エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 4 分で読了)

【評価高め】
大学生時代に行ったコンパに来てた茜ちゃんとフェラの話になった

2015-10-10 03:30:53

この話のカテゴリ

本文(1/1ページ目)

名無しさんの投稿

大学生の時に、コンパに来てた茜ちゃん。

酔っぱらってからは下ネタの連発でした。

フェラの話になり

「あたし上手いよ」

と話す茜ちゃん。

「みんな味が違うから面白い」

と話すから

「俺のを飲んで」

とかみんな話し出した。

「そんなぁ」

と笑っていたが

「くじ引きして三人なら」

と。

「マジでマジで」

と周辺にいた男達は歓喜していた。

「絶対にエッチはしない、体を触らない」

を条件にされて、誰ともなくくじをつくる。

じゃんけんも真剣で皆血走り、順番を決めた。

四番、一人めで当たり、二人目も当たり、四人で一つのチャンス。

三人目ハズレ、四人目の俺と残り三人で引いたら見事に当たりました!

女性達が白い目で見るなかで三人と茜ちゃんは移動した。

カラオケに入り、歌を歌わずに茜ちゃんは

「誰にしようかな?」

と先輩を選んだ。

股間を触りチャックを開けて中にてをいれて、ニヤニヤ撫で回す。

「おっきくなった」

とジーンズを脱がしてから

「外に出てね!」

と我々は外に。

二人で待ちながらタバコを吸ってたら

「おぃ」

と10分もせずに先輩が現れた。

「終わったんですか?」

と聞くと

「うん、スゲーな」

と笑っていた。

「うますぎるぞ」

と話すともう一人に

「お前が二番だよ」

と。

俺は待たされて先輩から

「あの娘はヤバイ」

と聞かされた。

先輩も五分で抜かれたらしい。

コーヒーを飲みながら話すともう一人が直ぐに帰って来た。

嬉しそうに

「スゲー気持ちいい」

と歓喜していた。

俺が部屋に行くとソファに座る茜ちゃんが

「来て」

と隣に

「どんなオチンチンなの?」

と触られだして丁寧に触るとチャックを開けて中に。

「太めかな」

と握られて撫で回され即。

ジーンズを脱がしてから

「おっきいね」

と笑いながらトランクスを脱がしてウェットティッシュで拭かれた。

「デカい」

と笑いながら先端からぱくり。

舌を這わせてチロチロと口の中で舐めまわし、茜ちゃんが俺をみていた。

ビクッと気持ちいい場所に舌を這わせて反応すると

「エラが弱いね?」

と舌を這わせていく。

激しくないのに気持ちいい。

ゆっくりジュルジュルと吸い付き、弱い部分に舌を這わらせて悶えていた。

時おり激しくそしてゆっくりと舐められ、茜ちゃんは、ジュルジュルと吸い付きながら少し動きを早めると一気に高まり、茜ちゃんが強く吸うと

「うっ!」

と茜ちゃんの口の中で出しました。

蒸せながら口を離して

「濃い・・・」

と飲み込みティシュッで拭くと

「コーヒー飲んだでしょ?」

と。

「飲んだけど」

と話すと茜ちゃんは、

「苦味があったからわかった」

と。

ティッシュで拭いてもらいながら

「見た目よりでかいんだ?」

と茜ちゃん。

「今日の三人ではダンドツ」

と。

礼を言うと

「またしてあげようか?」

と茜ちゃんから言われてメールを交換した。

さっきの二人には言わないでと。

それから、茜ちゃんとやり取りしていたが茜ちゃんはセックスは10人位らしいがフェラは200人位らしい。

「達人だね?」

と誉めたら

「ありがとう・・・あたし男の精子の味が好きなんだよね?」

と。

ひとりひとり味が違うし、しかもセックスせずにオチンチンも見れるから。

とそれからも時おり抜いてくれて、キャンパスのトイレでしてもらった事もありました。

「遊ばなきゃダメじゃん」

と言われなかなか女性と知り合えないと話すと茜ちゃんが

「コンパにいきなよ!」

と。

そして誘われたコンパに行くと、突然4年のスタイルも抜群の女性が隣に来て、さらに違う女性も隣に。

急にモテるからおかしいとは思いながら、スタイルも抜群の先輩は順ミスになっていたから有名だった。

「ね?この後あたしんち来ない?」

と言われてびっくりしたが、ついていくと

「楽しもう」

とキスされてベッドで。

「可愛い」

と体をなめられて、俺も豊満なバストにしゃぶりつき、彼女はフェラを

「デカいね?」

と言われて丁寧にしゃぶりつかれ、そして結合。

順ミスとヤってると思うと興奮が最高潮でした。

美形でしかもおっぱいもデカい。

「アンッ!アンッ!アンッ!」

と悶える彼女に抱きつかれて勢いのまま射精してしまった。

「ごめんなさい」

と謝ると

「いいよ・・・凄い気持ちよかったから」

と笑顔に。

「なんで俺を」

と話すと

「秘密」

と。

しかし

「もう一回したら教えてあげる」

と言われて二回目をしてから

「実は・・・茜から聞いてたの」

と聞いた話だと、彼女は茜にチンポがデカい男を聞いたら俺の名前を出したらしい。

「茜、キャンパスの男のしゃぶってるからわかるの・・・」

つまり茜からチンポサイズを聞いて選んだのか・・・だからかな納得した。

「でも凄いよ・・・あたしがエッチした中ではトップクラスだよ」

と。

それから俺は彼女のセフレになり、彼女が卒業するまでセックスをしていた。

茜から

「気持ちよかった?」

としゃぶられながら話すと

「気持ちいいけど茜さんありがとう」

と話すと

「いいよ」

とトイレで抜いてくれた。

彼女から口コミで、コンパに行くと絶対に付き合えない美人とかに誘われて何人かとセックスをして遊びました。

-終わり-
次の話を書く。(投稿者のみ)

※「続編希望」が15ポイントを超えると次作が投稿できます

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須:現在0文字]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!

通報フォーム

理由[必須]