月に260万人が訪れるアダルト体験談・官能小説投稿サイトです。閲覧も投稿も無料です。体験談や小説を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。エチケンにあなたの体験や妄想を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

タイトル(約 3 分で読了)

入院中我慢出来なくてオナってたら看護婦に見つかった

投稿:2014-02-23 18:00:00

人 が閲覧中
本文の設定

本文の文字の太さ

本文の文字色

文字サイズ

人物名の置き換え(複数指定可:空白かコンマ区切り)

使用例:登場人物を自分の名前と好きな人の名前にする

置き換えの例1:僕,おれ,直樹→田中

置き換えの例2:沙織,さおり→美佳

置き換えの例3:Aさん→直子(英小文字は不可)

置き換える名前は複数指定できます。空白かコンマで区切ってください

リセット
置き換え

本文

名無し

中2の夏の事。

俺はサッカーの試合で足を骨折してしまい、入院する事になった。

入院する事になった病院の部屋は完全な個室で、なかなか良い部屋だった。

そして堪らないのが、担当の看護婦さん。

とても美人で、ョートヘアで、元気で、とにかく全てがドストライク。

そして胸。

Gカップはあるんじゃないかというデカさ。

思春期真っ只中の俺は嬉しくて仕方なかった。

初日はとても充実した1日で、入院も悪くないなと思っていた。

しかし、1週間もするとある事に気づいた。

オナニーが出来ないという事を。

入院という事でPCやAV、エロ本などのオカズがない。

それは中2の俺にとってはとても重要な事で、とにかく辛かった。

しかし、やはり持つべきものは友である。

唯一無二の親友が見舞いに来た時、

「入院中でオカズがなくてつれーだろーからよ」

と言ってなんとAVを貸してくれた。

しかも偶然も偶然。

いや狙ったのか、ナース物だった。

しかも担当の看護婦さん似のシロモノ。

俺は飛び上がって喜んだ。

幸い部屋にはDVDプレーヤー付きTVがある。

今夜が待ち遠しかった。

そして夜…俺は早速AVを見ていた。

1週間ぶりからか、俺のチンコはガッチガチでパンツに収まらなかった。

すると、

看護婦「もう寝る時間だよー」

と看護婦が入ってきたではないか。

俺は急いで電源ボタンを押した…つもりで停止ボタンを押していた。

そこには看護婦がやっている画像が写っていた。

看護婦「もー、早く寝...え?」

そこには停止したAVそして…下半身丸出しの俺がいた。

「……」

恥ずかしくて死にたかった。

しかし看護婦は…

「…しょうがないよね。男の子だもんね」

そう言うと俺のチンコにその柔らかく、綺麗な手を絡めてきた。

「え?」

俺は今どういう状況か、分かっていなかった。

そして初めての女性の手コキにものの数分…。

「イ、イクぅぅ……」

看護婦「え!?もう!?」

看護婦は俺のモノを咥え、俺はそのまま口の中に大量に射精していた。

看護婦「凄い量…え、まだ勃起してる…」

一発では飽きたらず俺のチンコはまだ、いやむしろさっき以上に勃起していた。

看護婦「そうだねぇ、今度はいっつも見てたおっぱいでしてあげよっか!」

俺の顔は燃える様に真っ赤になっていた。

いつもしていたチラ見はバレていたのだ。

看護婦「フフ、バレてないとーでも思ってた?よいしょっと…」

そう言うと看護婦は服を脱ぎ、ブラのホックを取っていき、ついにその巨乳と対面した。

巨乳というよりは美乳。

その美しさはいまでも頭の中に焼きついている。

そして、俺のチンコをGカップはあるであろうその暴力的な巨乳で挟むと…

看護婦「すぐにイッちゃダメよ?」

そう言って小悪魔的な笑みをみせると、凄い勢いで俺のチンコをしごいていった。

俺はすぐイッてしまいそうだった。

「もうダメだ、イク…」

俺がそう言うと…

看護婦「ダーメ☆」

そう言ってしごき続けた。

「そ、そんな…」

俺はもうイク寸前だったので必死に我慢しようとした。

看護婦「フフフ、ウソウソ。イッてもいいよ?」

そう笑った瞬間俺は既に射精していた。

看護婦「おぉ!2発目なのにこんなにたくさん出てる!じゃ、また明日の夜」

そう言うと部屋を立ち去ろうとした。

看護婦「あ、そうそう。この事はこれで。じゃ!またねー!」

そう言って口元に人指し指を当て去っていった。

その後も毎晩パイズリをしてもらい、一生の思い出となっている。

-終わり-
ダウンロード
この話をダウンロードする
※端末に保存し、オフラインで読めるようになります。
※同じ記事は5回までダウンロード可。
※寄付された方限定の機能です。(詳細はこちら
この話はどうでしたか?
抜ける・濡れた
投票数:46
いいね
投票数:36
文章が上手
投票数:11
続編希望
投票数:69
お気に入り登録
投票数:28
名作
投票数:9

作者のモチベーションに繋がりますので投票お願いします
※続編希望のポイントは人気ランキングには反映されません。

この記事の解析グラフを見る
合計:199ポイント
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 35回
  • 207回
  • 875回
  • 11,618回
  • 53,634回
  • 1,446位
  • 1,760位
  • 1,976位
  • 2,184位
  • 1,933位
  • 昨日
  • 週間
  • 月間
  • 年間
  • 全期間
  • 0Pt
  • 0Pt
  • 1Pt
  • 26Pt
  • -Pt
  • 0位
  • 0位
  • 3,261位
  • 3,415位
  • -位
※19277記事中
【アンケート】エッチな体験談の読みたいジャンルを教えてください

投稿される方の参考になるかもしれません。

作品のイメージ画像設定

作品本文のTOPに表示されます。
設定する作者の方が増えてきたら新着リストのサムネイル画像としても利用予定です。
画像をアップロード

話の感想(件)

※コメントの上限:1万件

解析グラフ

アクセスの解析データを見る
※表示に時間がかかる場合があります
※表示のエラーを修正しました。
(2020年05月28日)

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に10万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!


※レイプや痴漢など、犯罪に関わる内容は創作のみ可。

通報フォーム

理由[必須]