成人向けサイトのため、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?

※お子様と端末を共同利用している場合はチェックしないでください。その場合は24時間有効です。

【現在32,134話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

Tips(広告を非表示にする方法)

投稿特典
体験談や小説を投稿して一定の評価を獲得すると一定期間広告が非表示になります。
詳細はこちら


その他に広告非表示にする方法はこちらをご確認ください。

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

体験談(約 3 分で読了)

先日、女子小◯生のエロい話とエロい生パンツに、歓喜しました

投稿:2018-04-07 07:12:24

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※広告に影響が出るため英字は変換不可。(投稿特典期間中や広告非表示サービスでは使用可)

リセット
置き換え

本文

鬼お福さん(20代)

ロ◯コンのかた向けの内容です。

先日の午前中、俺はコンビニで買い物を済ませると、バスに乗るべくそのコンビニの手前にあるバス停に行き、ベンチに座りました。

そのときは俺ひとりでしたが、そのあとから四人の女子小◯生(見た目からして。まあ4年~5年生くらい)が、ゾロゾロとやって来ました。

一人の娘(Aちゃん)が早速ベンチに座りかけたときに、別の一人の女子(Bちゃん)が

「あっ、待って」

と言い、Aちゃんが座るのを止めさせました。

「なんでー」

Aちゃんが言いました。

それに対しBちゃんが

「ベンチ座るとき気を付けて。木が釘みたいに出てることあるから。」

と諫めました。

Aちゃんが

「ここ大丈夫じゃない?」

と言うとBちゃんが

「一応ね。あたしこないだ、別のベンチだけど、木が尖ったとこあって、座ってて立ち上がったときに引っかかって、パンツ破れたから」

みたいに、言いました。

「えー最悪」「最悪」

AちゃんCちゃんDちゃんが次々に言いました。

Bちゃん「そうだよー最悪。ほんと恥ずかしかったし。立ち上がったときに(パンツが)引っかかって(パンツが)びーんって引っ張られ伸びちゃって。で、右と左に人いたから『やばいパンツ見られてる』って思って、急いで強引に、パンツを引っかかったとこから引き離そうとしたら、ビリビリーって破れて。」

Cちゃん「横の人に見られたん?」

Bちゃん「うん。右と左にいた人、絶対こっち見てたもん。」

Dちゃん「え、男の人?」

Bちゃん「うん。」

Dちゃん「イケメン?」

Bちゃん「ぽくなかったぁ。おじさん。だから超イヤだったぁ。」

Cちゃん「イケメンなら嬉しかったんやろー」

Bちゃん「(笑)」

俺は、この娘たちのやりとりを聞きながら、このBちゃんのパンツがびよーんと引っ張られ破れる光景を、頭のなかで具体的に想像していたら、超ムラムラしてきました。

ムラムラしていてつい俺は、Bちゃんの尻や白い小綺麗なスカートから出た美脚を、なめ回すように、じーっと見ていました。

すると、Bちゃんがこっちを見ました。

他の三人も、つられて俺を見ました。

彼女達と目が合いました。

すると彼女達は、顔を寄せ合い、何かヒソヒソコソコソと話をし始めました。

で、こっちを見たあとに、

「きゃははっ」

と、笑いやがりました。

「クソガキめ、スカートめくってパンツ引っ張って破ったろか(笑)パンツに精液かけたろか(笑)」

とか、冗談だけど思いました。

そのあとバスが来るまでの間、ベンチにAちゃんとDちゃんが座り、BちゃんとCちゃんはベンチに座らずに、AちゃんとDちゃんの手前にしゃがみこんで、ワイワイ話してました。

しゃがみこむBちゃんとCちゃんはスカートだったので、俺は二人のパンツを覗いてやろうとしました。

Cちゃんは、黒のスパッツを履いていたためかガードが甘く、黒のスパッツが普通にチラチラ見えました。

スパッツと太ももが、とてもエロかったです。

で、メインディッシュのBちゃんは、両足の奥のほうの太ももは見えましたが、あとちょっと、本当あとちょっと、肝心な下着は確認できませんでした。

でも、ギリギリ見えないくらいが逆に興奮したし、途中でBちゃんが両足を固く閉ざしてスカートを押さえたりしていて、パンツを見られまいとガードするその姿が、凄く可愛く思えました。

バスが来て乗り込むとき、ここで乗る客は俺と女子四人だけでした。

俺は並ぶ際に、彼女たちの後ろの位置につきました。

で、俺は、目の前に並んでいたDちゃんの後ろの髪の毛を、バレないように指でそっとさわさわしました。

凄い緊張感がありながらも、ツヤツヤで良い香りの髪の毛に大満足しました。

極めつけは、スカート姿のBちゃんとCちゃんがバスの登り口の階段を上がるとき、俺はしゃがみこんで靴を触る真似をしながら、下から彼女たちのスカートの中を見上げました。

Cちゃんの黒のスパッツがまた見えました。

そして、メインディッシュのBちゃんの、固い牙城を崩せました。

段を登るはずみにスカートが揺れて、Bちゃんのパンツが見えました。

正真正銘の生のパンツでした。

周りの縁が黒くて、黒の水玉柄の白パンツでした。

段を上がろうと右足を1歩上げたとき、Bちゃんの水玉パンツに、ぐにっとシワが寄りました。

生々しいエロさでした。

あの水玉パンツに、尖ったものを引っかけて破りたくなりました(笑)

おっさんに見られて破れたパンツは、どんなパンツだったのかも、気になりました。

ちなみに、バスの前のほうの一人掛け席に座った俺。

すると俺が降りるよりも先に、彼女達が降りました。

で、降りるために彼女達が後ろから来るとわかったので、俺は左手を座席のひじ掛けに乗せました。

そしたら運良く、左手の甲と小指に、黒のスパッツのCちゃんのスカートが、さわさわさわっと、軽く触れました。

たまらず、小指をほんのかすかに少し伸ばして、Cちゃんの黒のスカートの上のほうを触りました。

聴覚、視角、嗅覚、触覚。四つを駆使し、女の子たちを存分に楽しました。

ごちそうさまでした。

欲を言えば、Bちゃんのパンツが尖ったとこに引っかかってびよーんと伸びて丸見えになり、しかも慌てて引き離そうとしてビリビリと破れた瞬間に、立ち会いたかったです。

そのときのBちゃんの、困り嫌がる顔を見たかったです(笑)

-終わり-
次ページが反応しなかったりボタン自体が無い場合は、ご使用されているブラウザのキャッシュを削除してください。
※特典やお気に入りが消えるので、削除前にマイページURLのブックマークをお願いします。
投稿から3年が経過したため、投票ボタンは無効です。
抜ける・濡れた
投票:9人
いいね
投票:8人
文章が上手
投票:4人
続編希望
投票:16人
お気に入り
投票:10人
名作
投票:5人
この話はオススメですか?
はい
非公開
いいえ
非公開

※この投票比率は「殿堂入り」や「お勧めタグ」の条件に使用します。

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。
※次作投稿に必要な続編ポイントはなくなりました。
この記事の解析グラフを見る
合計:52ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0回
  • 0回
  • 0回
  • 1回
  • 285回
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 19,499位
  • 23,423位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 3Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 0位
  • 11,038位
  • -位
※32146記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。

※顔が誰か分かる画像や陰部の無修正画像はNGです。違反した場合はイメージ画像機能は使用できなくなります。

画像をアップロード

話の感想(1件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]