エチケン

体験談メニュー

タイトル

プールサイドセックス

2017-09-17 02:34:45

この話のシリーズ一覧

1:プールサイドセックス(今見てる話
2:異文化交流での3P3:異文化交流での3P②

この話のカテゴリ

本文(1/1)

名無しさんからの投稿

数年前の話だ。

大学授業の一環でオーストラリアに数か月留学に行くことになった。

人数は男女20人くらい。

俺はMという女と仲がよかった。

Mとはお互いに悩みを相談したりしている。

またMは小柄で秀才。

可愛い妹系。大人しい子。

2人とも恋人と別れたばかり。

留学先のホームステイ地域では家にプールがある所が多かった。

その日俺はMのホームステイ先へ遊びに行った。

真夏だったので、買い物をした後にプールに入る為だ。

その日はホストファミリーは外出で夕方まで帰らない。

家には俺とMの二人っきり。

俺は友達として接していたので、何も起こる期待を全くしていなかった。

買い物を終えてプールに入ることに。

Mのホームステイ先は洗面所や風呂が2つあり、M専用の洗面所や風呂場があった。

着替える為にMが使っている洗面所に案内されて中に入る。

直ぐに着替えると洗濯カゴに黒いものが・・・

Mの下着である。

黒レースに白い点の下着。

欲求不満だった俺は直ぐに匂いを嗅ぎながらオナニー。

洗濯前なのでMの匂いがばっちり残っていた。

直ぐに射精。

クロッチ部匂いだして、少しタオルで精子を拭き元へ戻す。

スッキリした俺は着替えて庭のプールへ向かう。

Mも着替え終わっていて、既にプールで泳いでいた。

白い水着で、胸はそんなに大きくない。

2人で少し泳ぐ。

疲れたのでプールからでることになり、先にプールサイドに座る。後からMが俺の隣まで泳いできてプールから上がったらMの水着から乳首がポロリ。

水着がスカスカだったので外れやすかったようだ。

Mは急いで胸を隠した。

オナニーしたばかりだったけど、欲求不満の中で乳首を見たので勃起した。

勃起したチンポを見てMは驚きと爆笑。

俺は「仕方ないじゃん。欲求不満なんだから」

といつもと同じようなノリで笑いながら言った。

M「・・・誰もいないし・・どうする?」

プールサイドに座りながは俺はMに抱きつきキスをした。

Mも舌を出してきた。

キスをしながら、水着をずらしてポロリした乳首をせめる。

M「ん・・・」

胸に吸い付き、Mを押し倒す。

そして下半身を水着上から触り、水着の中へ手を入れる。

水着が濡れているので、マンコがどのくらい濡れているのか分からない。

俺は手を抜き、Mの上に覆い被さった。

勃起したチンポをMのマンコにこすりつけた。

お互い水着着用だったが、Mはとても感じていた。

大人しいMの感じている顔を数分間眺めた。

M「ッッッイクッッッ」

か細い声で言った。

Mも御無沙汰だったようこすりつけでイッテしまった。

Mは荒い息をしながら俺のチンポを触ってきてキスをしてきた。

そして俺のチンポを出して、亀頭を一口。

口が小さいので、奥までは無理だったが一生懸命舐めてくれた。

ホストファミリーがいつ帰ってくるか分からないので、直ぐに挿入することになった。

外に出せば生でOKと言うので、水着のクロッチ部をずらして挿入。

御無沙汰のMはとても感じていた。

M「大きッ・・・あん・・」

お世辞でもそう言われると更に興奮して、激しくピストン。10分程激しい→ゆっくりピストンを繰り返し射精。

まだ生の射精タイミングに慣れていなかったので太股に射精。

Mは満足げな顔で空を見ていた。

俺もMの隣で横になり二人で空を見た。

M「もう寒くなってきたし、私の部屋に行かない?」

そう言いながら俺の柔らかくなったチンポを触ってきた。

Mも欲求不満だったようで、痛いプールサイドではなくてベッドで思いっきりしたかったようだ。

二人は別々にシャワーを浴びて部屋へ。

直ぐに2回目のセックスが始まった。

今回はお互いに全裸になり、ベッドで横になる。

ディープキスをしているとMが俺のチンポを握ってきた。

69の形になり性器を舐め合う。

さっきはマンコをよく見れなかったので、じっくりと堪能した。

下ではMが負けじとフェラをしている。

Mも我慢の限界だったようで、おねだりをしてきた。

まずはMを上にして挿入。

Mの腰使いは発展途上なので俺が下から激しく突いた。

M「イッッ」

俺はピストンを止めると

M「イカセテ・・・」

高速ピストンをしてMはイッタ。

Mを四つん這いにしてバックで突く。

M「奥まで・・・あた・・」

2回目の絶頂。

正常位にしてピストンをする。

挿入している時に卑猥な言葉を英語で言わせたりして、興奮を高める。

たまらず射精した。

そのまま腹へ向けて射精。

さすがにMは大満足なようで、精子を拭いて横になった。

2人でいつも通り話をして、帰った。

それから付き合うことはなく、誰にも言うことなく卒業した。ら

この話の続き

異文化交流での3P

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]

サイトメニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

お知らせ