エチケン

体験談メニュー

注目のPR

タイトル

【閲覧注意】真央ちゃんと夢叶ちゃんへのガチレイプ

2018-02-16 17:36:27

この話のシリーズ一覧

本文

名無しさんからの投稿

今回もグロ注意です。

さらに、真央ちゃんもレイプするのですが、その前に明里ちゃんに恒例のチン毛シャンプーをさせました。

前回から全く洗っていませんので、チン毛の汚さはそのままで、強烈な臭いを漂わせています。

おそらく、菌やウイルスはうじゃうじゃいるでしょう。

明里ちゃんは、嫌々ながら、チン毛をしっかりと舐めてくれます。

明里ちゃんの唾に濡れて、チン毛がしなり、何本か抜けてきました。

僕はそれをまとめて束にし、その間にも雑菌掃除をさせました。

チン毛の根元も、垢が溜まっていましたから、徹底的に掃除をさせました。

そして最後に、束にしたチン毛を食べてもらいます。大きく口を開けて、歯に絡みつかせて噛み、最後にゴックンしました。

このように明里ちゃんには毎日チン毛シャンプーをさせています。

さて、この日は真央ちゃんの家に侵入し、チンカス掃除をさせることにしました。

「真央ちゃんチンカス舐めて!」

「うん…」

真央ちゃんは、明里ちゃんから僕に逆らったらどうなるかキッチリ聞かさせれているので、命令に従います。

僕のチンコは全く洗っていないので、すぐにチンカスが溜まります。真央ちゃんを汚したくて、掃除させることにしました。

「臭い…なんで洗わないの…」

真央ちゃんは、嫌々ながらも舐め取ってくれます。

僕のチンカスは、舌で舐めるだけでは取れません。しっかり唾液で溶かして、集中的に削ぎ落とさないといけないのです。

「真央ちゃん!この白いの一個にこんなに菌あるよ!」

「チン毛は明里ちゃんが綺麗にしてくれたよ!」

「真央ちゃんの為に毎日チンカス溜めてあげるね!」

そう言いながら、舐めさせます。そして、一度チンカスをごっくんさせます。

「にが…オェー!まずいって…」

真央ちゃんのチンカス掃除に満足した僕は、そのまま口に咥えさせ、喉奥まで突きます。

「真央ちゃん!真央ちゃん!口が気持ちいいよ!」

チンカス掃除だけでイキそうになっていたので、あっという間に射精しました。胃でチンカスと精子が混ざり合うことでしょう。

そして、間髪入れずに挿入します。日焼け跡のエロい真央ちゃんの身体は、何回ヤッても最高でした。

「痛い!やめて!抜いてよー!」

僕の真央ちゃんの顔よりデカいチンコが、真央ちゃんの膣内でピストンしています。

「二人目作ろうね!いっぱい出すから受精して!」

僕はそう言って一発目を出します。

そして、さらに締め付けてくる膣内を楽しみながら、尻を叩きます。

パチン!パチン!といい音で鳴ります。すると、肉がカリにぴったりと絡みつき、ますます気持ち良くなりました。

「痛い!お尻、叩かないでよぉ〜!」

真央ちゃんはそう言いますが、どうでもいいです。血が出るまで尻を叩き、絶頂を繰り返しました。

そして、真央ちゃんは二度目の妊娠をし、もちろん妊娠中もセックスし、出産後間髪入れずに妊娠中出ししました。

また、この日は夢叶ちゃんの身体を楽しむことにしました。

家に入った瞬間に服を脱がせ、デカいおっぱいにむしゃぶりつきました。

「夢叶ちゃん!夢叶ちゃんのおっぱい最高だよ!母乳が出るようにしてあげるね!」

夢叶ちゃんは、その言葉を聞いて絶望したようです。がっくりうなだれました。

さて、僕のチンコもデカくなってきたので、性欲処理することにしました。

まずはチンコ全体を舐めさせます。夢叶ちゃんは舌先でカリに付いた変色したチンカスを削ぎ落とし、金玉を舐め、裏筋を舐めます。

僕は我慢できなくなり、夢叶ちゃんを仰向けにして、喉奥まで突くことにしました。

「ズキッ!ゴホッ!オエ!」

夢叶ちゃんは非常に苦しそうな声でもがいています。

僕からすれば、こうすることで食道にカリが当たり、ちょうどいいあんばいに擦れるので非常に気持ち良かったです。

骨のきしむ音が聞こえたり、胃液が逆流したりしてきましたが、お構いなく高速でピストンしました。

「夢叶ちゃん!口マンコ最高!」

そして、汚い大量の精子を胃に注ぎ込みました。ポチャポチャと音を立てていましたから、量は相当でしょう。

「味わって全部飲んで!」

僕はそう言って、全部飲ませました。夢叶ちゃんは苦しそうにしていましたが、その姿に興奮し、妊娠させることにしました。

「嫌!やめて!離してよ!」

夢叶ちゃんの膣内は最高でした。まるで僕の精子を欲しているようでした。

「夢叶ちゃんのマンコすげえ締め付けてくるよ!一緒に子供作ろうね!」

射精寸前になると、僕は凄い勢いでピストンし、胸を揉みしだきます。そして、大量の精子を膣内に出すのでした。

「いやあぁ!妊娠したくないって!」

夢叶ちゃんは泣きながら訴えますが、母乳が飲みたい僕はお構いなく突き続けます。

夢叶ちゃんの顔を見ると、何回出してもチンコが疼き、絶対に孕ましたくなるのです。

更に夢叶ちゃんに楽しんでもらい、妊娠の可能性を上げるべく、秘密兵器を用意しました。

その名も変態納豆です。大豆を粉々にし、精子と混ぜて乾燥させます。

そして、精子で茶色く腐った大豆を包茎の中に入れ、チンカスと尿でじっくりと熟成させます。

そして、仕上げに乾燥(腐敗)させ、新鮮な精子をかけて完成です。

これらをタッパーに大量にいれて、準備しておきました。大豆と精子の腐った臭いのダブルですから、凄い臭いで、性病に加えて食中毒は確定です。

納豆の腐った臭いが何ヶ月も腐った精子と絡みますから、由美ちゃんに咥えさせたリコーダーよりも強烈です。

「夢叶ちゃん!これ食べて妊娠して!」

僕は、大量の変態納豆をスプーンで食べさせます。吐き出さないように、一度にたくさん食べさせました。

「臭い!臭すぎるよ!オェー!」

うまく発音出来ていませんでしたが、夢叶ちゃんはそう言っていました。

確かに臭いでしょうが、夢叶ちゃんの妊娠には必要です。

夢叶ちゃんは、最初は変態納豆を飲み込むように食べていましたが、次から次へと追加されるので、よく噛んで食べ始めました。

噛むたびにネチョネチョし、今までに嗅いだことのない激悪臭がするに違いありません。

食べねばならない分、由美ちゃんより辛いでしょう。

しかも、大豆の腐敗菌だけでなく、精子、細菌、ウイルス、チンカスなどが大量にありますから、全て夢叶ちゃんの身体に行き渡るのだと思うと興奮しました。

そして、下のお口にも白い栄養と子種を25回注いであげました。

結局、朝まで中出しして腹の上から触ったら精液の重みが分かるほどになりました。

変態納豆も見事完食です。

その後、変態納豆が夢叶ちゃんの栄養になった頃に、妊娠が確定しました。

そして子供の為にも毎日変態納豆を食べさせ、出産し、待ちに待った母乳をゴクゴク飲みました。

かなり美味かったです。夢叶ちゃんの身体を作り、支配しているのは僕だと思うと興奮しました。

これで僕の体験談を終わります。

-終わり-
通報フォーム

理由[必須]

この話のカテゴリ

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ