エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

同級生の胸チラを見た話

2018-03-10 16:16:30

この話のシリーズ一覧

1:同級生の胸チラを見た話(今見てる話
2:一人暮らしの同級生の部屋に侵入した話

この話のカテゴリ

本文(1/1)

兵庫県/名無しさん(40代)からの投稿

長い割にはあまりエロくなくすいません。

ウチの高校は5月に遠足に行くある。

1年の時はキャンプ場での飯盒炊さんとハイキングだった。

男女4人ずつで班になった。

同じ班には園田という女子がいた。

他は忘れた。

で、飯盒炊さんはカレーを作る事になった。

俺と園田がご飯を研ぐ役割で炊事場に米と飯盒を持っていくとこにした。

園田はブサカワ系で、男子の是非は半々だったが俺はありだった。

飯盒を持って行きながら「イトーって何中?」って話かけていた。俺は奥手だったので、女子と話するのは正直苦手で、園田と話したのはこれが最初だった。

「5中。園田は?」「2中、5中からウチ来る人少ないよね」「同じクラスやと長尾だけやな。あいつとは幼稚園からの腐れ縁」というような会話をするだけでもドキドキだった。

少しして園田のスニーカーの紐が解けてるのに気づいた。

「園田、紐解けてるよ」「ホントだ。ちょっと待ってて」

そう言いながら園田はその場でしゃがんで靴ひもを結ぼうとする。

その時Tシャツの胸もとから園田の白い胸が丸見えになった。

水色のブラもサイズが合ってないのか、乳輪まで見えそうだった。

こんなに近くで生の胸の膨らみを見るのは初めてだった。柔らかそうな胸だった。

ほんの数秒がとても長く感じた。

炊事場で向かい合わせになって米を研いだのだが、俺の目は園田の胸に釘付けだった。

改めて見ると結構大きかった。

隣にならんでる別のクラスの女子(名前は知らない)と比べてもボリュームは全然違った。

後から知った事だがEカップらしい。

俺は園田の事が気になり出した。

みんながカレーの準備をしている場所へ戻る途中、またも園田の靴紐が解けました。そしてガン見。

もう我慢できなくなり、研いだ米を同じ班の男子に渡すと、ダッシュでトイレに行きました。

個室に入ってオナニーをしました。

普段やるより何倍も気持ちよく、一気に2回も放出しました。

飯盒炊さんの後は岩山のトレッキング。

岩山といっても、特別な装備は不要ですが一部よじ登らないとだめなところもあります。

同じ班のメンバーで足並みを揃えて歩きます。

急な段差のところに来て、先に上がってた俺に園田が「イトー、引っ張って〜」と手を伸ばして来ます。

園田の手を握り引っ張りあげます。

実はこれが初めて女子の手を握りました。暖かく柔らかでした。

俺は緊張からか手に汗をかいてました。「イトー、汗かいてる。あたしの手を握ったからかな?そんな事ないか」可愛く笑います。

いやいやそんな事で汗をかいてます。

ゴール地点につくと、園田は腰を折り、ゼーゼーはーはー言いながら両手を膝に格好になりました。

またもやおっぱいが見れましたが、靴紐の時と角度が違うからか、なんと、乳首まで見えました。

色白の園田に合うピンク色でした。

乳首は立ってなくアポロチョコを大きくしたような形でした。

後から長尾が「イトー、お前、園田の胸見てたやろ」とからかってきました。

靴紐の時から見られてたようで恥ずかしくなりました。

しばらくの間オナニーのオカズは園田の胸でしたが、オカズにすればするほど気になってしまい、授業中でも目は園田を追いかけてました。

結局奥手なのが災いして、つきあうどころか告白も出来ませんでした。

けど、約1年後、園田とエッチする機会がありましたが、それはまた後日書こうと思います。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]