エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

アパート1階のぽっちゃり熟女さん

2018-07-12 01:44:18

この話のカテゴリ

本文(1/1)

くるみんさん(20代)からの投稿

今年の9月に、あるアパートに引っ越ししました。

僕は、そのアパートの2階に住んでいる。

ちなみに僕は現在3流大に通う大学生です。

そのアパートの一階には、60代くらいのぽっちゃりとしたおばさんが1人で住んでいます。

アパートは昔ながらって感じで、洗濯などは表に干す場所があって、そのおばさんはよくそこで洗濯物を干してました。

学校に行く前や、帰る時も、よく顔を合わせて軽く会釈なんかもしてたので、お互いの顔は認知している関係でした。

そしてそれは、ある休日の朝でした。

朝の空気を吸おうとアパートの一階で、体操をしてると、ガチャっと音が鳴って、おばさんが出てきます。

僕が、「あ、おはようございます。」

と、声をかけると、

おばさん「おはよう。あら、今日は学校お休みなの?」と聞かれたので、

「はい!」

すると、

おばさん「なんなら、うちでちょっと朝ご飯でも食べる?」

どうやらおばさんは、学生で金がなく、食事もバイトのまかないで補っているほどの僕を見抜き、食事に誘ってくれたようでした。

「え、いいんですか?」

おばさん「勿論よ、大したものじゃないけどね… 笑」

いやいや、タダで飯が食えるというだけでも、かなり有難い事ですよ!

僕は、2つ返事で、

「それじゃあ、おかまいなく♪」

と、いって、おばさんの家に招待されました。

おばさんの家は、ごく普通の部屋でした。

おばさんからは、僕の生い立ちや年齢、どこの大学に通ってて、どんなアルバイトをしてるかなど、まるで尋問されているかのように聞かれました。

そして、おばさんの手料理の朝ごはんを頂き、満腹感に浸っていると。。。

おばさん「元気、出た?」

と聞かれ、

「はい!とても美味しかったです♪ご馳走様でした!」と返すと、

おばさん「じゃあ、ココも…?♡笑」

と、なんと僕の股間を触ってきたのです。

僕は、えっ暖と驚いたが、おばさんの表情がマジ物で。。。

そして、着ていたジャージの中に腕を突っ込み、僕のアソコをギュッと掴んできたのです!

おばさん「うわぁ〜カチカチ♡笑」

あぁ、おばさん。そんなに触っちゃダメだ、、、。

しかし、おばさんの冷たい手が、僕のアソコにウヨウヨと絡みついてました。

あぁ、ダメだ、気持ち良い。。。

そして、

おばさん「あなた立派な身体してるし、チンチンも立派だと思ったぁ〜♡笑」

僕もそのおばさんの妙なエロい雰囲気に包まれ、

「よかったら…舐めて…みます?笑」

と、言ってしまったのです。

すると、

おばさん「え、いいのぉ?♡おばさん本気にしちゃうよ?♡笑」

と、その気に。

明らかに、嬉しそうでした。

「はい、ご飯のお礼です。笑」

と、いうと、

おばさん「じゃあ次はわたしがご馳走になろっかなぁ〜♡笑 フフフ、カチカチですっごく美味しそぉ…(〃ω〃)♪笑」

ぽちゃおばさんのフェラは濃厚で、とても気持ち良かったです。。。

それから、というものの、、

週に2回はおばさんの家に行って、フェラされ、おばさんの乳を吸い、まんこを舐め、ゴムはしっかりしているものの、ハメてます。。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]