エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 1 分で読めます)

隣のお姉さんのおっぱいが気になってしまう

2018-07-08 07:45:00

この話のシリーズ一覧

1:隣のお姉さんの下着が手に入った2:隣のお姉さんの下着をチェックするのが日課になった
3:隣のお姉さんのおっぱいが気になってしまう(今見てる話

この話のカテゴリ

本文(1/1)

Kさん(20代)からの投稿

隣のお姉さんのベランダをチェックするようになって1週間とちょっと経ちました。

お姉さんはだいたい2日に一回のペースで洗濯するようです。

しかしここ数日は雨が多く、残念ながら部屋干ししてるようで、ベランダに洗濯物が見当たりませんでした。

昨日、僕が家に戻った時、ちょうど隣のお姉さんが出かけるようでドアに鍵をかけてる後ろ姿が見えました。黒のトップスで肩まで出してました。

お姉さんはこちらを向くとしゃがんで靴紐を結び直してました。

僕は「こんにちは」と挨拶しながら通り過ぎようとした時、前に屈んだ胸元に目を向けました。綺麗な鎖骨と白い乳房がチラリと見えました。

お姉さんも「こんにちは」と笑顔で返してくれました。

すごくドキドキしました。

まさか僕がお姉さんのブラを持ってるなんて気づいてないだろうな?

部屋に戻り、乳房のイメージが鮮明なうちに一発抜きました。

白くて綺麗な素肌に柔らかそうなおっぱいを思い出しながら、昨夜も抜きました。

そして今朝早くベランダを見ると洗濯物がありました。

覗いてみると、一番手前に昨日の肩出しの時に着てたと思われる黒のチューブトップブラがありました。

伸縮性のある素材で裏にカップが付いてました。

これでズレたりしないのだろうか?と気になりました。

その他に、グリーンとピンクのブラとショーツのセットがありました。

ピンクの方はスケスケのレースのタンガでした。

お姉さんはいろんな種類の下着を持ってるようですが、一体どのくらい持ってるのか気になります。

今後も要チェックです。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]