エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 1 分で読了)

寝ている俺の彼女隣で犯された彼女③

2018-07-12 15:27:13

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿
前回の話

寝ている俺の隣で犯された彼女②

前回の続きです。 流石にヤバいと思って、玄関のドアを叩いた。 2〜3分ほどしてドアが開いた。 『あ、お帰り…』 彼女の顔は風呂上がりのようだった。 軽く汗ばんでいる。 問いつめるか悩んだが、あえて何も言わず口こそ聞かなかったが、ケンカはそれ以上はしなかった。 モヤモ…

前回の続きです。

ついに『入れて』と言わせた友人は少し慌てながらズボンを脱ぎ始めた。

そして『はあぁ…』吐息のよう彼女の声が聞こえる。

よほど我慢させられていたんだろう。

ガラスに写る彼女の顔は微笑みながら感じていた。

『やっと…欲しかったぁ…』

彼女がこんなになるまでしつこく他の男に責められた事はもちろん1度もなかったので

どうしていいかはわからない…

でも、とんでもなく興奮していた。

『…ん…?、こいつ…ゴムはめたっけ…?』

疑問が頭をよぎる

友人は友人でよほど興奮していたのだろう…何とも早いフィニッシュだった…

『…ちょっと待て……まさか…生で中出ししたのか…!?』

あっという間に射精した友人に彼女は物足りない様子…

結局、俺は起きることが出来ず朝までほとんど眠れずにいた。

そして次の日、友人はいつも朝一でかえるのだが…

その日は俺が仕事なのを知っていて

昼過ぎの電車で帰ると言い出した。

断る理由が浮かばす結局、二人を置いて仕事に行くことになってしまった。

仕事中も昨日の光景が頭から離れず…こうしてる今も邪魔者がいないあの部屋で時間の許す限りセックスをしてんだろう…

そう思うと頭がおかしくなりそうだった。

なのに興奮している自分がいた事も事実。

複雑な心境に仕事どころでは正直ありませんでしたね。

この話の続き

浮気の罰は膣内撮影①

彼女はあれからも何度か俺の留守中にあいつと2〜3回ほどセックスしていたらしい。 俺は彼女と別れる事になった。 そして彼女は荷物をまとめ、後は住む場所が見つかれば出ていく予定だった。 そのしばらくして、友人はよそで何人も孕ませていた事がわかった。 彼女は自分がしていた事を後悔し、俺に『…

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
お名前[任意]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]