エチケン

体験談メニュー

タイトル(約 11 分で読めます)

俺が看護師とセックスしたときの話をする(1/2)

2011-10-24 02:00:00

この話のカテゴリ

本文(1/2)

名無しさんからの投稿

暇だったら聞いていってください。

読みにくかったらごめん。

入院するところから書いていきます。

数年前の話になるんだが高校二年の春、俺は左足の手術を受ける事になったんだ。

別に事故とかじゃなくて骨の病気が原因でね。

それで手術の二日前に入院する部屋を紹介してもらった。

6人部屋で既に他の患者さんが5人いた。

ちなみに俺のベッドの位置は部屋の入り口から一番遠い隅だった。

そして入院当日。

俺がこれからしばらく入院生活を送るための整理をしているところで突然カーテンを開けられた。

「こんにちは〜」

「あっ・・・」

「今日から担当させていただきます野村です」

身長は160くらいで年齢は20代前半に見えた。

胸は微乳。

色白で大人しそうな感じ。

すべてが俺の好みのど真ん中だった。

というかその時に俺の好みが"野村さん"になってしまったのかもしれない。

とにかくそれくらい衝撃的だった。

野村さんは自己紹介の後、入院に際しての説明や次の日の手術に関しての説明をしてくれた。

その後もまだ手術をしてもいないのに野村さんは何度か部屋にやってきて、他の患者さんの様子を見た後俺と会話をしてくれた。

たぶん俺があまりにも退屈そうにしてたからだと思う。

見た目よりずっと話しやすい感じの人だった。

適当に記憶のある会話も書いていく事にする。

野村さん「明日の手術怖い?」

「別に怖くないですよ」

野村さん「ほんとに〜?」

「・・・ちょっと怖いです」

野村さん「あはは。大丈夫大丈夫、先生上手にしてくれるから!」

「はは・・・」

特に女の子と会話する事に抵抗があったわけじゃない俺だったが、初めはやたらと野村さん相手には緊張した。

ところで、病院の晩御飯は早い。

食べ終わってから退屈していた俺は友達とメールで凌ぐ事にした。

野村さん「俺くん食べ終わった〜?あ、ここで携帯はだめって言ったでしょう?」

「あ・・・すみません」

野村さん「今度触ってるとこ見たら取り上げるからねっ」

「もうやめるんで許してください」

まあ冗談だったと思うがそう言うとなんとか許してくれた。

野村さん「やっぱり退屈?」

「めちゃめちゃ退屈です」

野村さん「そっかぁ。お話できる患者さんいないかなぁ」

「難しいすね・・・」

野村さん「え〜?」

他の患者さんは60〜80歳のお爺さんたちだったから、なかなか難しかった。

たぶん骨関連の部屋だったから高齢者が多かったんだと思う。

俺は少しでも野村さんと仲良くなりたかったから、積極的に話した。

「じゃあ野村さんが俺の話相手になってくださいよ!」

野村さん「しょうがないなぁ」

野村さんは最初驚いた(もしくはキモがっていたのかも)ように見えたが、話し相手になってくれた。

少しの間話しているだけで、初めよりかなり砕けた感じで話せるようになっていた。

話題がそれとなく恋愛の話になったときの事だ。

野村さん「俺くんは付き合ってるの?」

「付き合ってないですよー」

野村さん「えー」

「なんすか。そのえーって」

野村さん「じゃあ気になる子は?」

「いません!」

野村さん「うそだぁ」

「いやまじですって」

正直言うとこのとき俺も野村さんに

「野村さんは付き合ってるんですか?」

なんて事を言おうか迷ったんだが、さすがに気持ち悪がられそうなのでやめておいた。

それから少しして野村さんが立ち去り、消灯時間の9時になった。

普段深夜まで起きている事が多い俺にとったら寝れないので苦痛極まりなかった。

だから射精する事にした。

PCも無ければ携帯も使えない。

もうこれは想像でするしかない、と決意しおかずをどうするか迷った俺は真っ先に閃いた。

そうだ、野村さんだと。

ご老人たちのいびきの中一心不乱に右手を振り続けた。

さっきまで野村さんがベッドに腰を下ろしていた部分を嗅ぎながらする。

これが俺の入院生活初の射精となった。

その日の晩は賢者に追われて眠りにつき、ついに手術の時間がやってきた。

野村さん「じゃあ手術室までいくよー」

手術着に着替えた俺は、野村さんに案内されるがままに歩いていた。

野村さん「がんばって!」

エレベーターの中で俺の背中をさすりながら励ましてくれる。

童貞で彼女も居なかった俺は年の近い女の人に優しくされて、もう惚れてしまいそうになっていた。

エレベーターから出るとそこはもう手術室前の廊下だった。

全く要らない描写かもしれないが、一応手術を受けたときの事も書いておく。

自分の手術室まで行き、冷たい鉄板の上に寝かされ腕から麻酔を入れられ、同時に麻酔マスクをつけ5秒としないうちに意識がとんだ。

次の瞬間俺の名前を呼ぶ声がして無理やり起こされる。

目を開けると同時に左足に激痛が走った。

あまりの痛さに上半身を起こそうとしたが、両腕が縛られている上にスタッフたちに身体を押さえつけられ身動きが取れなくなった。

その時、着ていた手術着が脱がされていて、自分が下半身を6人くらいの男女に晒している事に気がついたが、痛みと寒気と嘔吐感で混乱していたので当然勃起も糞もなかった。

手術が終わったと教えられ、どこかの部屋に移される。

野村さんもいた。

しなしなのちんこも見られた。

M字開脚にさせられて座薬を入れられた。

勃たなかった。

詳しく書くと野村さん以外にマスクした女性(たぶんおばさん)が二人いた。

その人に入れられた。

どうやらしばらく眠っていたらしい。

目が覚めると元の部屋に移されていた。

少しして野村さんがやってきた。

野村さん「あ、目が覚めてる。お疲れ様だったね〜」

「はい・・・」

野村さん「ちょっと見せてねー」

野村さん「どう?痛い?」

「まじ痛いです」

野村さん「今はちょっと痛いか〜」

「これトイレとかどうするんすか」

野村さん「んー、歩けそうにない?」

絶対無理だった。

下心とかそんなもん考える余地がないくらい痛かったから。

「まずベッドから降りれない・・・」

野村さん「うん、わかった。行きたくなったらナースコールして?」

「はい・・・」

自分でトイレにいく事が出来ないという経験を初めてしたので情けなく思った。

しばらくしてトイレにいきたくなってきた。

どうしても一人でいきたくて無理にベッドから降りようと試みるも左足が曲がらないので無理だった。

そうこうしているうちに尿意は限界へと近づいていく。

野村さんを呼ぼうとボタンを探し、下に落ちていたのでコードを引いて引き上げるが、ベッドの足か何かに引っかかってしまってボタンを押せなくなってしまった。

身体を横に向ける事も痛くてできなかったので手を伸ばしてボタンを触る事もできない。

俺は控えめに叫んだ。

「だ、誰かぁっ」

俺の声を聞いた向かいのお爺さんがどうしたとカーテンを開けてきた。

俺はその人の前で人生初のお漏らしをした。

お爺さんに野村さんを呼んでもらった。

野村さん「出しちゃった?ww」

見て分かるだろうに。

野村さん「じゃあ着替えよっかww」

この人ずっと笑いよる。

恥ずかしくて仕方なくてでも足が動かないからどうする事もできなくて、俺は野村さんに着替えを手伝ってもらった。

「すみません・・・」

野村さん「今度から呼んでよー?」

「はい・・・」

結局その日は痛みが強すぎてなかなか眠る事ができなかった。

とりあえず俺は尿意がこない事だけを祈って一晩を過ごした。

入院3日目。

部屋が騒々しくて目が覚めた。

「お体拭きますよー」

という声が聞こえる。

俺は野村さんを期待したが、カーテンを開いて入ってきたのはおばさんだった。

おばさん「はーい、拭きますよ〜」

「あ、自分でやれるんでいいです」

正直言うとかなり厳しかったが、俺は断った。

その日もちょくちょく来てくれる野村さんと話をしながら過ごした。

「そういえば風呂って・・・」

野村さん「お風呂ねぇ。先生に聞いてみるけどもう少しの間入っちゃダメだと思うよー」

入院生活これが一番キツかったかもしれない。

野村さん「身体気持ち悪い?おしぼり持ってきてふこっか?」

「大丈夫です」

いざとなるとチキンな俺は絶好の機会だったのに断った。

なんとなく野村さんに拭いてもらうのは恥ずかしかったんだ。

しばらくしてまたトイレに行きたくなってきたときの事である。

もう二度目の失敗は嫌なので尿意を感じた瞬間に野村さんを呼ぶ事にした。

野村さん「どうしましたー?」

「トイレ行きたいです」

野村さん「あっ、了解!待っててね!」

そう言って野村さんは出て行った。

この時俺はてっきり松葉杖か何かをもってくるのかと思っていたが、野村さんが手に持っていたものは全く想像と違った。

尿瓶だったのだ。

俺は思わず「えっ」と言ってしまった。

心なしか野村さんが「ふふん」と鼻を鳴らしたように見えた。

見えただけだが。

「これでするんすか・・・」

野村さん「そうだよー」

そう言いながら野村さんは俺のズボンに手をかけてくる。

この後俺は更に驚かされる事になる。

てっきり野村さんは服を脱ぐ事を手伝ってくれるだけだと思っていたのだが、排尿の手伝いもするというのだ。

俺は何度も自分でやりますと言ったが、聞き入れてもらえなかった。

ベッドから降りれないのでベッドの上に足を伸ばして下半身を露出しながら座っている状態である。

勃起させない事に精一杯だった。

俺はちんこを手で支え、野村さんは尿瓶を俺のちんこにあてがい、背中に手を置いて俺の身体を支えるような感じだった。

本当にこれくらい一人で出来そうな気もしたが、野村さんは手伝うと言って聞かなかった。

前もって呼んだ事もあって、いざ尿瓶を当てられてもなかなか出ない。

気まずい雰囲気。

野村さん「あれ、出ないねー」

「なんか引っ込んじゃったかも」

さすがにこのままの状態で長い事過ごすのはキツいので頑張って出す事にした。

「あ・・・出そうです・・・」

野村さん「うん、いいよー」

尿瓶に尿が放出される。

初めリラックスしていたが、改めて俺が野村さんの前で尿を排出していると考えたら緊張してきた。

俺の物は少しずつ大きくなった。

俺はもうこの際だからこのシチュエーションを楽しもうと考えた。

そう、最大まで勃起させる事にしたのである。

実際何度かもう見られている事だし、いいだろうと思ったからだ。

何より野村さんの反応が見たかったというのもある。

しかし野村さんはあくまで業務的だった。

俺の物がいきり立っていても尿瓶の角度を変えるだけで特にこれといった恥じらいも見せない。

つまらなく思ったので、俺は支えている右手を離して小刻みに尿を止めてみた。

ピュッピュッピュッという尿の反動で肉棒が少し尿瓶からずれて

野村さんの手にかかってしまった。

否、かけたのである。

さすがの野村さんも「あっ・・・」と声を漏らしたので俺は満足だった。

結局その日のその後も次の日も変わりない感じで過ごした。

ただトイレは松葉杖でいけるようになったので野村さんの付き添いで行くようになった。

入院5日目だったと思う。

二日と我慢できなかった俺は日中オナニーした。

病院でしているという背徳感もあって簡単に射精する事ができた。

事を終えた俺がティッシュをとって拭き取ろうとしていたときの事である。

シャッと突然カーテンがあけられ野村さんが入ってきたのだ。

突然の出来事過ぎてどうする事もできなかった。

テカテカに光ったままの肉棒を晒したままの俺。

「足の痛みはどう?」と言いかけたところで固まってしまった野村さん。

俺はすぐに謝った。

「すみませんっ」

野村さん「・・・ううん、大丈夫!」

全然大丈夫そうじゃなかった。

コメントの並び順

コメントを投稿する

性別[必須]
内容[必須]
参考URL[任意]

※体験談や画像ページ、ボイスページのリンクが貼れます。(エチケンのURL限定)

※利用例:自分が投稿したコンテンツへの誘導、おすすめのページ等。

お名前[任意]

下記のコメントは禁止です。

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯出会いを求める内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯個人情報の記載。


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

体験談やHな話を募集中!

エチケンでは体験談やエッチな話を随時募集しています! 1日に7万人が訪れる当サイトにあなたの話を掲載してみませんか? 皆様のエッチな投稿を心よりお待ちしております!