エチケン

体験談メニュー

タイトル

同級生のあやなとのセックス

2018-06-07 19:12:07

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

奈良県/名無しさん(10代)からの投稿

前回、試合会場でりかとトイレでヤったあと、最近はりかにも飽きていたところだ。

そこである噂が流行っている。その噂は、最近目をつけているあやなにクラスの男子がエロ写メをおくれと言っているというものだ。今回はそれを調査するという名義であやなを呼んだ。もちろんやれたらやるつもりだ。

「あやな、あのラインほんまなん?」

『う、うんそうやねん〜』

「あのさ、一つ気になることがあるねんけど」

『なに?』

「M字開脚ってエロいん?」

これは、LINEの最後にあった会話の内容だ。

『う、うん…』

「へえ、じゃあやってみてよ」

俺は少し強気になった。普段エロい会話をするあやななら行けるかもと。

『!?やだよ!』

まあそんな上手くいかない。そこで俺は少し脅迫をした。

「あ、じゃあみんなにあやなのキャンプの時の着替えの画像広めようかなー…」

そう、それはおれが野外活動であやなの着替えを撮った写メだった。

『それはだめ!…わかった、開脚だけだよ?』

「う、うん」

俺は身を乗り出した。

あやなはスカートの状態で机に乗ってこちらに向かって脚を開いた。

『こ、これでいい??』

かなり恥ずかしいのか、顔は真っ赤だった。

しかし、半分見せたかったのか、すこし顔が赤い。そこで俺はあやなを勢いで押し倒した。

『きゃっ!?開脚だけって…』

「そんな約束は知らないよ。あやなも、エッチなことしたいでしょ?」

『そんなこと…』

「下の口はどうかな?」

そう言って開脚しているなかの体操ズボンを摩った。

『だ、だめ//』

その喘ぎ声は普段の妄想のような声だった。

「あやな、エロいよ…もう止まらないよ。」

俺はそう言ってあやなの服のボタンとスカートとハーフパンツを脱がせた。

あやなは下着姿になった。

「あやなのおっぱいとおまんこがこの布1枚に隠れてる…エロいな…」

『もう、解説なんかいらないからぁ//』

そう言われると、俺は左手で胸、右手でおまんこを触り、さらにキスをした。

『あん//あん//』

もうあやなは充分濡れていた。

「あやな、いれるよ。」

『えっ!?う、うん//』

そう言うと、ブラとパンツを脱ぎ始めた。

『初めてだから、優しくね?』

と言いながら、お尻をこちらに突き出してきた。

「あやなっ!」

『はぁ//あぁん//』

「あやな、あやな…」

腰を振るとともに胸も揉む。そしてキス。

『だめぇ//それ気持ちいいから、らめ//』

しかし俺は止まらなかった。

そして、しばらくピストン運動を続け…

「あやな、なかにだすよ!」

『うん//』

二人同時にいった。

「あやな…またやろうね…」

こうしてりかのつぎに俺の性欲処理は決まったのは一昨日のことだ。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ