エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 2 分で読めます)

浮気相手に言われて援交を始めた

2013-06-24 03:00:00

この話のカテゴリ

本文(1/1)

石川県/淫乱さん(40代)からの投稿

私は、46歳のおばさん(既婚)です。

2年前まで夫しか知らなかった普通の主婦でした。

2年ほど前に、心ときめく59歳の彼と知り合い人生観が変わってしまいました…。

その彼は仕事もエキサイティング、女性に対してもエキサイティングで、何でもない主婦にとっては驚きの連続で、日々が過去の46年と一変(してしまった?)させられてしまいました。

何より、自分がMであった事に気付かされてしまったのです。

彼とはもちろん普通のSEXから始まったのですが、ハプバーや輪姦などさらにアナルやフィストなど、ありとあらゆるものを開発されました。

でも実は感謝しているのです・・女に生まれてよかったって思ってます。

最近、彼とは遠距離で滅多に会えないような状況になりました…。

すると、彼は誰でもいいから街で男を見つけてやってこいと言うのです…。

そうは言ってもそう簡単に46歳のぽっちゃりおばさんが、男性を見つける事など出来るわけもありません。

彼に催促されるし彼の思い通りになりたいし・・いっぱい考えました。

そのうち待ちくたびれた彼から、売春婦のようにショッピングモールとかで声かけたらって言われ、挑戦してみたんです。

「抱いてください」

って意を決して言ったのですが、皆怖がるようで全く上手く行かず、女として自信を無くし落ち込みました。

そんなある日にレンタルDVDショップに出かけたところ、アダルトコーナーに入っていく男性をいっぱい見て、気付いたのです。

入る人に声をかけてみました・・すると

「いくら?」

って言われたのです。

咄嗟に私は

「いくらでも」

って答えてました。

すると40歳ぐらいの方でしたが

「お金ないから5000円ならいいよって」

私は、何もわからず首を縦に振ってました・・男性は

「ホテル代無いから外でもいい?」

って聞かれそれも思わず

「はい」

って答えたのです。

あっという間に近所の公園に連れて行かれ、男性トイレに入り勃起したものを口に入れられました。

数回根元まで口に出し入れし、すぐに壁に手をつかされワンピースを捲られ、ショーツをずらし、お尻を両手で抱えられ、勃起したものを私の中へ一気に入れてきたんです。

ゴムとか生とか言う暇もなく入れられました。

でも10回ほどガンガン突いたところ男性は

「いっちゃうけどいい?」

って言ったようですが私は考える余地もなく

「好きにして」

と答えてました。

その瞬間、私の中で温かいものが広がっていったのです。

すぐに男性は男根をぬき

「綺麗にして」

って言われました。

私は口で男根を綺麗にしゃぶり取りました・・。

その間、私の膣から精液が流れ出ていたのでした。

男性は

「また会える?」

と聞かれましたが、私は

「またDVD屋さんで会いましょう」

と答えておきました。

その間10分ほどでしょうか、無我夢中の出来事でした。

お金の事も忘れてそのまま別れていました…。

もうSEXしたくて堪りません。

その後

「1000円でいいよ」

ってやり続けています。

中にはアナルに入れてくれる方もいます。

なぜか中出しでいいって言っても、ゴムの方の方が多いです。

彼の好みでピンサロにバイトもたまにいってます。

先週の土曜日は13人相手にして本番8人、そのうち5人が中出しでした・・これが彼の喜びです。

-終わり-

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]