【現在22,847話】月間280万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。投稿した体験談や小説が高評価を受けると広告が非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

体験談・小説メニュー

タイトル(約 3 分で読了)

プールでナンパしたママさんと駐車場でカーセックスしまくる。

投稿:2017-05-12 16:32:48

人 が閲覧中

あとで読む

本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

※英字は半角で入力すること

※2022年04月19日:不具合を修正しました。

リセット
置き換え

本文

名無し

人妻主婦が好きだ。

正確には、30前後以降の経産婦のカラダが好きだ。

あのカラダを見るとモノにしたくて我慢が出来ない。

10年位前、ある意味そのきっかけとなった女がいた。

休みでごった返す某有名プール。3人のダチと共に女漁りに来ていた。

ギャルやお姉さん。4組位女グループをナンパしたが、あからさまにセックス目的で行ってたら午前中はダメだった。

少し休憩し、周りを観察していたらその女を見つけた。

小◯生の姉弟を連れたママさん。30過ぎ位。プリンになったミディアムショート。母親のくせに乳と尻を強調する紐ビキニで

オスを刺激してきた。しかも尻は肉がはみ出してる。

更に、旦那らしき男は居なかった。

流水プールのそばにマットを敷いて、子供達が遊ぶのを眺めていた。

勢いでナンパした。

「お姉さん綺麗ですね。」

奥さん驚いた表情で振り向き、自分を指差した。え?アタシ?とでも言うように。

『ウッソぉ~ヤメテヨ~子供居るの~。』

ナンパ慣れしてやがる。

「ホント、そうは見えないですよ!凄いセクシーだし。」

『エ~?』

「ハッキリ言っちゃって良っすか?」

『ナニ~?』

「お子さん遊んでる間、俺達と車戻ってアソビません?」

『アッハハ!車で何するの~?トランプ~?』

「セックス」

『アッハ、イヤらしぃ~い!・・・ありがとっ、でもダメ!怖いもん』

『もっと若い娘誘って!ほら、子供戻って来ちゃうから!』

ママさん今日イチでナンパ慣れした女だった。

仕方がない、暫く視姦するかな。

ママさん暫くして此方をチラっと見て、またプールへ向く。

子供達が前を流れ、手を振り、もう一周。見送るママさん。

少ししてまた此方をチラっと見る。

さっきよりも少し長めに。

そしてまたプールへ向き、数秒程でまた此方を向き・・・

肩越しに指先で軽く手招きしてきた!

マ~ジかよ!!!

横へ腰掛けると、ママさん少し小声で。

『アタシとエッチしたいの?絶対ゴム付けてくれる?』

「良いっすか!?」

『30分だけアソボっか?30分だけよ』

《子供達に言い訳するから》と、ゲートで待ち合わせした。

20分程して、ホントにママさんやって来た。

『ねぇ、一人ずつにしてね。乱交イヤだから。』

『あと、絶対ゴムしてね!』

「ういっす!」

駐車場に止めたダチのミニバンの後部座席でセックスする。

口説いた俺が最初にさせて貰った。

お互いに既に性欲はビンビンなので、水着を脱いで直ぐに挿入し快楽アソビを始める。

正直、子持ち女はこれが始めてだったが・・・とにかく気持ち良かった。まずマンコが良い!ネットリ感の桁が違う。

カラダも、次の子を持つために変形するのか、オトコを楽しませてくれる。

お互い温まってきたところで、対面座位でハメながら

気になって聞いてみた。

「ハァッ、ハァッ、ハァッ、旦那さんいるんでしよ?」

『ハァッ、ハァッ、いるわよぉ、ハァッ、遠くに、ハァッ』

「ハァッ、ハァッ、こんなイイ女一人にしとく旦那が悪いよね、ハァッ」

『ハァッ、ハァッ、うれしいッ、ハァッ、ハァッ』

べろべろと舌を絡ませた。

それから、ダチに代わり外で待機。

思ってた以上に車が揺れて、ハッキリ言ってヤってるのが外から丸わかりだ。

通過した中坊女子二人が、顔赤らめて振り返ってやがるw

シッシッ、ガキはあっち行け!

あっという間に30分は過ぎた。

が、ママさんとのアソビは2周目に突入していた。

「ハァッ、ハァッ、ねぇ、子供良いの?」

『ハァッ、もう少し大丈夫よ、ハァッ、ハァッ気持ちぃ』

気が付けは1時間半が過ぎていた。

そこでついに、場内アナウンスが流れた

《△ちゃんと○君のお母様、運営事務所にお越し下さい。》

あ~、そのお母様、今ここで俺達とハメ狂ってますよw

3周目、ゴムがなくなりママさん生ハメ解禁した。

「ハァッ、ハァッ、気持ちぃ、大丈夫?出来ちゃうよ?」

『ハッ!ハッ!良いの!突いて!突いて!突いて!』

『イイィ!イイィ!もっと!もっと!突いてぇ!』

「ハァッ、ハァッ子供待ってるよ?」

『ア゛ァ!ア゛!ママ許してぇ!気持ちぃの!ママ気持ちぃの!』

「ハァッ、ハァッ、セックス好きか?」

『好き!好き!セックス大好き!もっと!もっと!』

「ハァッ!ハァッ!出すよ?ねぇ?出すよ?」

『ア゛!ア゛!作っちゃう?アタシと赤ちゃん作っちゃう?』

溜まらず出した。

『ありがとぅ、楽しかった!』

三人にキスして、ママさん子供のもとへ帰って行った。

ひでぇ、ママさん。

翌日、午前10時。ラブホテルのベッドの上で、ママさんと性器を絡ませいた。午後4時までひたすら乱交セックスした。

更に翌日。朝9時過ぎからママさんの自宅マンションでまた乱交セックス。

セックス、セックス、セックス、セックス、セックス!

-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]