エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 34 分で読了)

【評価高め】
俺と結子の物語エピソード9プーケット新婚旅行(1/4ページ目)

投稿:2018-01-14 23:19:02
更新:2018-01-14 23:19:02

この話のシリーズ一覧

本文(1/4ページ目)

名無しさん
前回の話

シャワールームからシャワーの「ジャー」と言う音が聞こえる

俺はベットにうつ伏せになり眠気でまだハッキリしない意識の中でその音を聞いていた。

ここはタイのプーケット…俺と結子は新婚旅行でダイヤモンドクリフと言うホテルに宿泊していた。

11月で日本は寒かったがこっちは常夏…

日本と違ってジメジメしてないからそんなに暑く無いって皆んなは言ったけど嘘だと思った

日本ほど湿気は無いけど暑いよね。

珍しく急激な気温の変化で折角の新婚旅行なのに初日から俺は体調を崩した…

なので初夜(結婚して2年近いのに)は何もしない(エッチはしないって事)で爆睡した。

結子がシャワーから戻って来た…俺はもう眠気も飛んで目も覚めていたが寝たふりして薄眼を開けて結子を見た。

身長165・B85・W60・H82…顔は女優の竹内結子をもうちょっとセクシーにした顔…俺にはもったいない女房だなまったく(笑)

こうやって見ると全く見事なプロポーションだ…巨乳じゃないけど形の良いお椀型の美乳

大きすぎないで、それでも痩せてるわけでもないお尻…良いケツしてんなぁ…

そしてすらりとした脚…まんま女子アナ風

独身時代に結子が社内を歩くと思わず目で追ってしまう男性社員が大勢いたが、このプロポーションでタイトスカートなどスーツ姿だとそれだけで商談相手が男性だった場合かなり

有利に話が進められるのは強みだよな…

そんな結子が全裸で俺の前にいるなんて結婚して2年近いのに今でも現実とは思えない時がたまにある。

それなのに俺は日本とタイの気温差で体調崩して結子の隣で爆睡したなんて元の会社の同僚が知ったら怒り狂うだろうな…特に吉田とか…(笑)

結子は全裸にバスローブを羽織っただけでオーシャンビューで海が広がるテラスのベットに横たわってます。

まだ朝の7時ですが、もう太陽がギラギラと広いホテルのテラスに注いでます。

結子は突然立ち上がってバスローブを脱ぎました…

全裸で手すりにもたれかかって青い海を見ています…お尻をちょっと突き出して…

その後ろ姿が超セクシーで俺はもう寝てられませんでした。

ベットの中で俺もパジャマとパンツを脱ぎ捨てます…ベットからそっと抜け出して結子の後ろに忍足で近寄ります、俺のムスコはもうこれ以上無いぐらいに固く勃起してます

そして後ろから抱きしめて結子の背中にキス…

結子「わっ…ビックリ…」

「おはよう」

結子「おはよう…もう大丈夫なの?」

「もう全然大丈夫だよ、心配かけてゴメン」

結子は何か言いかけたがその口を俺は自分の口で塞いだ…

後ろから羽交い締めにして背中とうなじにキスで愛撫…

結子「もうぉホントに大丈夫なの(笑)」

「大丈夫だよ少なくともムスコはこんなだよ」

後ろから抱きしめてるから俺の肉棒は結子の尻の割目に食い込んでる

結子「まったく…そのようね(笑)じゃベット行く?」

「いや…ここで」

結子「あははは…無理だよ、隣の部屋に聞こえちゃうよ」

「大丈夫だよ結子が声出さなきゃ大丈夫だよ、それにまだ寝てるって」

結子「ダメダメ…それにまだ準備OKじゃないし」

「じゃ準備するよ」

後ろから抱きついて結子の美乳を両手で愛撫する…ピンクの乳頭が固く立ってきた。

結子「もうぉ…ダメだって(笑)」

バストを攻めながらうなじにキス…耳たぶを甘噛み…

結子「もう(笑)エッチ過ぎ…変態」

「何言ってんの…もう感じてるくせに(笑)」

結子「感じて無いし…」

俺は片方の手を結子の股間に伸ばす…指先にサラサラと結子の陰毛が触れる

結子「まったく…こんな場所で誰かに見られちゃうよ」

「良いじゃんか見せても…結子はこんなシュチュエーションの方が感じるし」

結子「そんな事ないよ誰かに見られたら恥ずかしいよ」

そんな結子の言葉はまったく無視して俺の指先は背後より結子の股間に進む…

俺の中指の先がしっとりと濡れる…

「結子は恥ずかしいと濡れるんだよ…ほら…もうこんなだよ」

結子は恥ずかしさで耳まで赤くして振り返り俺を睨む

「そんな顔して怒ってるフリしてもムダだよ(笑)だいたい人なんて居ないし」

実際ここからは広々と広がる海しか見えない…しかし…ホテルのプールが下にある下から見上げればひょっとして見られちゃうだろうな…だけどいくら暑いからって朝の7時からプールには来ないだろ。

しかし…いたんだ…そんな変わった人達が…お母さんと子供2人とかなりご年配なお爺ちゃん。お母さんと子供は多分フランス人、お爺さんは1人だから何処の国の人かわからないけど顔つきからヨーロッパ系と思われた。

ヨーロッパ系の老人はプールサイドを何かブツブツ言いながらグルグルと周回してる

多分ボケ老人なんだろうな…

結子「ほら誰か出てきたじゃん…もうダメだよヤバい」

「良いじゃん…ボケ老人に見られたって」

結子「もう意地悪だよ(笑)」

「日本から遠く離れた異国の地なんだから…結子の願望を叶えてあげるよ」

結子「そんな願望無いし…」

「嘘だね結子は露出願望があるんだよ…前にホテルの窓でした時も凄く感じてたじゃん」

(第7作参照ヌードモデル篇)

俺は後ろから結子の片方の足をバルコニーのヘリにかけて股を広げた結子の秘部はもう丸見え状態になった。

嫌がってるくせに何も抵抗しないで結子は股を広げた…

「ほら下から丸見えだぞ…こんなに濡らして結子ったらいやらしい」

実際結子の秘部からヌルヌルした愛液が滴り落ちそうな雰囲気になっていた。

俺はそんな結子の秘部を人差し指と中指で広げた…そして結子の耳元で…

「ほら下のご老人に結子の恥ずかしいここをもっと良く見てもらおうよ」

結子「ハァハァ…もう意地悪…恥ずかしいよ」

「こうしたらもっと感じる?」

俺は指で結子のクリトリスを摘んでこねる様に回した…

「結子ってクリをこうやって愛撫すると感じるよね?」

俺は耳元で囁く様に言った。

結子「バカ…そこはどうやって触っても感じるんだよ…もう…エッチ…部屋に入ろうよ」

「大事な事だろ夫婦なんだからパートナーのツボは知っとかないと」

もう結子の恥ずかしい割目は洪水状態になってる…その背中はエクスタシーの絶頂が近いのか夏の日差しの為か汗がキラキラと光っている。

「さあ手すりにつかまってお尻をもっと突き出してごらん」

結子は恥ずかしいイヤだと言う言葉とは裏腹にその見事なヒップを突き出した…

俺は勃起して痛いぐらいに固くなった肉棒を早く入れてと待ち構える様にエロチックに開きかけてる小陰唇にあてがった。

このくらい興奮度が高まっていると肉棒の先が何もしてないのにニュルっと挿入されてしまう。だからってガバガバってわけでも無く女性器って不思議ですよね。

特に結子の場合はって事ですが、入口だけがグイグイと俺の肉棒を中に押し込もうとするように不思議な動きをします

俺はバックから精一杯腰を出して自身の肉棒を結子の奥にゆっくりと入れた…………そして

またゆっくりと引き出す。そのたびに肉棒に小陰唇がまとわりつく様に肉棒を濡らしていきます。

グッと奥まで挿入する時、結子は声を出すのを我慢する様に口に手を当てて必死に我慢します。後ろからその様子を見てると可愛くて余計に興奮します。

「結子…我慢しないで声出しなよ…見られながら思いっきり逝ってごらん」

結子「あンァぁぁ…もうぉ…」

俺はピストンスピードを徐々に速くしていく…結子の内股に汗が愛液と混ざって滴り落ちてる。

毎度の事だけど結子より先に俺の方が限界に近い…

「結子…もう限界だよ…我慢出来ない…」

結子「私も…何度も…逝ってる…中に沢山出して…」

俺はフィニッシュに向かってピストンを速くする「グチュグチュ」と結子の恥ずかしい場所から卑猥な音が大きくなる。

「あぁぁぁ結子…いくよ…いく」

俺の肉棒の感覚が射精に向かって始まったその瞬間…………

突然に結子が俺の前からスッと姿を消した…行き場を失った俺の精液はピュッと空中を飛びプールサイドに落ちていった。

ドクドクと出る次の精液はだらしなく俺の太ももに垂れた…

結子が後ろから

結子「皆さん日本の変質者がここにいますよおぉぉぉぉぉ」(笑)と大声で叫んだ

俺はあまりに突然の事で呆然となり全裸でだらしなく肉棒を垂らしながら立ちすくしていた

結子の声でプールサイドのボケ老人と子供達が気がつき不思議な目で俺を見上げていた

結子「あははははは…ダサ…」とケタケタと笑った声で俺は我に返った(笑)

恥ずかしさのあまり俺は慌てて部屋に逃げ込んだ、部屋ではベットの上で結子が笑い転げていた。

結子「あははははは…しかし超グットタイミングだよね…あはははは」

「もう結子マジ悪魔だよ」

結子「あはははは…もう笑い過ぎてお腹痛いよ…あはははははは」

結子は涙を流しながら笑っている

「そんなに笑うなよ(笑)」俺は自分でも自分のダサさに笑いがこみ上げた

「もうムカついたから日本に帰って元同僚に結子は見られ願望があるって言いふらす」

結子「じゃ私も今日の出来事を細部にわたって言いふらすよ、でもみんな信じてくれるかしら…あははは…(笑)」

「まったくおぼえてろよ、もっと強烈な仕返しすっからな」

結子「あははは…でもダーリン最高だったよ私がいなくなってもカクカク腰振ってたよ…ギャハハは…もう最高どんなコントでもあんな風に出来ないよ…ハァハァもうお腹がよじれそうだよ…笑える」

俺は怒りよりも自分の情け無さにシュンとなった。不本意に射精した後の賢者タイムだから余計にショックだった。

結子「ゴメンね…そんなに落ち込まないでよ…クククッ(笑)ダーリンが悪いんだよ結子に意地悪な事するから」

「結子笑い過ぎ…まったく反省してない」

結子「ゴメンゴメン…さぁシャワーしよ結子が洗って差し上げるから…フフフフ(笑)」

「笑うな!差し上げるじゃなく洗わしてくださいでしょ!」

結子「ハイご主人様洗わして下さい。特に空中に飛ばなかった貴重な子種がおみ足に付いてございます。入念に洗わないとです…ぷっ(笑)」

殴り飛ばしてあげたいと思ったが俺には苦笑いしか出なかった。

シャワーにて…

「さっき俺って見られたかな?」

結子「バッチリ…ナイスショット」

「最悪」

結子「大丈夫だよ顔なんて分からないし気にしない気にしない」

「でも良くあんなにジャストなタイミング出来るな。」

結子「でしょ自分でもビックリだよ…でも1年分の笑い取ったから最高」

「笑い事じゃ無いよ、もう完璧トラウマだよ。エッチ出来ないかも」

結子「ダメよそんなのこの旅行は新婚旅行ってよりも子作り旅行なんだから、だからお父さんやお母さんも旅費出してくれたんだよ」

事実その通りだった、電撃結婚して1年以上経つのに結子に妊娠の兆候はまったくなかった夫婦の営みだって普通にしてるのに(勿論避妊なんてしないで)でも俺も結子もその事についてはお互いまったく気にしてなかった。

と言うよりも気にする暇も無かったと言っていいかな、俺は結婚してすぐに親父から社長業を引き継ぎ結子の類い稀な営業センスで会社を大きくすることに邁進した1年だったからである。田舎の小さな作り酒屋だった会社が今では世界に自社の酒をインターネット販売してフランスのワインやイタリアのオリーブオイルを輸入販売する専属代理店に成長して会社の規模を何倍にもしたのだから、子供を育てるってまで頭に余裕が無かったのが事実です。

結子に至っては毎週の様に販路を拡大すべくポルシェスパイダーで都心までかっ飛ばし営業して毎日忙しくしています。

だけど引退した親父やお袋は暇になったので毎日の様に孫はまだかってわりとうるさく言って来ていた。

最初にお話しておくとこの旅行の後すぐに長男坊が宿った。新婚旅行で出来たのかは微妙だけど少なくともプールサイドにぶっ飛んだ子種じゃ無いのは確かですね(笑)

長男が生まれて4年後に長女も出来ました現在は長男はアメリカの大学、長女も大学生で舞台女優になりたいって夢に邁進してます。

さてお話に戻ります。

結子「もうさっきみたいな事はしないからトラウマなんかにならないで、ダーリンと一緒に居られれば満足だけどSEXって夫婦にとって大事な事でしょ」

「じゃ、もう一回勃起させてよ」

結子「当然じゃん私だって中途半端に終わっちゃったんだから…でも何回もイッたけどね」

俺たちはシャワーを出てベットに直行した

結子「あのね…さっきの指でした愛撫が良かった…もう一回して(恥)」

「やっぱり…濡れ具合が違うもんね」

結子「ダーリンはどうするのが良いの?」

「そうだな…やっぱり口でされるのが最高だけど、結子時々裏スジ舌でペロペロするでしょあれされるともう最高」

結子「それだけ?他には?」

「うんとねパクって咥えたら吸いながらさっきの裏スジをペロペロしてスロート、と同時に手で根元を上下に動かす」

結子「合わせワザだね…練習しなきゃだね」

「やってやって(笑))

結子「もうさっきしたのにもう出来るの(笑)」

結子の心配はよそに俺の肉棒は半立ち状態で待機していた。

結子はモゾモゾと俺の肉棒まで頭を動かし肉棒の裏スジをペロペロ舐め出した。もう勃起度は最高レベルで固くそそり立った。

そしてパクっと咥えて吸い始めた…裏スジを舐めながら…ジュルジュルと音を出しながらゆっくり上下に動かし始めた

「ああ…結子…それそれ…気持ち良いよ」

結子は同時に手でシゴキ始めた…さっき一回出してるから我慢出来るけどそうじゃなかったらもう口の中に発射してると思う。

結子「凄い大きくなってる…固くなった」

「もうちょっとタイムだよそれ以上は限界…今度は俺の番だよ」

結子「どう言う事?」

「結子は口でされる時どうやったら気持ち良いの?」

結子「恥ずかしいなぁ…口でされたらどうやっても感じちゃうよ」

「ズルイよ俺ばっかりに聞いて」

結子「だって…」

「だって何?とりあえずじっくり結子のアソコを観察する」

結子「恥ずかしいよ…だいたい見たことあるでしょ何回も」

「そりゃあるけどさ…良いじゃん」

本人の意思をまったく無視して俺は結子の腰に枕を入れてM時に脚を広げた

俺の目の前にマドンナ結子のアソコがある。

独身時代に結子の全裸を想像でオナニーしたがこれは現実である

結子「ちょっとそんなにジロジロ見ないでよ…もう」

結子は手で隠そうととするけど俺はその手をどかしてじっくりと観察する

「さて…どこが感じるかな…」

指で小陰唇の片方を摘む

結子「そこも感じちゃうよ口で吸って」

俺は小陰唇を口に入れて吸ったビラビラが俺の口の中で伸びる…

「どう?気持ち良い?」

結子「うん…心地良い感じ…反対側も(恥)…して」

「こんな感じ?」

反対側の小陰唇も口に入れて吸った…

その後両方の小陰唇を口に入れて吸った…

結子「なんか暖かくて気持ち良い」

「結子沢山濡れてきたよ…シーツに垂れそう」

結子「もう…ベットメーキングされたら恥ずかしいよね」

「大丈夫俺が全部舐め取ってやるから」

結子「エッチね(笑)なんか汚いじゃん」

「結子から出るんだから汚いなんて思わないよ」

結子「そっかぁ私も口にあなたが出しても平気だしね」

「まだ1番感じるところあるじゃん…クリ、クリ、クリトリス」

結子「うん…わかってるけど、直接ガンガン攻められると敏感だから痛いよ」

「そうなんだ…ゴメン…俺いままでちょっと乱暴だったかも…」

結子「ううん…平気だよ…舐められたりするのは感じちゃうよ」

「でもソフトタッチじゃないとだね」

結子のクリは少し大きめだけど皮に隠れていた、俺は皮の上から舌先でクリの周りを円を描くように愛撫した。

結子「あっ…それ…」

「こんな感じ?」

結子の秘部からヌルヌルと愛液が出てくる、俺はその液体を舌先ですくって舐めとった…

このまま続けたらイっちゃうのかな…

俺は舌先がクリトリスの周りをクルクル舐める愛撫を続けて時折クリトリスのてっぺんを舌先で突いた。

その度に結子の下半身がビクっと動く…

結子「ねぇ…もうどうかなりそうだよ…」

結子は両手で顔を隠して恥ずかしそうに喘いでいる…

結子「もう…恥ずかしいよ…果てそう」

話の感想(24件)

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!