抗したけどかまわす数回モミモミ(笑)カラダひねって立ち上がってトイレって逃げた(苦笑)」

男客達「ハッハッハッハッハッハッ」

S「大きくはないけどええ乳やったな(笑)」

男達達「手つきイヤらしいですよ(笑)」

男客達「尻はどうやった?」

男客「そうそうあのプリプリのケツたまらんな」

男客達「あっ帰ってきた」

S「またゆっくり話すわ(笑)ケツは最高~まだ感触残っとるわ(笑)」

その後は何もなかったかのように飲んでた男客と嫁でした

2つとも嫁は話さないし俺は寝たふりして知らないしことになってます

-終わり-

コメント欄

この記事へのコメントはできません。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]