エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

~つづき~

2018-03-23 21:45:06

この話のシリーズ一覧

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

「ホントに…ああん!今日はなんかヤバい‼あんっ!」

腰を押さえながらひたすらバックで突き続ける。

彼女は声が出ないように口を塞いでいる。

「ああん!あんっ!あっ‼」

その瞬間、俺のモノが抜けてしまった。

「今日ホントヤバい。ハァハァ…。」

「俺のモノが堪らないんだ?笑」

「バカ。続きしよ。」

そう言うと、俺を段差のところに座らせて跨がってきた。

「あんっ!やっぱヤバい…」

彼女に主導権を握らせる。首に手を回して、腰を振っている。

「ああん!当たる‼ああん!あんっ!ヤバい‼」

「自分で当ててるとかエロ過ぎだろ。」

「ああん!いいじゃん…あんっ!気持ちくない?」

「ヤバいよ。気持ちいい。」

「良かった…ああん!」

ぷるん、ぷるんと揺れる胸にしゃぶりつく。

「ああん!乳首ダメ‼ダメ‼ああん!あんっ!」

「ちょっ…ああん!ヤバい‼ダメ‼あんっ!」

相当ヤバいのか動きが止まった。

「ハァ…ヤバい。」

「段々勃ちが悪くなってきたかな?」

「そう?じゃあこうする。」

そう言った彼女は俺の乳首を舐めてきた。

「チュパ、チュパ、チュッ。」

「ほら、戻った!」

復活したから今度は下から突く。

「はぁん‼復活した。ああん!あんっ!」

「今度は突いてやるよ。」

「ああん!ヤバい‼あぁん、あんっ!あんっ!」

肩に寄りかかりながら耳元で喘ぐ。

「ああん!あんっ!あんっ!イクかも、あんっ!」

「出そう、ヤバい…」

「いいよ、中に出して…ああん!」

そう言うから発射準備。

「ああん!あんっ!あんっ!イクッ!ああん!出して!出していいよ…ああん!」

「ハァハァ、出しちゃったわ。」

「ハァハァ、大丈夫。ハァハァ、イッちゃった。」

しばらく抱き合いながらゆっくりした後服を着ながら彼女が言った。

「今日は安全日だから大丈夫。またしよ。」

そして家路についた。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]