月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 2 分で読了)

部活で後輩の看護をしてたらまさかの展開

投稿:2017-10-10 18:05:14

人 が閲覧中

この話のシリーズ一覧

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

リセット
置き換え

本文

名無し(20代)
前回の話

最初の話の頃から大体3ヶ月ぐらい経つがまだまだ暑かったあの土曜日、普段通り部活(剣道)をしてた。

途中、女子部員の一人が気分が悪いと言ったので俺とKで保健室に連れていった。

土曜なので保健室には先生もいなかったのでKは戻り、俺は引き続き付き添った。

(俺の居た中学は保健室に職員がいない場合は一人が付き添うという決まりがあった)

やがて少ししたら気分が良くなったらしく、

「先輩が居てくれたおかげで早くよくなりました」

なんて言われた。

そしてなんかこれから戻るのもだるいと感じていて、少しおしゃべりしてたら、後輩(H)が

「実は先輩達が付き合ってるって知って少しがっかりしたんですよ」

と言って俺がどういう意味か聞き返したら、

「私も先輩のことが好きだったんですよ」

ってここに来てまさかの告白された。

そして俺が動揺したその隙に座っていたベッドの上で抱きつかれ、そのまま押し倒され、

「どうしても先輩にあげたかったバージンあげます❗」

ってこれまでに無い真剣な眼差しで見つめられて断るわけにも行かず、流れでキスしてそのまま互いに全裸になり、フェラやクンニ、おっぱい等への愛撫をして、正常位で挿入した。

「あっ、先輩のが入ってきてる」

って今までに出したことの無い色っぽい声で言ってきて、俺が高速ピストンしたらHはすぐにイッてしまった。

次にバックでしようとしたら

「この間だけ二人とも付き合ってるっていう設定にしません?あと、次は中に出してください」

と言われたので俺は快く引き受けた(実際少し好きだったし)気を取り直してバックでピストンしたら

「あっ、あっ、先輩、気持ちぃ、好きです、好きですぅ~、あーーっ」

「俺も好きだ~、H、イクぞっ、愛してる~」

ていう感じでKとよりも濃厚なセックスになったと思う。

そして終わった後、

「今度他の子のももらってあげてください」

と言われたのでまた話の続きがあるかもしれない。

この話の続き
-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]