エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

店員さんの乳首チラ

2018-03-17 14:39:11

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

 去年の夏、絶版になった漫画を探して古本屋などを巡っていたときの話だ。

 俺は中古品を取り扱っている、某オタク向けショップへ行った。目当ての漫画は見つからなかったのだが、せっかくなので古本以外を扱っているフロアも見て回ることにした。

 その店は、アニメDVDからフィギュアなどのグッズまで取り揃えていた。

 俺はCDのコーナーを歩いている時に、ふと足を止めた。ある女性店員のことが気になったからだ。

 彼女は胸元の空いたシャツを着て、ワゴンの中の商品を整理するために屈んで作業をしていた。

 これは、正面から見たら下着が丸見えなのではないか。そう思った俺は、早速彼女に近づいた。そして、期待した以上のものを見ることができた。

 その店員は案の定、胸元が空きまくっていた。しかもブラのサイズが全く合っておらず、乳首まで見えてしまっていたのだ。

 俺は夢中になって彼女のことを観察した。

 オタク系ショップで働くだけあって、あまり垢抜けていない子だった。黒髪にメガネで、文学少女っぽい印象を受けた。

 おっぱいは白くて綺麗だった。大きさはBカップあるかどうかといった程度の、控えめなサイズ。貧乳ゆえに、ブラとの間に隙間ができてしまったのだと思う。

 俺以外の客も彼女の無防備さに気づいたようで、代わる代わる彼女の胸元を覗き込んでいた。

「オタクたちに乳首を見られまくっている純粋そうな女性」という構図に、俺は非常に興奮した。

 しばらくすると彼女がレジの奥へ引っ込んだので、俺は満足して帰宅した。

 それ以後も、何度かその店を訪れたことがある。しかし、ある時からその店員さんは胸元の緩い服を着なくなった。

 誰かからガードの甘さを指摘されたのかもしれない。

 自分が乳首を晒し続けていたと気づいたときの彼女は、どんな反応をしたのだろうか。それを想像すると、今でも興奮する。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]